Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: SRS (性別適合手術)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

SRSに向けて・・・

保管No.21:2011年 7月 7日 (木)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


SRSに向けて・・・

先人達が歩んだ険しい道を私もそろそろ歩み出そうと思う。

今、SRS(性別適合手術)に向け前に進む事を考えています。
今まで考える事すら許されない環境から徐々に開放に向かい、
そして近い未来にSRSを実行に移す機会が訪れようとしています。

私の場合、SRSをする際に大きなハードルがあります。
それは妻の存在です。
私にとって当然の事ではありますが、
妻にとっても大きな問題です。

何せ妻はごくごく普通のヘテロセクシャルであり、
且つ、普通の家庭を望んで結婚をした今も普通の主婦です。
私のSRSを良しとする訳がありません。
彼女は男と結婚した訳で女と結婚した訳ではありません。
当然問題は多岐にわたります。

この辺の経緯は前にもお話したので省かせてください。
ただ、彼女自身既に私の存在を男としてではなく
家族として受け入れている今、
変わり果ててはいても私を捨てきれないでいます。

もし結婚生活が1年程度であればこの選択肢も無く
簡単に別れていたはず。
そう、それはお互いの為でもありますしね
それを出来ないのはあまりに永く2人で過ごす時間があったことで
家族としての愛情が深まったことに尽きるでしょう。
それは当然私にも言えること、
はいそーですかと切り捨てられる程簡単な間柄ではないのです。

そういったこともありSRSについても大切に事を運ぶ努力をしています。

この2年間毎日のように説得に費やしました。
イラだって無理に事を進めようとすると必ず衝突します。
お互い悲しみにくれ、半日から丸1日も口を聞かないこともあります。
いつも別れる一歩手前のようなボーダーラインに立たされている私達ですが、
最後には決まって2人で泣きながら抱き合って仲直りします。
しかし、一向に出口は見えません。
どれが答えなのかどう説得すれば良いのか
私に全て合致したガイドラインなどありません。

とは言うものの地道ではありますが、
妻も徐々に心を開いてくれています。
いえ違いますね、無理をして合わせてくれているのかもしれません。
"心を開く"なんて私の思い上がった感情でしかないのかもしれませんね

基本、性同一性障害者は周りから見ればわがままな存在でしかありません。
我慢出来なければ究極別れてSRSを進めれば良いだけのこと。
しかし、先人達がそんなに簡単に歩を進めたのか?
いえ、そこには私が想像もつかないドラマがあったに違いないのです。
まさに私は今そのドラマの1ページに立たされています。
先人達が苦悩した家族と向き合う場面です。
ただ私の場合は、2年間と言う気の遠くなるような長い1ページです。

つまりこれが私のけじめであり責任と考えています。
しかし、これでも未来は見えません。
説得したからと言って
必ずしもSRS後の私を受け入れてくれる保証などありません。
不安は募ります。

先日、性同一性障害者の診断書を作成してくださった
ジェンダークリニックの先生にこの事を打ち明けました。
つまり性適合化手術をしたいと。
先生曰く、奥さんにまた来ていただく必要があります。
そこで承諾を得られれば紹介状を作成しますからと言われました。
とりあえず妻が希望する国内にある病院です。

そのことを妻に話したところ
「行くには条件があり、まずは自分で手術費用を工面しなさい」
「話はそれから」との事・・・。
当然そうなるだろうと私も思います。

ただ、元々が私の給料からとなると生活費うんぬんで難しい。
使えるとしたらお小遣いしかない。
正直、これじゃ何年掛かることか、
あとは、ボーナス工面で何とかするしか無いか・・・。
今の計画だと地道にお金を貯めて上手く行けば来年中頃がBest。

実は、ここに行き着くまでにも色々ありました。
また、いつものように抑えられない感情が飛び出し、
妻を苦しめます。
結局お互いの主張が平行線になり解決の糸口が見つからないまま
時間だけが過ぎて行きます。

妻も私自身も心はズタボロです。
でもね仲直りの方法は何も自身からの言葉だけでは無いようです。
一緒になった車の静まり返った中で何の気無しに掛けた一曲
back numberの花束が流れます。
その詩を聞きながら鼻をすすり、抱き合い、泣き、
顔を寄せ合いながら元の鞘に戻ります。

長い間私達は不和と調和を経験し一歩ずつ、半歩ずつ共に歩んできました。
悲しみは繰り返されるけどお互い歩み寄りを忘れなければ大丈夫と
見えない未来を信じます。


SRS後の自分を考える。
そうなると次はフルを目指したい気持ちで一杯になります。
当然、そうなりますよね。
そう、会社での自身の容姿です。

現在のユニセックス装の出勤ぐらいでは気が済まないというのが本音。
所詮男性の性しか感じられないし、人からも男としか見られない。
MtFの概念など私程度の人間では到底およびもつきませんが、
容姿共に女性でいられる事で心落ち着けるのなら
それは自身が求める理想の世界と言えるでしょう。

ここに趣味嗜好的な感情は一切ありません。

と言う事で会社の直属の上司に再度、話を持って行きます。
快く相談にのってくれるとのこと、
以前はゆっくり変わればいいじゃないかと言われましたが、
今回、手術後の対応を考えればゆっくり変われはもうありえませんね
とにかく、そのことはきっちり話、
会社での自身の方向性を決めて行きたいと思っています。

しかし心配事が1つ、先日久しぶりに会社の偉い方に会ったのですが、
私を見るなり「ギョッ!」としていました。
そのあと、怪訝そうな顔をして去って行きます。
あぁ、またキモがられたようです。
自分では気がついていないけど、久しぶりに会う人にとって
私は異様に映るのかもしれませんね。

この会社じゃダメなのかなぁ?
私に安息な日は無いのかな・・・?

ゴールはすぐそこまで見えてるのに結局凄く遠くに感じます。


<当時のコメント>

うん、うん!

NNさんより不可視コメントをもらいました。
プライベートな書込みがあるのでコメントは載せませんが、
とてもありがたいコメントでした。
ありがとうございます。


NNさん 2011年 7月 7日 (木)

Re: うん、うん! (当時、不可視でしたが、返信しました。)
コメありがとうございます。
とても、とても大切なお話ありがとうございます。 正直この手の内容は大なり小なりここの住人の方達が一番に悩んでいるコアな部分ですよね。 私の悩みなど打ち消す程、凄い悩みを持った方も大勢いると思います。
やはりそこを通らなくては先に進めないものってあるんですね。 誰も傷つけたくは無いのに相手に傷を負わせ、そして自分もまた傷ついてしまいます。
結局、私達は誰かの犠牲無しでは生きていけない。 でもこれは私達だけに限ったことではなくごく普通の方達にも言えますよね。 ただ、迷惑掛ける割合が普通に生きている人より遥かに上をいってる感じはします。 SRSはその中でも究極です。
そんな大事ともとれる悩みを打ち明けていただき、とても感謝しています。 私自身ほんと右も左も分かりません。 宜しければこれからもご指導いただけると幸いです。
yuki 2011年 7月 9日 (土)


 


 
スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

家の庭にユリが咲いたよ

保管No.20:2011年 7月 5日 (火)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


家の庭にユリが咲いたよ

yuri.jpg

家の庭にユリが咲きました。
それも相当大きいものです。
つぼみもでかいのです!

自分家の鉢で大きな花が咲くなんて
滅多に無いことなので驚きです。
お庭はパートナーの管轄
さすがに手入れがなされていてとてもキレイ。

それにしても凄い芳香です。
ここまで濃厚だと気持ちが悪いかも ; ^ω^)

女性ホルモンで匂いに敏感になってなくても
これはもの凄いと思うよ

マジ酔いそう □¯;)


<当時のコメント>

yukiさんこんばんわ!
ユリはお世話に手間がかかるのでは?流石はガーデンマスターですね!
我が家はババが植えた朝顔が生命の強さを見せつけるかのように驚異的に成長しています。 去年もツルはすごい延びたのですが、猛暑の影響か全く花が咲きませんでしたよ~。 今年はどうなるのか楽しみです。
暑い日が続きますがお身体ご自愛くださいませ。
taka 2011年 7月 7日 (木)

Re: タイトルなし
お久しぶりですtakaさん♪
ユリって手間が掛かるものなんですかぁ? ぅう~ん、昼寝ばっかして何もやってないようにみえたけど ウチのパートナーは中々の達人だったんですね~知らなかったです 笑)
おぉ朝顔ですかぁそれは凄い! きっと今年は満開に違いありませんよ 楽しみですねー♪ でも朝顔だけに寝坊したらしおれるの早いので早起きしてくださいね ́∀`*)
確かに暑い日が続いています まだ7月上旬なのにね夏バテにはウナギかな?体力つけてくださいね♪
yuki 2011年 7月 7日 (木)


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Poetry (GID)

ドメスティック

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

Swarovski HelloKitty Collection

保管No.18:2011年 7月 4日 (月)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


Swarovski HelloKitty Collection

今日は表参道と裏原入りです。
怪しいクロスオーバーファッション(男モードnano?)で出発です。
表参道ヒルズでSwarovski HelloKitty Collectionが開催されるとあって
ヒルズはいつもより混み合っているようです。
クリスタル装飾で有名なSwarovskiと人気キャラクターHelloKittyとの
初のコラボとあって結構ワクドキです。

Swarovskiと言えば、随分前に銀座の店舗で作品を見た時
とても素敵な装飾にうっとりしたものです。
そのSwarovskiとHelloKittyのCollectionとあって
親子連れも多く訪れていました。

しかし、今日は何でか? 行着けの駐車場が貸し切りで、
保険の駐車施設各所も一杯一杯で仕方なくヒルズ地下駐車場に入れました。
とても綺麗で気分の良い駐車施設ではあるものの、
それだけに休日は少々高めです。

とりあえず今は落ち着いて考えたいのでひとまずヒルズに駐車、
お昼を食べながらぐぐってみようかと思います。

早速駐車を終え、まずはお腹を満たしに街に繰り出します。
本日は、今流行のネット上でシェアリングして安くお食事が出来るという
クーポンを持ってお店に直行です。

zacc.jpg

場所は比較的表参道の交差点近くでちょっと大通りから中に入ったところ。
休日だけに店内は混み合っていてウエイトレスのお姉さんもとても忙しそう。
早速、クーポンであることを告げ、注文をします。
程なくしてお食事が来ました。
旨い! 旨いかもぉ、このセットメニューで普段の半額は安過ぎです。
とは言うものの高い駐車料金でカタカタと料金メーターが
膨れ上がっているのであまり意味は無い。 _^;A
もちろんお店になんの関係もありませんね 笑)

さて車移動しないと落ち着いてショッピングも出来ません。
ネットで検索し、程々の値段の駐車施設を見つけ移動することにします。

移動最中、目と鼻の先に駐車場があるのに
この日は色々道路を遮る催し物があったせいで中々車が前に進みません。
たった100mにみたない距離なのに目的地に到着したのは1時間後でした。 ω・`)

こんな日もありますよね。トホホ)

気を取り直して、再び表参道ヒルズに向かいます。
しかし、今日は暑い! 表参道ヒルズの入り口では
「鼻から根っこ」を出したKittyがお出迎え。∀`*)
Kittyさんキミはそれで本当に良いのかね?
何か色々遊びがあるらしく、街に仕掛けられたこういった珍妙なKittyを見つけ出し、
全てのKittyを登録すると何かがもらえる? らしく女子高生らしい女の子達が
殺気だって群がっていました。

Pink_chair.jpg

やっと目的の場所に到着した一行、とても長い旅だったね〜。

kitty.jpg

早速、展示施設へ直行! おぉきらびやかで色々面白い仕掛け満載ですね。
さすがSwarovski、色んなアクセサリーがあるけどみんな可愛いです。
全てHelloKitty関連で固められています。
とてもお洒落な感じでそれぞれがSwarovskiらしく小さいけど
きめ細かい配慮の元に制作されたであろう作りにうっとりです。
つい見入ってしまいます。
ブースも中々凝っていますね。
客をあきさせない素晴らしい仕事しています。

Balloon_of_Kitty.jpg
(キモイから抱きつくのはよそうねw)

最後、風船をもらって終了。
何か他にも行事がありそうでしたが、まぁ良しとします。

Uchiwa_and_catalog.jpg
(ちなみに夏定番の団扇ももらいました)

せっかくなのでいつも通り街でも探索しますかねぇ。
今日はいつもの裏原コースから1路線外れたラインを歩きます。
いいですね〜この微妙なのどかさがたまらないかもぉ。

urahara-geidai.jpg

しばらく歩くと原宿らしいシェアマンションに当たります。
昔はこういうの多かったよねー、ここも変わらずです。
懐かしくなり早速見学! 各店舗、
それぞれが個性のある商品を並べておりとても面白かったです。
この入り辛さがたまらなく良いのです。
やはり無計画で歩くのがこの街には一番お似合いだと思います。

しばらく歩いて折り返しはいつものコースでショッピング。
あっちこっち徘徊して買いあさりですね。; ^ω^)
辺りも暗くなりそろそろ帰るか夕食です。
せっかくだから表参道ヒルズの新しく出来た店で夕食にしようと
再び足を運びます。
んー今日3度も出入りしたねココ。

夕食後、再び街に繰り出し今度は帽子を物色!
いい加減いい時間なのでそろそろ帰路につきます。

今回は自分の中で70%の徘徊率、
やはり前半の駐車場関連事項が効いていますね。
次回は駐車場空き情報チェックすることを覚えよう。
効率よくってボクには似合わないのだけど次回は頑張ります。ω・`)


<当時のコメント>

No title
yukiさん、キティー&スワロフスキー見に行かれたんですね~! 7/4の3時頃に表参道ヒルズの前を車で通りかかりましたが、 ラフォーレ近くの交差点でキレイなオネーサンたちがキティー型バルーンや 何やら配布していましたね。風船もらいたかったけれど車の中から手を伸ばして 「くださーい」はさすがに出来ませんでした。 わたしも道路を遮る催し物に出くわして渋滞にハマっちゃうし、 急いでいたのに予想外なことが起きて「あぅ~~」って感じでした。 原宿は駐車料金高めですよね、安めなところ見つけたら教えますね~!
taka 2011年 7月 7日 (木)

Re: No title
おぉtakaさんもあのお姐さん達を見ましたか♪
キティ型バルーンはまだウチで浮きまくっていますよ しおしおにはなっていますが、意外にしぶといのです
そうなんです 駐車施設で良い所はどうも根こそぎ取られちゃいますね ω・`) やはり安さに勝るモノ無しって感じなんですかね~ まぁそれでも昔よりは駐車施設自体は多くなったので 便利にはなりました 良いとこあったら教えてくださいね♪
よろしくです ∇≦)
yuki 2011年 7月 7日 (木)


テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

礼服と人気のパン屋

保管No.17:2011年 7月 1日 (金)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


礼服と人気のパン屋

今日は結婚式用の礼服を見に近くの百貨店に行きます。

これについては議論もありましょうが、
一生を通して全て女物に統一するには歳を取り過ぎているし、
しがらみも多く経験し過ぎてしまいました。
現段階ではフルタイムで女性として生活出来ていない以上、
男物で堪えるしかありませんよね

前に着ていた礼服は体重が100kg近くの体形だった時のもので今羽織ると
子供に大人のスーツを着せたようなとんでもないスタイルで爆笑出来る逸品、
何て言う か...腹話術の人形の違和感あるスーツ姿が目に浮かびます。

これはさすがに格好が悪い。

それにボクの胸が胸だけに普通の型では納まりが悪く、
無理に合わすとデブに 見えてしまう。汗)

出来れば今の流行ぽく腹部を絞った系のものでないと恰好が悪いです。
となるとオーダーメイドか流行に敏感なブランドものでないと辛いかも。
なのでオーダーメイドがどの様なものかまずは下見に行くことに。

本当は、こんなもの着たくは無いのだけど、
結婚式が近いであろう可愛い姪っ 子と会社の部下にはまだ必要なんだよね。
この世で一番虫酸が走る男物のドレス系Yシャツとスーツのコンボ最低最悪。

しかし、嫌だ嫌だとわがままが言える歳でもないし、ここは我慢。泣)
街道を一路近所の百貨店に向かいます。
何事もそうだけどボクは決断が遅く家を出るのが遅いのです。
今回も時間ギリギリだなぁ。
とにかく車を出します。
店が閉まるのが早いかボクが見に行くのが早いかいつも競争です。

panya_mae.jpg

丁度家と百貨店の中間に位置するあたりでしょうか?
土日ともなると車がひし めくパン屋があります。
今日は珍しく空いているのかな? 雨だから? 
んっ、車を駐車出来そうなスペー ス発見!
これは行くしかないでしょう。(あっさり!食い意地に礼服が負けた瞬間を見 た ∇≦))

人が絶えないパン屋さんとても旨いのです。
前に何度か食べたことあるんですけど混むだけあってとても旨いパン屋さんです。
パンを購入すると珈琲もサービスで付くのも嬉しい。

正直、こんな道草しているヒマは無いのだけどね。
まぁ大丈夫でしょう。(おぃ可愛い姪っ子の為とか言ってたのは誰だ?)
早速たらふくパンをトレーに積み上げます。
何て言うか脂っこいもの多くないかな…? まっいっか!∇≦)

やばい時間を超過し過ぎたw
足早に会計を済ませ、本コースに軌道修正です。
10分後百貨店駐車場に到着。

止せばいいのにクロスオーバーファッションだからって撮影してるし ω・`)
それも屋上さw
今日は上カジュアル系で下エスニック調、
特にハカマと前掛けぽい感じが和系 文化度が高いのでそのギャップぽさがGOOD。

okujyo.jpg

あぁこんな事してられんw(だったらするな _ー;))

ちなみにデパートや百貨店の屋上のさびれ具合が好きです。

何とか時間内で目的のオーダーメイド出来る店に到着。
あわただしく・・・
まずは店員さんに目的にあったものをチョイスしそれに見合う金額を出しても らいました。
ん~っ、ほぅほぅ、ふぅむふむ結構するねー。
辛いなぁーどうしよう?
さてどうしたもんだか、この金額だとメジャーではあるが、
ブランドものも視野に入る。
ちなみにオーダーメイド店の近くにCOMME CAがあったのでスタイル、素材 など
オーダー店と変わらないものを上下で選ぶと、金額は同じぐらい、やはり恰好が良いね、
素材を下げればお手頃価格なんだけどいかにも生地が安っぽい 感じでした。

あぁ迷いが消えるどころか増えてるし ノ∀`) よし!他も見てみよう。
とそこに聞き覚えのある演奏が始まります。
蛍の光が流れ出す店内。

・・・。 終わった。 * ́Д⊂

パートナーの冷たい目線を感じるのは何故?
パン屋と百貨店屋上に寄らなければ後2店舗は回れたかな?
さて、今日の夕食は旨い店でたらふく食べようね♪

パートナー:パンはどうするので? _^;A

こうして礼服探しは持ち越しとなりました。トホホ)
結婚式に間に合うのだろうか?

リミット3週間。∇≦)



<当時のコメント>

礼服は大変!
こんにちわ~ 礼服探し、ご苦労様です! 「貸衣装」っていう手もありますよ。 これならどんなサイズでもあるし、なければ系列店で取り寄せてもらえるし、上下別のサイズもOK だし。
冠婚葬祭の会員になっていれば、5000円程度だし。 私も今から3年前、娘の結婚式で、「モーニング」を着ました。 胸の膨らみが目立たないように、「ナベシャツ」みたいな胸をぐっと押さえるシャツを着て・・・ 可愛い姪っ子さんの結婚式、祝ってあげてくださいね、
のんびりのん子 2011年 7月 1日 (金)

Re: 礼服は大変!
のん子さんこんばんはですぅ♪
おぉぉそれもありですね「貸衣装」その手もありましたか。 最近は上下別もOKなんですね、しかも会員は5千円程度なんて・・・とても羨ましいです。 その時期のトレンドにも対応出来る上に安いから全然良いですよね。
あぁ、でも、でも昨日買ってしまいました。泣) 最初の結婚式が3週間を切っていて部位調整に2週間程度掛かるからと店員に痛い所を突かれ 慌てて買ってしまいました。 乗せられましたね。泣)
でものん子さんの案無駄にはしません。 今回の購入品どちらかと言えば結婚のみにターゲットを絞ったので 葬儀などでは使えそうにありません。 その際は、貸衣装にしてみようと思います。 ご教授感謝致します。
姪っ子の挙式はまだ先になりそうです。 お腹が大きいから産み終えてからですね。 ボクも早々おじいちゃんになりそうです。笑) その挙式ではカッコ良いおじさんを演じれたら幸いです。
ありがとうございました。
yuki 2011年 7月 1日 (金)

No title
yukiさん、おはようございます
このパン屋さん、私もおそらく知っている処だと思います。 美味しいですよね。 最近、新しく美味しいパン屋さんを見つけてしまい 毎朝通うのが習慣になっています。
「うちのお店のパンも美味しいのに。。。」と、スタッフに言われそうです 苦笑
tomo 2011年 7月 3日 (日)

Re: No title
>tomoさん こんにちはぁ♪
はぅ∇≦)またまたtomoさんを身近に感じる場所がありましたかぁ まさか、こんな比較的近いご近所さんのお店だとは思いませんでした。
さすが食シーンにお強い環境にいるだけのことはありますねぇ♪ tomoさんのお店にもおジャマでなければ是非探訪したいものです。
そのtomoさんご推薦の美味しいと噂のパンを食べれたら夢見心地になれそうですねぇ
yuki 2011年 7月 3日 (日)


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

ぶらり六本木

保管No.16:2011年 6月 26日 (土)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


ぶらり六本木

今日は、ゴジラで壊されたビルの1つ、六本木ヒルズに行ってきました。
壊されても瞬時に復活し、今度は違う者に破壊されるがその度に復活する。
永遠とも思える時間の中を有限でありながら蘇生を繰り返すビルw

そう言えばボクの働いているビルも何回か仮面ライダーシリーズで破壊される。
電王では時代から抹消された ∇≦) (どうでもいいねそんなことは)

nakaniwa.jpg

今回はヒルズ中心というよりは街を散策したいのでヒルズは拠点ってことで
とりあえず車を車庫入れです。
ちょっと出たのが遅かったから遅い昼食を済ませました。
六本木は会社都合か飲みでしかほとんど来てないからなー
何かを本格的に観覧 するのは正直初めてかもしれない。
普通、森ビルなんてほとんど素通り。
服見るなら他を散策した方がいいかな、本格的に見るには店舗数が少ない。
それも1ランク上のお値段。
ボクにはちょっとの見せ多いね  (^_^;A

cafebar.jpg

昼食も済ませたし何を見ようかねぇ~ ー¯) フフン...。
展望台、水族館、イベント・・・んー今日はどんよりした空だから展望台、
ありえません。
水族館いいねー ́∀`)
イベントねぇフレンチ・ウィンドウ店?
フランス現代美術の最前線かぁ面白そうだねぇミシュランマンが熊化してるぉ ∇^;)
中山玲化佳展も良さげだ。

結構美術館巡り好きなんです。
上野もたまに行ってますしね。
あーでも今日はココ来るの遅過ぎたかな〜
また今度も無いけどイベントものは 止めておこう。

一通り館内を散策します。

以外に森ビルの一周が早くて見るのあっ!という間に終わっちゃうんですよね。
ざっと見だけどまぁいいかなぁ?

ちょっとヒルズ界隈でも散策してみますかね
宛ても無くヒルズを飛び出します。

h_rock.jpg

さすがに高架橋付近はあまり風景変わりません。
変わっても並びが同じにしかならないから見た目変わらずですね。
ヒルズ右手側を下り途中ピラミデビル付近を抜けます。

Pyramid.jpg

そこから5叉路を真っ直ぐ突っ切り、
突き当たりを左に行く所をハードロックカフェ側に寄り道です。
外苑東通りのあの良くも悪くも有名になった
アトラクション付きのドンキの見える所まで来ると
見覚えのある風景が広がります。
右手側にしばらく進んで行きます。
宛ても無くぶらぶら探索。
さすがにこの辺で休憩しようということになり
あたりを見回すと見覚えのあるロゴが目に飛び込みます。

luidasbar_logo.jpg

おぉ『 LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)』発見!
旅人の服、旅人の服・・・w。
へぇ~こんな通り沿いに面してたのか。
前に友達と飲み屋に行くなら何処に?みたいな話があり行くの行かないと話した結果、
結局銀座にある『迷宮の国アリス』にした経緯があってココ凄い興味をそそります。

LUIDAS_BAR.jpg

でもここ予約制だよねー確か。
まぁ当たって砕けてそして散ってきますかぁ〜 ∇≦) 早速店に入る。


ドラクエ衣装を着た可愛いお姉さんお出迎えです。
ダメ元で開いてみることに・・・「樽なら空いています」とお姉さん。

樽??(たる??)

見ると入り口に無骨な樽2つw
あーこれテーブルなんだw うん、お願いします!
(こう言うのドラクエでも確かにあったね)
やったー樽ゲットーぉw ♪たたたたったっぁ~たったぁ~~ん♪

程なくして店員のお姉さんが注文を取りにきます。
店内は録音、録画以外の撮影は可と説明を受け、
田舎者の様にバシバシ撮りま くるボクらw /ω\*)

あぁ今日ここに来ることを知っていたら食事なんか取らなかったのに〜
さっき 食べたばかりだからお腹一杯。
とても残念 ( ́>ω<`)
『ギガンテスのこんぼう』(七面鳥のモモ肉スモーク)食べたかったなぁ。
仕方ないこうなったら、パートナーの胃袋を借りるしかないでしょう。

ボクは『パルプンテウォッカ』を注文。 ¯ー+¯)ニヤリ
彼女は『マヒャドブルー』にしました。 ¯□¯;)

そしてボクは甘いものダメだからキューピーに『おおきづちのブラウニー』
(チョコブラウニー)を無理矢理食べてもらうことに。

おおきづちが可愛かった事もあり写真に収める為にお願いしました。
でもね本当はギガンテスのこんぼうを食べて欲しかったなぁ〜
絶対怒る からあきらめます。

Menu.jpg

待つこと10分程度、その間店内をあっちこっち見渡すオノボリサン2人。
飲み物『パルプンテウォッカ』と『マヒャドブルー』が来ました。

いきなり店員さんがパルプンテウォッカの講義を始めます。
『今からここにこの黒い液体を流し込みます。
何が起きるか分かりません。
流し込む際に呪文を唱えてください。
私がパルプンテと言いますからお二人もご 一緒に”パルプンテ”と呪文を唱えてください。』
へっ? 何それ?? っていきなり店員さんのスペル「ぱるぷんてぇ~」半秒遅れで、
ボクらも 「パ・ルプンテ〜」

そんなことをするなど微塵も知らなかったボクは、
いきなりのことでとっさの対応が出来ず低音域でお姉さん、パートナーとハモることにw
絶妙なバランスで高音、低音の調和がきれいに流れます。

まぁ元よりバレバレだからいいけどね ∇≦)
続いて『マヒャドブルー』の呪文です。
パートナーのりのりだ。

さぁご一緒に〜「まひゃどぉー!」店内に大きく響くマジックスペルw
全文全霊で叫ぶ彼女。
「・・・どぉー!」しか言わないボク。 ¯∀¯ ニヤッ

ちなみにパルプンテは見た目はともかく旨いかも。

「効果は何も無いようだ」

そろそろ店内もポツポツ人が減り始めます。
ボクらは途中入室組なんでまだこれからですが、
最初からいた人はそろそろお 腹一杯の頃合い。
いい感じで店内中央の丁度良いスタンド席に人がいなくなります。

その席で写真撮ろうとしていたら店員のお姉さんが気を利かせてテーブル拭き拭き。
程なくしてテーブル移動の許可が下りました。
なんと気が利く娘さんだ!

kowai_kao.jpg

最初の飲み物も底を尽きかけ、今度はソフトドリンクに手を出すことにします。
彼女は『世界樹のしずく』うたい文句:コラーゲン入りでお肌もみずみずしく回復♪が
気に入ったようだ。
ボクは『エルフののみぐすり』うたい文句:コエンザイムQ10入りでエルフのように健やかに。

2つともさっぱりしていてこの時期にピッタリマッチしているお味でした。

そしてお待ちかねの『おおきづちのブラウニー』が来ます。
おぉ可愛いw ∀`*) 早速写真に収めよう。
何枚も撮ってるうちにおおきづちの目が融け始めてきました。
「あ~ん目が融けていますよ~早く食べてくださ~ぃ♪」
すかさず店員のお姉 さんのツッコミが入る。ノД^、)

ookizuchi.jpg

既にお腹一杯のパートナー食べるのにとても苦しそうだ。
可哀想に・・・(←お前が食べてあげろよ!と天の声が _^;A)
少し残してしまったがなんとか見た目クリア!

有名な剣が並ぶ店内。

さて、そろそろ時間のようです。
裏口から退去のアナウンスが流れます。
だからといって特別な通路がある訳ではないのだけどね。
だいたい45分程度しか入れなかったけど、次回もし来ることがあったら予約しましょ。

店を出て一路ミッドタウン方面に向かいます。
結構時間を取ってしまい。
大分超過した感じです。
六本木の交差点でしばらく考え、ミッドタウンはまた今度という結論に達しました。
大した距離ではないのだけれど、もう夕暮れなのとヒール疲れが怖かったので止めます。
やはり車で移動が良いでしょう。
汗だくで行動したら化けの皮がはがれまくりだしね。笑)

外苑通り沿いアートを楽しみつつ車のある森ビルへ帰ります。

Roppongi_Hills.jpg

大分散策したね
でもそんなに時間経ってないね

さて夕食だけどどうする?
彼女の不満そうな顔が目に映ります。
そうだよねぇ〜食べてばっかだもんねぇ〜

大変だと思うけどもう一踏ん張りだよがんばろー(←楽観的な人)
だったらお腹が減るまで店舗一杯見るよぉ(←ちょっとブチギレ気味な人)

という訳でまたぐるぐるあっちこっちを見渡すことに。汗)

うん、大分歩いたよ

ちょっとお腹もこなれて来たらしく彼女からOKサインが、
ヒルズ内の案内表示に目をやりある店を指差して一言
「この店の串もの程度なら何とか食べれそう」とパートナー。
いいでしょ〜ボクは丼物もあるのでそれを頼もうかと早速店内に入ります。

どれどれ、ん? 結構混んでるねぇ、待つこと15〜20分程度、
やっと席に案内されます。
早速注文! 丼物とおすすめ串焼きとサラダに普通の串物1本を頼みます。
へ? 丼物は終わり・・・おすすめも無い!? はぁ?

それって待っている間に言うべきだろ!
このスカッタン!と心に思ったけど我慢我慢・・・。

相当な人気ぶりなのか? いえ、人手不足です。
物が来るのも対応も遅過ぎる。

失敗だったね

2人で顔見合わせるも席に着いているし面倒くさいのでこのまま軽食程度に移行。
まぁある意味ダイエットになったから良しとします。

夕食も終え、時間も9時を回っている。
さて帰りましょう。
駐車代は1日最大3,000円ですね。
この辺じゃこんなものです。

ここは、イベント中心で訪れたらきっと面白いスポットなんでしょうね〜
色々面白い催し物ありそうでしたし、次回はもっと計画的に行動しましょう。
今回は衝動的だったかもしれません。笑)
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

図書館と黄金のまどろみ

保管No.15:2011年 6月 25日 (土)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


図書館と黄金のまどろみ

何ヶ月に数回訪れる場所、それが図書館です。
本を読むの苦手な癖して何故かこの場所に居座る事がとっても美味。
好きな雑誌や好きな文庫を品定めするのがとってもいい。

コストパフォーマンスにも特化していますしね

また、他にたまらなく良いこともココには存在する。
何が良いかというと本のインクの香りが充満した空間、
完全ではない静寂な環境が眠っては行けない状況を作り出し、
その状態が絶妙なゴールデンスラン バー(黄金のまどろみ)を生み出すことによって
心地よい眠りを誘います。
読者の大敵ですね、でも結構好き? いや凄い好きです。

ただ、求める雑誌の種類がさすが公共の選定とあって残念な数しかありません。
当然、女性誌、男性誌共メジャーなものしか置いてませんね。
まぁ専門誌は立ち読むしかありません。

tosyokan_mae2b.jpg

今日の出立ちですが、定番AVI.のTとKINGLY.のサルエルで随分とラフな格好、
行着けの多国籍系服飾店の店員の方に
「今日は女の子じゃなく普通なんですねー」と言われました。

それはどのような意味だね??

tosyokan_mae.jpg

しかし、この頃写真見ると顔つきがほんと変わって来たと思います。
ホルの影響なんだろうけデポに変えてから"侵攻"が早いなぁ。
何て言うか、おっさんから少女じゃないんだよねー。^_^;A
おサルとか、おばさんぽくなった感じで可愛いなんて100%無いよ

さて話を本題に戻して・・・ 雑誌を読み始めて10分後最初のまどろみが始まります。
読む気無しが見え見えだ。
羊たちがボクの頭の上で左から右へ飛び越し始めるのが分かります。
まどろみはいつしか黄金のまどろみに移行し、うとうとしなが見るファッショ ン誌は
ページを前後しながらゆっくりとした運びに切り替わります。
気がつくとちょっと口元のゆるみから透明な液状のもがこぼれていたり、
手がだらりと下がって明日のジョーの両手ぶらり戦法でいたりと
何かしらのアク ションは欠かせません。

気を取り直して第2ラウンド開始。
とまぁゴールデンスランバーを繰り返しながら読み終える頃には
シャッキリ、スッキリしています。

ついでなんでGIDものの本も確認はしますが、この図書館にはほとんど置いていません。
なのでいつも予約を入れて他の地域の図書館から経由して借りています。
とても面倒くさいし、係の人にGIDと告げ予約するのが辛いですね。

でも去年は大分予約して借りまくった気がします。
メジャーなGID本は結構読んだかな? 通る道なんでしょうが、
ボロボロ泣かせられた本も多数ありましたね

ほとんど借りることも無いけどCDやDVDも見たりもします。

黄金のまどろみタイムを堪能しに図書館に来る。
ボクの最高の一時です。
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Work(日常)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

麻布から『 i 』を込めて

保管No.14:2011年 6月 24日 (金)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


麻布から『 i 』を込めて

この日は西麻布でスタジオ入り。
仕事は順調に終わり4時に終了。
帰ってもろくな仕事は出来ないので会社にはこれから帰路の報告。
どうせならと思い、表参道周辺をぶらつきながら帰ることにしました。

既に手荷物(撮影用の器材、資料、カンプ類)は、一杯一杯。
正に見るだけで手一杯・・・。

そう言えば今よりほんのちょっぴり若かった頃、
定職探しの時期が何年かあったんです。
その間フリーのデザイナーで何とか生活していました。

もちろん当時は"男"で通していた時期。
貧乏デザイナーな容姿で近寄り難い雰囲気満載でした。

毎日がひもじい日々を過ごしていて帰りの電車賃すら気にする生活、
ある夏の暑い日だったかな、クライアントとこの麻布で待ち合せすることがあり
茶店に入るのも我慢して墓地で水道水をあおっていました。
(情けない話だけどそれがこの当時の状況でありひもじい現実でした。)

そして今、会社も決まり何とか普通に生活出来るレベルまで達しました。
実は、このスタジオのすぐ側なので意味も無くそこに足が向きます。

何て言うのか、ノスタルジックと言いましょうか、
そんな気持ちで墓地の前にある階段状の石畳に目をやります。

あぁここだったなー明日を夢見て途方に暮れていたあの暑い夏の日の夕暮れ時。
昔はひもじいことばかりだったはずなのに人前ではカッコつけていて、
人がいないところでは貧乏丸出しなことばかりしてたなぁ~。

まぁその染入る行為は今も変わらないか _^;A

prada.jpg

西麻布から一路青山通りに向かいます。
途中、プラダビルを左手に進む頃にはちょっと疲れが見え、汗ばんで来ました。
表参道の交差点に着く頃にはちょっと息切れ。
坂道だったとしても体ガタつき過ぎだね ー_ー;)

あーもーだめだ。

仕方なく表参道ヒルズで休むことに。
数分程度座ったかと思うとよせば良いのにヒルズの中ぐるぐる回り始めます。
それも上り坂コース。
店店を物色し、頂上を待たずしてまたベンチに腰掛ける。 ∇≦)

omotesandouhillse.jpg

ヒルズを出て神宮前に向かいます。
途中右手側の裏原に入り今度はいつもの原宿までの道のりを楽しみます。
平日だから空いてるのよ。
だから仕事帰りはたまらない。
色々見ては今度きたら買ってやるってものにツバ付けておきます。
(本物の唾じゃないですよ ;゚∀゚))
でもね・・・次来るとほとんど無かったりするのよ。
まぁ仕方ないよね、店の人も遊んでいる訳ではないからね~。

うだうだ歩いていると竹下通りが見えて来ます。
まぁここはいつもとかわらんねぇ。
既に時間は8時を回っています。
もう夜なんだ・・・仕事より夢中になっている。

何て言うか、卓上で仕事しているよりやっぱり見るって楽しい。
ん? いえ、遊んでいませんよ。
これも仕事うちですから・・・。∇≦)


<当時のコメント>

ごめんねぇ~
こんにちわ~
呼ばれて飛び出て、「じゃじゃじゃじゃ~ん!」って 私、本当は、冗談なんかとっても好きなんですよ。 当然、生粋の大阪生まれの大阪育ち・・・ って、結婚してからは、河内に20数年住んでましたけど・・・ 今は大阪は通天閣のある新世界のお膝元
「なるようになるさ」と、結構、気楽に生活しています。
ブログ、これからも、続けていくので(ほんまかいな!)、yukiさん、コメントで突っ込み入れて ね!
yukiさんのブログもすごく面白いし、知らないことが沢山あって、すごくためになりますから。
のんびりのん子 2011年 6月 24日 (金)

Re: ごめんねぇ~
おぉぉぉのん子さんだぁ♪ こんばんはぁです。
やったぁ~♪恩師が来てくれるとは思わなかったので感激です。* ́∀`)ノ
大阪は出張で何度も訪れたところ 通天閣と言えば、地元民からは「べたやねぇ」と言われるスパワールドに泊まり 普通あそこに泊まる人はいないよと爆笑されました。 そんな話はしりませんでしたが、とても楽しかったです。 大阪はやっぱ何処も温かいです。 今は大阪事業部も落ち着き出張はなくなりましたが、何度でも行きたい街ですね。
のん子さんさえ良ければ、 今度大阪に行く機会があったらのん子さんに是非会いたいです。 粉もの、串焼き美味しい所教えてください。 ́∀`*) またビリケンさんさわりに行きますので ∇≦)
yuki 2011年 6月 24日 (金)


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Poetry (GID)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

哀愁のおやじロボ

保管No.13:2011年 6月 23日 (木)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


哀愁のおやじロボ

ボクはおやじロボの操縦者
体に張り付きはがれない
ガタがきていて動きが悪く
塗装もはがれて嫌な気分
規格外のはずなのに
気がついたらおやじロボ
だましだまし使用中
カスタマイズは得意だけれど
合うパーツが1つも無い
自分の規格に近づけたいけど
目標なんて定まらない
ボクはおやじロボの操縦者
体に張り付きはがれない
ボクはおやじロボの操縦者
骨太骨格デコボコ外装

oyaji_robo.jpg




テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

エスコートは突然に!

保管No.12:2011年 6月 22日 (水)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


エスコートは突然に!

絵空事なら誰でも語れるし、
自分自身に問う内容ならどうとでも解釈が出来る。

自分が他人からどう見えるのか?
どう扱われるのか?
これ、GIDがこれから世に出る上でとっても大切な事。

「家族がこう言った」とか「自分ではこう見える」ではダメなのです。

何故って?

"目が肥える"って知っていますか?
「美人は3日で飽きるけどブスは3日で慣れる」って良く聞きますよね
これは大げさな例えで、美人なら3日で飽きるはずもなくです。
ただ、解釈としては"慣れ"に注目すべきところ。
つまり慣れると今までおかしいと思える事も普通になるんです。
だから家族や自分の目って信用ならないものであって指針にはならないのです。

まったくの他人の反応が本当の解釈と言えましょう。

私は家族に励まされ何とかここまで来れました。
でもね、いつも頭を過るのは、本音です。
人からどう思われているのだろう?

これ、ある程度の容姿をお持ちのGIDはあまり深刻にならない問いですね
悩む事は人によって色々でしょうが、多くのGIDはやはり容姿を気にします。

そんなある日、まだ肌寒い春先の出来事でこんな事がありました。

東日本大震災から2週間、街もある程度は活気が戻りはじめ
ショッピングモー ルなどにも人が多く訪れるようになりました。

ボクとパートナーは早速、お買い物に出掛けます。
今日は、女装で地震の影響も考え動き易いハーフパンツな
ボーイッシュの格好にしてみました。

クロス・モードと変わりないとの指摘。
確かに化粧とヒール以外はいつもの素な自分に近い格好。
とりあえず簡略的ではありますが、化粧完成後彼女に確認してもらい
「まぁ、 パス出来ているかなぁ」と"まぁ"のお墨付きもらったので
今日はこの格好で出発することに。(ところで、まぁってなんだょ #`・З・))

portrait_b.jpg

各地にある「ららぽ」巡りも今日で4モール目。
このららぽは歴代のららぽの中でも小さい方かな。
『ららぽーと柏の葉』にやってきました。(ちょっと遠かったね)
自分好みのブランドはあまり無いようでしたが、
こじんまりまとまっていて良い感じだと思われます。

まぁ何はともあれ散策を開始!
それはとある雑貨屋に入った時に事件は起こりました。
ボクらはこのところの地震の備えとしてロウソクたての購入を考えていました。

当然、そういった売場に足を運んだのですが、ガラス張りの棚に求めていたモノがあり
早速ボクらは品物の吟味を開始!
しばらくすると遠くからゴゴゴゴッと音が聞こえて来て、巨大な余震が来たのを肌で感じ取ります。

あぁまただ・・・不安だ。

結構な揺れを感じ、棚の商品がガラガラ音をたて始めました。
ボクは手に取っていたガラスのロウソクたてを急いで棚に戻し、
ガラス棚から離れようとしたその時でした。

ある若い男性店員がボクの右腕をつかみ、反対の手はボクの腰に手を回し
「危ないのでどうぞこちらへ!」と慌ただしくも入り口の方へ優しくエスコートされます。

一瞬、ドキッとしましたが、とりあえずなすがままで入り口に出されました。
側にいた彼女も実はボクの左腕を掴んで入り口へ向かっていたので
ボクが実はそんな接待を受けていたことなど知る由もなかったようです。

なんと、2人にエスコートされてる! ω< ;*)ノ うひゃぁー 正直、
今の行為を振り返ると恥ずかしさで顔は赤面するは、
若い男性店員の方には申し訳ない気持ちで一杯になるはでとても複雑です。

あの手と腰の持ち方とても優しかった・・・。
君よりボクの方が頑丈そうなのだけどありがとう店員君!
まぁこんな状況じゃ分かってても気が動転して思わずってこともあるしねぇ。笑)

その後、ロウソクたても無事購入を済ませ帰路につきます。

今思うとその事で店員さんがボクを女性として見ていたのかは不明なところ。
でも男性でそんな手の持ち方や腰に手を回すなんてありえない。
でも確証もないので何とも言えませんね

まぁ自惚れは禁物、ただ、ほんの少しその若い店員さんに"自信"というものを
いただいたような気がします。

女性でやっていける自信って、こんな場面からもいただけるものなんですね

ありがとう店員さん。

夕食は国道沿いの自然派食品系のお店に決定。
早速、夕飯。 夕飯の席で例の店員の話をパートナーにした途端、おもいっきり爆笑!

「あらぁ良かったじゃないyukiちゃ〜ん あははははははっ」高らかに響く!
ハイハイですよねぇ〜思っていた展開通りの反応ありがとねぇ。 ┓(¯∇¯)┏

決してパスしているとは思わないけどパッと見分からない反応されただけでも嬉しい。
¯ー +¯)ニヤリ...(不適な笑みを浮かべるパートナー)
分かっていますよ。

笑い話でしかありませんね
でも、ボクにとっては勇気をもらった最高の時間でした。

ありがとう若い店員さん!
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

Bershkaとビュッフェ

保管no.11:2011年 6月 21日 (火)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


Bershkaとビュッフェ

先日の日曜日は近所にいる姪っ子夫婦の引っ越しで
姪がわざわざウチに来て最後の挨拶をしてくれました。
挨拶に来るも正月程度しか顔を会わせず、
昨年は姪都合で尚更会ってない期間が大幅にズレ込み、
1年半ぶりかな?久しぶりの再会となりました。

当然の洗礼でしょうが、私を見てキョトーンとする姪。
いや、格好は男女関係無い例えるならジャージ程度な格好。
やはり多少なりとも変わっているのかもね・・・
たぶん女性に見えるとかじゃなくて得体の知れない何かだと思う。

親戚だからね・・・
女性うんぬんの話より見た目の変調で指摘するなら普通体の方を心配するでしょ

そっか・・姪には私がこんなになったって言ってなかったね

お腹が大きくなって来たので義兄夫婦の家近くに移住らしいです。
ん? ボクはおじさんな上におじいちゃんかよぉw

何て言うか・・・そんな歳じゃないんだけどなぁ。
いや、そんな歳なのかなぁ〜?

歳がバレそうだけどそんな事はありません。
義兄とはやや歳も離れていますしね
義兄夫婦の結婚、出産も早かったけどその子も早かったって事ですねぇ * ́ ∀`*)

こんなところも似るのは、やはり親子だからかね〜

まぁめでたい事は良い事です。
頑張って良い子を産めるといいね〜♪

さて、時刻も夕刻、そろそろ夕食に出掛ける頃合いです。
最近、毎週休日は決まってビュッフェ形式の飲食と決めています。
何て言うか、単にサラダを腹一杯食べたいというだけなんですけどね。

今日は何処にするかなぁ〜時間も時間だしあまり遠くには行けません。
よし!服も女性物見たかったので比較的近場のショッピングモールに決定!

そうと決まれば早速お化粧してお出かけだー!
むむっ、何やらパートナーから不穏な合図を察知。
近所なので女装ダメ出しもらいました。
えーーーーーーーーっ、そんなぁー * ́Д⊂
今週、気持ち的に乗り切れるか心配 ω・`)

気を取り直してクロスモードで出発!
(あっさり書きましたがココかなりきついテンションでしたね ∇≦))

今日は下はエスニックで上はストリート系って感じです。
アンティークで見つけたディーゼル(DIESEL)レディースTシャツの前見頃が可愛いのだ。

TOKYO-BAY_2011.jpg

近所のショッピングモールに車で乗り付けし、まずは各店舗で服を物色します。
もう今月は金欠なのでクロス用の男物は見るだけです。

あーこれユニセックス系で可愛い♪
バシッ! 奴に手を叩かれるボク >_<) (注意:奴とはボクの心です。パートナーではありません)

今ボクが行ける店って限られています。
FOREVER21並みのコスパにボクの財布は悲鳴を上げている。
またこんな事書くと彼女から一言、
「あなたは何かと言うとカネカネカネって うるさいのよぉ」
ハイ、ごもっともでございます >_<)

んっ? なんだろ・・この店?
おぉ! Bershka(ベルシュカ)がリニューアルオープン?
で何? この店は?

解説を読む

『2011年4月に日本上陸した「Bershka(ベルシュカ)」が早くもららぽーに登場!』
Bershka(ベルシュカ)は「ZARA」を展開するスペインのインディテックス社が手がける
人気カジュアルファッションブランドです。
世界50カ国で720店舗以上展開中。

なるほど、どうりでファストファッション臭かったのね。
確かにZARAぽい。
ただ何て言うか・・・ここ最近、この手の店が多くなって来たね〜
ZARA、 H&M、アバクロ、FOREVER21って具体的には位置付けは違うんだろうけど
日本人の視 点からすると良くも悪くも海外物らしく大造りで似た感じの印象を受ける。

縫製力ではZARAはユニクロに近い方だけどね

こう言う海外物って開店当初は、決まってトールサイズばっかりだけど
ある程度その国に馴染み出すと日本人女性の標準サイズのみしか出さないよね。

ちょっと残念だね

話を元に戻してBershka(ベルシュカ)ですが、
ポイント的に可愛い服もあり中々良かったです。
ただボクの趣味ではないかなぁ〜と思いつつも
自分体形に何故か合ってしまいそうな服 がちらほらと・・・。
また、今度ゆっくり見ますかね。

一通り見終わったので、やっとイタリア系レストランの店でビュッフェを楽しみました。

 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

Bob & 2k540 AKI-OKA ARTISAN

保管No.10:2011年 6月 19日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


Bob & 2k540 AKI-OKA ARTISAN

今日は美容院の日。
クロスモードは、毎度お馴染みのミリタリー×ゴスをチョイス。
珍しくAvirexのレディースとメンズで同ブランドのUnionメイクしてみたけど・・・。
あきらかに失敗、インナーのゴスが死んでいる。
まぁいい、時間無いからコレで行きます。_ー;)

一路、行き着けの美容院のある秋葉へ向かいます。
今日で目標のクラシカルボブが完成の日。

前回は下手に伸ばしてたせいでばっさり切られて凹んだけど、
早い、髪伸びるの早過ぎ? ホルの影響? 仕上がり良く、いい感じに決まりました。

110618_1b.jpg

このまま長髪へ意向していくつもりです。
パートナーと会う約束があるので美容院を出て秋葉の駅の方に向かいます。

落ち合う場所を特定してなかったので歩きながらメールで集合場所を記入中、
ばったりと彼女と出会った。
気が合いますねぇ

早速、お昼にしようということになり、
方向を秋葉で一番大きいレストラン街 AKIBA ICHIにセット!
のつもりだったけど結構人の出入り激しかったので
空いていそうなSubwayで済ませることにします。

さて、どうしよう? 何処行く?
2人で顔を見合わせます。
渋谷にでも行くか? 東京ビックサイトに行って「おもちゃショー」でも見に行く?
ふとパートナーが何かを思い出した。
そう言えばちょいと前に話題になった『2k540 AKI-OKA ARTISAN』という
ものづくりアート職人が集まった一角が秋葉原近くの高架線下に作られたらしいよ
そんなツレから興味を深い一言が飛び出しました。
高架線下なら線路沿いそのまま御徒町に向かって行けばそこにブチ当たるかも?
早速出発します。!

取りあえずそれに従い線路沿いを御徒町方面に向かいます。
今思えば、名前知ってるんならiPhoneで余裕で検索出来たろうに・・・
って、ボクの仕事だ。ω・`)
7~8分程度歩いた頃でしょうか、秋葉と御徒町の中間あたりでそれらしき一画を発見!
やりますなぁパートナーさん。
入り口に到着。

110618_3.jpg

おぉ何かカッチョ良いのではぁなかろうかぁ。

へぇ〜地下の迷宮みたい(行ったこと無いけど)で興味をそそる造りです。
装飾品が多いのかなぁ結構ありましたね。

110618_4.jpg

飲食系も少々あるようでちょっと変わってるのかなぁ?
昼食ここで取ればよかったなぁ〜残念。

ボクが気に入った店の1つにimekaという帽子屋があったのですが、
可愛くセンス良いもの置いてましたね。
デザイナーズ系なんだぁ先週服買い過ぎてなかったら絶対買ってたのに残念です。

帽子屋は2店あり、もう一方も良い感じでしたよ。

110618_2.jpg

職人の街というだけあって一般的に売られているようなものより、
凝った内容のばかり置いています。
だからといって入りにくい雰囲気はまったくなくそれぞれの店が開放的な空間です。

110618_7.jpg

ん? ハンモックの椅子? CafeAsan、茶店ぽいねぇ。
なんか面白そうなんでのど乾いて無いけどお茶にしまようかねぇ〜。
アジアンアニメーションカフェって言うだけあって何か絵コンテみたいのが置 いてるね
これ名探偵コナンかな?  iPadが席に設けられてるんだぁここで情報流してるぽい。
うたい文句が「カオスな情報空間」・・・
というわりには結構落ち着いた店内でハンモック同様、過ごし易い感じがします。
ハンモック気持ち良かったよ。
あれは絶対寝ます。_^)

110618_8_moto.jpg

路面標識いいねーなんかそれっぽいです。
まだ工事中の所もあるようなので規模は拡大していきそうですねぇ。
今度は服関係も多く入れて欲しいなぁ〜。
頼みましたよJR東日本さん(ここが運営)

全体的にとても見応えのある内容だったと思います。
わりとあきさせない感じでした。
ただそこに行くまで周りに何も無いのでつまらないというのが本音。
見る物が"タダの"高架線だけではちょっと退屈過ぎる。
特に今日のような雨降りはたまらなく辛い。
高架線下の遊び空間がもっと増えることをいのりましょう。

とは言え、そこに行き着けば中々見応えがある店が建ち並んでいるので行く価 値はありますよ。


<当時のコメント>

No title
yukiさん、こんばんは
高架下のこの一角、まだ行ったことがないので、興味がありました。
昔は職場が秋葉原にあったので、よく行っていたんですが
今は様変わりしているんでしょうね
それにしても、yukiさんは私より明らかに女性的(MTFの方には失礼な言い方でしたら、ごめんな さい)
身体の曲線が美しいですね
tomo 2011年 6月 19日 (日)

Re: No title
tomoさん こんばんはぁ♪
tomoさんは、秋葉で働いていたんですね。 確かに昔と比べたら青果市場が消えて下街っぽさは消えたかもですね。 と言ってもPCパーツ販売は健在だからその辺は変わりないですか ́∀`*)
今の秋葉も面白いですよ。 たまには遊びに来てくださいね。
yuki 2011年 6月 20日 (月)


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

エレガントゴリラ

保管No.9:2011年 6月 17日 (金)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


エレガントゴリラ

Elegant_gorilla.jpg

服のコーデに関して言うと女物の服はわざとおばさん系か
目立たない感じで着こなしています。

つまり年相応ってことですね。

クロス装じゃ目立ち過ぎるので逆を行ってますね。
そもそも女性装の場合、パートナーがボクの好みの服装を外でする事を禁じています。
時には強行突破する時はあるけどもほぼ遠出外出は抑えめです。

ちなみに僕好みはどんな着こなしかというと・・・
全体のイメージからするとギャル系かな? ∀¯*
S Cawaっぽい方が好みです。
ただコレ自分に当てはめたら確実にGID以前に男の娘系だね

個性派うんぬん言うような人がそんなことで臆することは無いのだけど、
パートナーも同伴で歩く事を考えれば話は別だよね。

ではどうする?
ポイントであしらう?

いやいや、そもそもこの手の商品に自分の体形がおっつかないものがほとんどです。
所詮無理に近いのかな?
えっ? その前に歳を考えろって! 泣)

ちなみにパートナー推奨スタイルは、
完全歳相応限定! それ以上でもそれ以下もありません。
雑誌で言うところの『Grazia 』とか『Precious 』に『eclat 』など。

ん〜・・? なんですか? こういった系読んだ事ありませんね・・・ ∇^;)
どれも確かに年相応でモデルさんが着ているから当然なのですが、
まったくもってカッコいい! そりゃ〜モデルさんが着てるんだからね

僕がそのまんま考えもなしに来たら"エレガントゴリラ"と言われるに違いない 笑)

「その前に君にはやるべきことがあるのでは? 」
パートナーのおっしゃる通りです。 ω・`)

原宿で服飾デザイナーをやっていたパートナーから苦言ですね
エレガントゴリラ体形に何をどう合わせるべきか?
その時のコーデ次第ですが、み合せが上手くいった日は、見た目普通のおばさんになれる。
要は目の錯覚を利用したトリックを推奨するパートナー。

誤摩化さないとダメなのか・・・。

その上で自分好みをどうチョイスするのかがキーになります。
当然、何かを足せば何かを引くしかないので難しいところです。
クロス・モードより大変なのかな? 笑)

まぁここまでやってもボクの場合残念賞なんだけどね _ー;)
もう人間あきらめが肝心です。∇≦)

正直、MTFの方でこんなこと考えない人が羨ましいです。
今のMTFの子や男の娘は幼い頃からオープンだから被害が少なくて羨ましい。
まぁ恨み節を宣ってみても始まりません。

ただこれもお洒落としての位置付けで考えるとありだったりします。
年相応という枠組みの中だけで考えてしまうとたぶんボクの場合
ありえない体形を露呈するものと想像します。
時には、ある程度遊びを持たせることも重要なんでしょうね

ちなみにガーリー系一色な表現したら一発でボクはアウトです。
どこぞのファンシーじぃさんかと言われてしまいそうだ。

皆さんはどうですか? 目的の合ったコーデが出来ていますか?
ボクはどのカテゴリーでも格闘中ですね。∇⌒;)
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Coming out(カム)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

カミングアウト(パートナーに告知する)

保管No.8:2011年 6月 16日 (木)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


カミングアウト(パートナーに告知する)

DVC00020.jpg

カミングアウト
当時を振り返ります。

ほんとあの時程辛いと思ったことはありません。
私ら夫婦に取って今まで経験した事無い危機がそこにありました。

それはある夫婦喧嘩から始まりました。
それも今回はありきたりな話題ではなくとても重い話題。

子供についてです。

既に私らはいい歳になり子供はとうにあきらめているつもりだったのですが、
年に数回は思い出したようにパートナーであるパートナーのやりきれない思いが
心の叫びとなり喧嘩に発展します。
積もりに積もっていたのだと思われます。

こういった原因を作っているのは私です。
全て私が悪いのです。

これについての結論から言うとズバリあの時に立たないことが原因にあります。
心では愛しているのに体が反応を示しません。
その理由がまったく分らなかった。
病気だと核心もしていました。
夫婦として営みが出来ない辛さが募ります。

何十年と連れ添い、気持ちも夫婦であろうと思っているはずなのに
体がまったく言う事を聞きません。

当然私の症状(性同一性障害)が分っていれば納得出来る状態だったのですが、
当時は、調べる術も無く、ただただ自分はダメな人間だと思っていました。

そして、その日はやって来ました・・・

どんな夫婦喧嘩でも終わりは私が謝ることで収まることがほとんどなのです。
しかし、今日の喧嘩は執拗な彼女の突っ込みが鋭く痛かったこともあり
とてもとても白熱したものでした。

それは深刻な離婚レベルと当時の私は判断しました。

丁度この時期、私の心は崩壊を迎え自身の心の中にある
女性としての性について考えている時期でもありました。
つまり男の体であることを我慢することが出来ない状態になっていました。

これについての経緯は前項で述べた理由があってのこと

と言うことは、精神的にとても不安定な状態です。
タイミング悪く彼女が丁度凄む場面あり、
その瞬間私の心の中で何かが弾け飛んだのを感じました。

気がついた時には既に言葉として私の心の現状を発信していました。
よほど精神も限界に近かったのだと思います。
言った後で後悔はしましたが後の祭りです。

性同一性障害かもしれないということとホルモンに手を出していることも告げ、
私はその上でパートナーの動向を見る事にします。

彼女は始め私がふざけていると思ったらしく不謹慎な話題を上げた私に激怒しました。
次第にそれが本当のこととしるや今度は自身の言動、行動が私をそのように壊したと
勘違いしているようだったので、この障害のことを全て話すことにし、
パートナー自身が悪い訳ではないことを告げました。
しかし、中々納得してはくれません。
いつしか最初のメインの話題は消え失せていました。
彼女自身、私が振った話題の方が遥かに深刻と捉えたのだと思います。

何とか上辺だけは理解してはくれたようですが、次に今後の事に付いて話し合 いました。
ここまで来たら別れる覚悟で全て話すしかありません。
私の現在置かれている現状を延べ、それに対し彼女がまったく理解を示さなければ
別れを切り出されることも考えなくてはなりません。

簡単に言ってるように聞こえますが、もちろん絶対別れたくなどありません。
ですが、相手の気持ちを考えればそのような展開も視野に入れなくてはいけない。

早速、私のこれからについて話します。

1)今後、全てにおいて男装ではなく女装(女性)で生活したい。
2)ホルモン療法を続けて行き最終的には性適合化手術を受けたい。
3)当然、私の無理なお願い、受け入れられないのであれば
  家を出て行くのは自分とだと告げます。
  もちろん今ある財産は全て彼女に託し、
  安定するまで生活面のケアなども視野に入れる覚悟の上です。

以上の内容をパートナーに言いました。
正直、こんなことを言う自分がとても許せません。
とても不謹慎とさえ思えます。

しかし、告げず自分勝手に進めていくのはもっと許せない。

選択肢としてはどちらも人として最低です。
これが倫理として反するものぐらい分かっているつもりです。

しかし、コップからこぼれる水と違い私のそれはダムの欠壊レベル。
脳で考えるより心が先に語っている。
まさに今はそんな状態です。
既に自殺未遂も経験している程深刻な状態。

パートナーはまだ私が何を言っているのか完全には把握していない感じがします。
とりあえず彼女にとっては要求内容は現状どれも受け入れられる程心の余裕は無い。
このお願いが到底受け入れられないものであることは重々承知しています。
しかし、私にはもう後戻りすることは出来ないところまで来ていて
正直、女性 に戻れるのならどんな手段を使ってでも
例え死ぬかもしれないと分かっていても願いが少しでも叶うのなら
その渦中に飛び込むしかないと深刻に考えていました。

たぶん自身でも分からなかったのですが、
それ程までに自身の何十年と保っていた抑制力が壊れたのだと思われます。

お互いに考える時間が必要となりとりあえず普段の生活に戻ります。
当然、普段の生活とはいえ前日とはまったく違う朝を迎えます。

そしてここからが私らの地獄のような日々が続きます。
毎晩、怒号と号泣と喧嘩の毎日。
お互い折り合いがついたと思いきや次の日にはもう別れ話、
永遠とも思える程 そんなことの繰り返しです。

日々思うのはこの地獄は抜け出せないんじゃないかと思えるほど悲しみと不安、
怒りと怒号、静寂と虚無が混ざりあい嫌な気分が何ヶ月も続きます。

全て私が悪いのです。

君はまったく悪くない。
思い出が走馬灯の如く駆け巡ります。
今まで2人で過ごし腹を抱えて笑いあったあの日のこと、
海外の深夜のビーチ で満点の星空を見て感動したこと、
スキーではしゃぎまくって彼女を粉雪に放り投げて遊んだあの日、
2人でツーリングをした時立ちゴケした彼女のブレーキがあっちを向いてしまい
途方に暮れたあの日。
そう言えばはじめてデートした時って那須にツーリングした時だったなぁ。

こんなことになってしまいそんなことを思い出し私は大粒の涙を枯れる事無く流します。
後から聞いて分かったこと、パートナーも同じ様に過去を思い出し
2人がまだ普通に暮らしていた当時を思い出し泣いていたと言います。

私はなんて罪深いのだろう・・・
でもどうすることも出来ません。

今更素に男になるなんて出来そうにないです。
そして今日も2人で泣き崩れます。

とはいえ一歩といえない半歩にもみたない距離ではありますが、
徐々に時間を掛けてお互いが歩み寄りを開始するのを感じます。

そして気がつけば1年以上が過ぎ、この頃には私は家での女装があたりまえの姿になっていました。
また、土日もどちらかは女装外出するのが日課になったことと、
平日も常に会社では、ナチュラルメイク、マニキュア、髪型は女性の髪型で長髪、
服装はユニセックスで出勤するのが今では自然なスタイルになりました。

とりあえず地獄は続いていますが、”毎日”の地獄だけは何とか抜け出せたようです。

パートナー曰く、私がどんなに変わろうとも心の中には男だった頃の私がいるそうです。
彼女はこんな私の為に変わろうとしているようです。
私も彼女がしてほしくない所では男でいる努力をしています。

しかし、さすがに制御が効かなくなっている私は、たまにそれが死ぬ程苦しく辛くなる時があります。
つまり会社や近所では普通に男として生活を切望しているパートナーの為、
人前では男のフリで毎日を乗り切っています。
しかし、家に帰ってくると気がゆるみ我慢している行為に絶えられなくなり泣き崩れる毎日。
最近やっと落ち着いては来たものの慣れることは絶対ありません。
ほんとめまぐるしい1年でした。

カミングアウトは今がはじまりです。
私がカミングアウトをしなくてはいけない方々はまだまだ大勢います。
相談した相手はきっと困惑したり迷惑と感じたりするかもしれません。

また、ユニークな存在だけに好奇な目に晒されることとなり辱めを受けるかもしれません。
それでも必要と感じればカミングアウトはしていくつもりです。
現在、実の母と親友(友達)、会社の上司と同僚、他部署の上司にはカミング アウトは済ませました。
皆、困惑と不安が入り交じった複雑な面持ちで私の話を聞きます。
友達に関して言うとある友達は概ね受け入れ、そしてある友達は着いて行けず去る事になり、
また、ある友達には理不尽な対応をされ私の方から別れを切り出し、
受け入れたと思っていた友達は後に意見を覆し結局別れることになりました。

見ての通り有意義な結果など出せません。
と言うのも相談を受けてくれた方々が上辺だけの理解なのか心底理解してくれているのか
その場ではまったく分からないからです。
とは言え相談しないことには何も始まりません。
私の今の現状を丁寧に話して理解してもらうしか方法は無いのです。

会社の方は今のところ否定的な意見はありませんが、
今後の為にもまだまだ慎重に説得して行くしかなさそうです。
ここまで結構な人数の方達にお話しました。
興味深いのはクリエイター色の強い人は全然問題なく今まで通り接してくれています。
それはそれでありがたい結果として大事にしていきたい。

理解されなかった方々にはほんと申し訳なく思っています。
貴重な時間を割いていただいたにもかかわらず私の説明ベタのせいで
不愉快な思いをさせてしまいました。
またそういう方の中には脳では理解しようと努力したが、生理的に受け付けな い方達もいると思います。
これはどちらが悪いという訳ではありませんが、
相談した事で不快な思いをさせてしまっていたら大変失礼しました。
この場を借りて謝ります。
ごめんなさい。

でもね、正直に言うと理解されないって相当辛いです。

実家の母に関しては申し訳なさで心が一杯になり涙が止まりませんでした。
全てを母に話、相当驚いてはいましたが、母は許してくれました。
とても嬉しかった。
しかし、母もその時は気が動転していたんでしょうね、
何ヶ月かすると露骨では無いにしても否定的な意見も混じり始めます。

辛い・・・結構辛いです。
肉親にそれも母に否定的なことを言われるのは結構きついです。
ただ親として子の未来を考えてのこととも理解は出来ます。
これもまた、時間を掛けてゆっくり話し合っていくしかないのでしょうね。

ところで、パートナーから止められている実家のお義父さん、お義母さんと
兄弟、甥っ子、姪っ子にご近所の方々、自身の会社の人全員(一部を除く)には知らせていません。
もちろんこれは要望なのですが、最近、どうやらそうも言ってられなくなって きました。

体がホルモンで変わり始めてるようなのです。
隠し通せる程人の目は緩く無いですよね?たぶん・・・。
私としてはこうなった以上全員に知らせていくしかありません。
もし隠して生きたいのであれば全てのしがらみを捨て1から別な土地でひっそりと
只のおばさんとして暮らしたいとさえ思っています。
きっとパートナーに離婚を突きつけられてたら絶対そうしていたと思います。

でも彼女は私と言う特異な存在を選んでくれました。
当然、今まで通り夫婦として暮らす事を考えるということは、
皆に現実を分かっていただきそれに合わせた生活スタイルを構築して行くしかありません。
とても辛い決断ではありますが、今の私にはそれしか方法はありません。
なのでじわじわとですが、徐々に許せる範疇でカミングアウトする人達が増殖中です。

ただ、パートナーとしては、実の父には死んで言わないで欲しいそうです。
当然ですよね。
正直寂しいですが、それもまた親孝行と言えるのかもしれません。
どこまでごまかせるか分からないけどやれるところまでやるしかない。
とはいえ兄夫婦にはバレかかっています。
久しぶりに会うとやっぱ相当変わってるように見えるらしいね。

まだ嵐は吹き止んではいません。
でも一歩一歩前に進むしかないようです。
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

秋葉原deお買い物

保管No.7:2011年 6月 14日 (火)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


秋葉原deお買い物

電化製品って壊れ始めると何故か1つでとどまる事がないように思えません?
ボクのウチもそのスパイラル状態にあるようです。
月一で壊れる電化製品にムンクのような叫びが響き渡ります。

始まりは春先のまだ寒い日でした・・・

朝のコーラが日課のボクは起き立てで眠たい目をこすりながら
冷蔵庫を開けコーラに手を伸ばします。
その瞬間!何とも表現し難い匂いのオンパレードにボクの鼻は悲鳴を上げました。

それに2Lのコーラが"生温い"のを肌で感じ、まず思ったことは『逝った』な
そう、冷蔵庫が逝ってしまわれた。

あぁ思い起こせばパートナーと結婚する時の三種の神器だったねぇ・・・
起き立てなんで頭はまだフル回転せず反応鈍し。

こんな日が来るなんて、徐々に目を覚ましボクはある重大な局面を迎えます。
「コレ、いくら掛かるんだぁ!?」何かもうガスが抜けたレベルじゃ無さそう、
あきらかに新品購入の文字が頭を過ります。
パートナーは既にこうなることを知っていたらしくあまり鈍い対応。

なんでも兆候は随分前から出ていて騙し騙し使っていたらしい。
まぁいいでしょ〜壊れてしまったのだから買うしか無い。

と言う事で次の日(休日)、早速秋葉原のヨドバシカメラへ直行!
目指すは家電冷蔵庫売場です。
毎度の事だけど目的の場所に行き着く前に色んな誘惑があり中々前に進まない。
ゲームコーナーだけはすぐ購入しちゃうので足早に立ち去ります。

でもビューティーコーナーだけはマズったw
マジはまっちゃいましたぁ *‘ー‘)ゞ
何か無駄に購入してしまったみたい。
ノーノーヘアって言いましたっけ、あれ買ってるボクら。

ちなみに・・・
コレ、家帰って早速使ってみたら壊れてました。
初期不良ね。 泣)
レーザー脱毛にしておけばと既にがっかりムードです。

そんなこんなで冷蔵庫売場に到着。
うわぁ値段高いよ、冷蔵庫って最近はこんな値段するんだぁ。

「昔からこのぐらいはしたよぉ」っとツレの先生から指摘が入りました。
(すいません任せっきりにして何もしりませんでした)

とはいえちょっと高過ぎるかもぉーとパートナー。(何だ高いんじゃんw)

そしてパートナーの各社冷蔵庫の考察が始まります。

んー長い長い -`ω-) どっちですか?
ばたばたと慌ただしく走り回るパートナー。
さすが主婦です。

主夫の方は各社冷蔵庫の扉を開閉して遊びまくっている。
(相変わらずダメな奴だ。ってボクか ω・`)

で、結局ウチの大蔵省の結論、「価格.comで購入しましょ!」

へっ?

あーゆーのって保証大丈夫なのかねぇ?
ちょっと心配だったけどノーノーヘア代も浮くし、
まぁそこで買ってみますかね

結論が出たところでちょっと落ち着こうということになり、
取りあえずヨドバシを出ます。

この辺でお茶する所といえば大繁盛のあそこか・・・。
でもいつも混んでるから入るの躊躇してしまう
その名も「ガンダムカフェ」とにかくそこへ向かおう。

gundamcafe.jpg

今となってはそれほど珍しい情景でも無いが、あの店の無機質感が好き。
ただ余計なフィギアとかくだらない映像は必要無いけどね
あくまで景観にこだわるべきと感じる。

ヨドバシから西に向かい高架線を潜って左に出るとカフェは目と鼻の先、
決まっていつもはここで列をなしている。

おっ、今日はガラガラぁ~ラッキ~ィ▽≦*)ノ

とりあえず1組待ちで早速店内へ・・・
ブルーな空間の方に通されました。
やっぱ落ち着くよねこの色は、さすが犯罪抑止力色なだけのことはある。

この手の茶店にしては珈琲旨いと思う。
「楽しみは店内だけでは無いのだよ」そう味も良しです。
ジャブローコーヒーだったね確か。

gundam_cafe2.jpg

程なくして帰路につくボクら。
結局、ネットでポチッと冷蔵庫を購入しました。

結果、高い買い物だったけど良いもの購入出来ました。

そしてそれから数週間後のこと、それはやって来ました。
恐怖はヒタヒタとyuki家に忍び寄ります。
次の月、ファンヒーターが逝きました。
さすがに寒かったけど着込むことで来年持ち越し購入!
我慢で切り抜けます。

で、次の月は風呂の制御パネルが逝った。
制御パネルは風呂とお勝手にあったけどやっぱ使い辛いので
最近やっと新しいもの購入しました。
出費がかさむよ。

次はオーブンレンジぽい気がするが・・大丈夫かな?
とても怪しい動き。

皆さんの家ではどうですか?
ボクの家はまだ出て来そうな気配ありです。




  
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

IKSPIARIの天井検証

保管No.6:2011年 6月 12日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


IKSPIARIの天井検証

はっきりいってどうでもいいつまらないことにこだわる人っていますよね。
私もその1人・・・ ▽ ̄〃)エヘッ

先週のVenusFortの天井が気になって気になって夜も眠れません。
先週の流れ:「VenusFort」と「IKSPIARI」の天井の雲柄が似ているらしい件。

寝れてないのは前日酔いつぶれて変な時間に寝て変な時間に起きたからだね
これでは仕事に疲れて酔いつぶれたおっさんとなんら変わりはしません。
おっさんが抜け切らない私には当然な話か? □ ̄;)

さて、「VenusFort」と「IKSPIARI」の天井パクリ疑惑・・・どう見る?

その前に午前中ある場所に立ち寄る用事があったのでまずはそれを済ませます。
もちろん妻を巻き込んでの行動です。
その後、疲れたので近くに大きな公園があるのでお散歩がてら休憩。
朝が早かったんで車中で一寝入り。
と言っても30分ぐらいです。
そんでもって起きたらやはり化粧の融解現象が現れていました。
しかし、今日はいつになく酷い顔だぁ目の下の"熊子"が酷過ぎる。泣)
下地から始める訳にもいかず下手な修復を施し、一路IKSPIARIに向かいます。

でも腹がへったのでまずは道路沿いの回転寿し屋で寿司をいただくことに。
先週の泊まりが響いているせいか今月は休めなランチメニューですね。
その分、ディナーは気持ち奮発しようと思います。

In_the_park.jpg
(VenusFortで仕入れた服が着れました)

IKSPIARIに到着した一行は早速問題の天井を目指します。
が、やはりこの状況とても不味い事に?
目に飛び込んで来る底知れぬグリード(欲望)の恐怖!
そこへ向かう以前にいろんなショップに立ち寄るはめに・・・。
まぁ当然な行動なんですけどね。
それも今月の給料が見えていないのに
既に底の見えたお小遣いを理解していない私。笑)
そして何か物色開始!w
似たような服購入成功!(妻に指摘される私 _^;A)
好きなスタイルは貫きたいでしょ

しかし、今日は女性店員によく声掛けられるのだ。
もうパス出来て無いので会話が成立する頃には
あきらめから喋りがもろおっさんになっている今日この頃w
しかし、出来る店員さんは違うよね、眉1つ変えず接してくれる+美人です。
「あぁ日本人っていいなぁ~♪」(和風総本家から)

いろんな欲望を経て、やっと問題の場所に到着する一行。
早速天井の検証開始!
自分の記憶と照合するもVenusFortとIKSPIARIのイメージにブレがあったようで、
この二つ=(イコール)になりません。

※ここで写真のはずが、IKSPIARI、Venusfort、 data 消失 泣)

あきらかに雲の量と明るさが違います。
結論!「似て異なるモノ」こんな感じでしょうか・・・_ー;)
相変わらずつまらん事に首を突っ込んで、得る物は無し!

それとよくよく思い出してみると世の中にこんな天井一杯あったよね。
ほんとつまらないことにこだわるとロクなことにならないねぇ~
時間の無駄だった。笑)

気を取り直してウインドウショッピングでもしますかねぇ。
辺りが暗くなって来たのでディナーして帰ります。 (≧∇≦)


<当時のコメント>

はじめまして
はじめまして、
私のコーデも色々混ぜこぜで着こなす方なのでyukiさんの着こなし方見ていてとても参考になりま す。
Gabriel Chelseaは私も好きで着ています。組合せそれほど異質な感じはしませんよ、とても素敵で す。ヴィーナスフォートもプレイスポットなので好きなブランドも自然にかぶります。
これからも遊びに来ますのでよろしくです。
あゆむ 2011年 6月 13日 (月)

Re: はじめまして >どもですあゆむさん
おぉ THE GABRIEL CHELSEA ファンの方ですか
中々お目にかかれないので嬉しいです
クロス派の人がいてくれるだけで満足ですよ 私のクロスはあまり褒めたものではありませんが それでも認めていただけて感謝なのです ▽^〃).: ☆アリガト~☆:・
また遊びに来てくださいね~♪ yuki 2011年 6月 13日 (月)

 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

月末の金のない日は公園で

保管No.5:2011年 6月 11日 (土)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


月末の金のない日は公園で

私の場合、金遣いが荒いせいか月末までお小遣いが持たない事がほとんど。
そんな日は決まってコストパフォーマンスに特化した大型の公園で散歩です。
家が比較的海岸地域に近い事もあり市で運営している海浜公園などで
のんびりと過ごすことがあります。

そう言うのキライではないです。
むしろ元々がアウトドア派だったので心和みますね

そう言えば過去にこんな事がありました・・・。

冬のある日、その日はショッピング予定日。
しかし、月末で毎度毎度お金が無くピーピーです。
そこでお金の掛からない公園散歩という手段で
気持ちだけでもリラックスしようという作戦に切り替えました。
別に理由はありませんが、本日はクロス系で男モードで行くことにしました。
がっ、さりげなく流すつもりの男メイクが少々濃かったようで
キモさが一歩前に出てしまったかもしれない。
妻にこっぴどく怒られたけど面倒なので強硬突破!

海岸に面した公園のせいか風が強く骨身にしみる程寒く体に応えました。
それにしてもカップルの数が半端無く多いです。
そして観覧車は大繁盛!夕焼けもそこそこキレイでした。
うぅ~「金無いけど観覧車乗りてぇ~」思わず口に出してしまった。
チラッ!(妻の顔を覗き込む)
何か言ってる!
ダメ出しでましたね

追記:これは金銭面うんぬんより中途半端な化粧をしてることが原因だったんです。
ただ化粧と言っても分らない程度に内側にアイラインを引いただけなんです。
当時の妻はそういった事にも神経を尖らせていましたね
嫌悪感をぬぐい去る時間を当時の私は膨大に感じていたでしょうね


海岸線を歩いていると岩場付近で猫たん発見!
むむっ?一瞬猫たんから目を逸らし今一度猫たんに目をやると
こつ然と姿を消していた??

どうやら岩場の隙間に隠れてしまったようですね
岩場といってもでかい岩場な訳ではありません。
ほとんど地面に沿った平らな岩場で海水の浸食からトムとジェリーに出るような
穴アキチーズをもっと複雑にしたような造りなっています。
そのチーズ穴のような入り組んだまるで迷路の様な場所に
猫たんは何らかの目的の為に入ったに違いありません。

10分程でしょうか、猫たんが地上に舞い戻って来ました。
カニでも食べていたか?潮が引いた後の魚でも物色していたのか?
なんにせよ彼らの秘密基地には興味をそそられます。
写真撮りそびれた。泣)

観覧車に灯が入り公園は一層ロマンチックさを醸し出しています。
ただ周りが暗くなるにつれ寒さも倍増!
とても観覧車のネオンの舞を見る程その場にいる余裕がありません。

そろそろ帰る時間です。
車に乗り込みさぁ出発!

ん?

皆考える事は同じだったのね駐車場の出口に車が殺到!
おかげで無駄に駐車料金が超過してしまった・・・泣)
世の中、金が無い時に限ってこんなもんです。笑)


  
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Crossover  

Comment (0)  

GID学会とVenusFort

保管No.4:2011年 6月 8日 (水)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


GID学会とVenusFort

先日、大崎の「ゲートシティ大崎 」でGID学会という
「GID 医療をより身近なものに」と銘打ったシンポジウムが開かれました。
お題は色々ありましたが、まずは自分の置かれている状況を把握する
良い機会と思い参加してみることに・・・。


kanban_20140130021339caa.jpg

(GID学会出入口にて看板発見!)

終わってみて一言「とても興味深い講演」かな。
ここで各お題に対する自身の感想を述べるのは止めておきます。
個人のブログとはいえ偏った意見になるのものと推測します。
良くも悪くもそういった意見は演者の方の邪魔になるだけなので。

今回の講演、全体的にはとてもまとまった良いシンポだと感じました。
次回は岡山らしいです。
ちょっとそれは、無理かな?遠いね。

当事者の皆さんも多く参加していたようで
中々興味あるプログラムもいくつかありました。
視聴者である同じく当事者の皆さんも多く来られていて
皆真剣に聞き入っていました。
皆さんとても堂々としていてカッコ良い方ばかりでしたね。
体調不良で目の下に"熊"がいる私と違って
皆キラキラと光っていました。

今回、私が女性として外泊するのはこれが初めてだったので
面白かったと共にこう言う事も経験として蓄積出来るで嬉しかった。

そう言えば・・・
初日の講演後、親睦会みたいなものをやるようでしたが、
私は出席しませんでした。
まぁ理由はいたって簡単、風邪気味、
寝不足だったので酒入ったら確実に寝てしまう。
本当であれば、このブログのテーマからすると
参加していろんな方達とお話するのが筋なんでしょうね。
次回行ける機会があったら今度は必ず行きます。
まぁ次回岡山は地理的に無理ですね。

2日間の日程を終え、3日目。
この日は有休を取っていたので車でゆっくり帰宅予定。
朝、結構寝れたせいか今日はちょっと調子良い。
どうせなら帰り道だし久しぶりにお台場に行って、
VenusFortで服を物色しようということになり
一路レインボーブリッジへ出発!

ここって造りがIKSPIARIに似ている。
系列が同じなのかな?
でも同じオリエンタルランドグループじゃないね
って、よく分からない話で引っ張るのはよそう (;゚∀゚

そう言えば見たいブランドがここVenusFortには一杯あったのだ。
もちろん今日は女装日なんでレディース漁りです。
VenusFortは、女性専用モールという事もありちょっと浮き足立つ私!

ムルーア、マウジー、リップサービス、
ガリアーノファクトリー、ストレンジラブ、YVES、
そこそこ大きいヴィレヴァン、等々。
正直、もっと好きなブランドはあるけど体形上着れないものばかりです。泣)

今月はホテル代で結構カツカツだからあんま買えないかなぁ?。 (´・ω・
まぁガリアーノファクトリー以外はそんな高額ではないね。
マウジーに至ってはアズールでファストファッション化してるしね。
何とかなるかなぁ・・・?
いやいや我慢するところは、我慢。
今日はなるべくウインドーショッピングに徹しよう。

がっ、次の瞬間!
我慢出来ずにトップスとアクセ買っちゃっう私。汗)
物欲が抑えられない。


でもね、せっかく来て何も買わない方が普通ありえないよね



<当時のコメント>

はじめまして
始めてコメントさせていただきます。
GID学会、私も今回初めて参加しました。yukiさんもあの会場のどこかにいらしたんですね。 いろいろと分からなかった事や面白い話しが聞て勉強になりました。
特に興味を引かれたのは、昔は第三の性が認められてた地域がいろいろあったと言う話しです。本を 借りて読んでみようと思ったりしています。
yukiさんの女装のふっくらパンツとてもかわいいですね。
ココ 2011年 6月 8日 (水) 

Re: はじめまして
ココさん はじめまして♪
コメありがとうです。
先日のGID学会にいらしてた方なのですね コメ内容見ると第3の性あたりの話は私も聞いているので ひょっとしたらどこかで会っているかもしれませんね♪
そう思うと色々と想像してしまう。 * ́∀`)ノ かぼちゃパンツは私の女装スタイルの1つですね。
(写真削除済み)
骨格が隠せるので手放せません。汗) お褒めいただき感謝です。
これに懲りずにまた遊びに来てくださいね♪ ありがとうございました。
yuki
yuki 2011年 6月 9日 (木)


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: GID

性同一性障害(MtF)の夫

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: GID

Tags: Crossover  

Comment (0)  

給料日後の休日は裏原へ

保管No.2:2011年 5月 30日 (月)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


給料日後の休日は裏原へ(Yukiファッションの原点)

AntiquityGothic_b.jpg
(追記:今見るともの凄い恥ずかしいものがある・・・何だろこれは?)

私は最初からクロスオーバーファッションをしていた訳ではありません。
ここに至までは歴史があり何故そうなったのか理由もあります。
実は性同一性障害と密接な関係があるのです。
最初に言っておきますが、コレは私に限ったことであって
クロスオーバーファッションをしている全ての方々も
同じ経緯を持った人なんだと勘違いせぬようお願いします。

結婚以前は、主に革ものでミリタリーものばかりあさってました。
加えて当時流行っていた第二次バンドブームに乗り
グラムロックやパンク系といった格好もしていましたね

今はおじさまだけのモーター系ファッションも当時は斬新なのばかりで、
当時、上下で20万近く掛けて北斗の拳も真っ青なゴツいショルダーパッド付き
バトルスーツを仕込んだのもこんな時期だったなぁ。笑)
それ+Simpsonのヘルメットとバンダナに袖無しGジャンが主流で
見た目まんまマッドマックス化が流行ってて、
私も思いっきりそれに乗っかってたそんな世代でした。

まぁ当時の私はあえて男らしさをアピールしたかったんでしょうね
あくまでカモフラージュとして、心とは裏腹です。

そうは言っても髪は腰まで伸ばしていて昼は男モードで
夜家では長い髪を利用して女装していました。
今思えばほんと中途半端で粗悪でしかありませんが、
それでも心は救われる環境だったと思います。
なにせ一人暮らしでしたからね。

結婚してからはほとんどそういったものに手を出すこともなくなりました。
普通のおじさまを目指していましたから。

このグウタラ感、凄い楽だったな
着るもの何も考えなくて良いからね
でもねそれに比例して全てがオヤジ化の道へ突き進んで行く感じは
端から見ていて悲惨であるが悲壮でもあった。
今思うとあの頃の私は、哀愁と加齢臭漂う
最悪の自分を演じきっていたと思います。
自分の容姿を見てはいつも死を覚悟していました。
体重ピーク時は95kg以上ありましたからね。
当然成人病も幾つか兆候が現れていました。

常に思っていたのは「生まれ変わり」
早く死んで次に生まれる時は絶対女で生まれるんだとね
だから病気での死をある意味望んでいた経緯はあったと思います。

相も変わらず悲観した人生観。

そして月日は経ち、自我を取り戻した現在・・・

アンチエイジングを目指し日々努力することに加え自己のファッションも進化しました。
ただあまりに抜きん出る存在に周りは目を白黒させる内容だったと思います。
体重もピーク時からみれば30kg以上落ちましたしね。
クロスオーバーファッションは誰が見ても個性的でしかないファッションです。
色んなものを取り込み形にしていくクロスオーバーファッション。

世の中から理解されにくいファッションではありますが、
これ程冒険心をかき立てるものはありません。
何故ココに至ったかは今の自分の環境がそうさせたのだと思います。
心と体、男であり、女であり定まらない定義の中で生きる自分を見つめ
自然に身についたものと推測します。
始めた切っ掛けは、パートナーとの取り決めで普段人前では
男モードでいることを約束することで自分に縛りが出来、
その足掻いた結果が今のファッションに繋がっていったと思われます。
最初は無我夢中でしたが、最近は要領良くなったように思えます。

ただやはり本質は女、女性として生活出来るのが私にとって一番。
たぶん全てが女性として生活出来るのであれば
私独自のクロスオーバーファッションは成立しなくなるでしょう。
というのも女性として当たり前のように埋没することがGID MTFの夢。

まぁ地道ではありますが、最近は土日のどちらかはクロスオーバー系、
で、残った方を女装外出日に振っています。



私は給料日後によくパートナーと一緒に渋谷、原宿、青山、麻布周辺、
アウトレット各所、各ファッション系モール等をよく練り歩きます。
特に昔から好きなのが裏原巡りです。

今の裏原、微妙に昔と顔つき変わりました。
それもまた個性的な一面であり、変わって行く裏原も好きです。

たぶん時代が変化してもこの趣味(クロス装飾)を止めたとしても
私は裏原に通い続けるでしょう。




 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Crossover  

Comment (0)  

はじめに

保管No.1:2011年 5月 22日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)



保管にあったて**********

2013/04追記:『Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)』は、
2011年5月から始まった自身がGID(性同一性障害)として診断が下りた時期、
つまりジェンダークリニックでGID承認後の頃から始めたブログです。

当時は、いかにして女性として生活出来るか、試行錯誤していた時代。
既婚者であることから尚更ハードルが高かく人生に迷っていた時期でした。

GID で MtF の夫
亭主は女
性同一性障害者(GID)の旦那
ダーリンは女の娘
女になった主人

今となっては珍しくもなくなったスペシャルな言われ方ですけど
それが今の私です。

<カテゴリーの説明>
『Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)』は、こんな私の性別迷子時代の記録でした。
そしてそれに続く『Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡』は、本格的に
性別適合手術に加え、在職トランス、戸籍名変更といった行動に移した記録。
それら2つをまとめたこの『Caffè mocha おかわり3杯目』では、
まとめた物の他に、女性として生きる今を語ろうと計画中です。

**********



はじめに

Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)の当事者Yukiと言います。

hajimeni.jpg

このブログは自身が今一番苦しんでいる性同一性障害について
書いてみようとはじめたものです。

性同一性障害(せいどういつせいしょうがい)、
Gender Identity Disorder, 通称 GID は最近よく耳にする言葉ですが、
はるな愛さんや椿姫彩菜さんと言った
MtF(Male to Femaleの略で身体的には男性であるが性自認が女性の総称)
芸能人が有名ですよね

性同一性障害を簡単に説明すると一般的に言われるのが
「心と体の性が一致しない」ことを言うようです。
私もどうやらこの症例らしく只今ジェンダークリニックに通院中です。

ちなみにセカンドオピニオンも済ませ、紹介状も発行されホルモン療法までは
正規治療で受けられるようになりました。
当然ですが、ジェンダークリニックから性同一性障害者としての認定となる
診断書もいただきました。

しかし、まだジェンダークリニックからは解放された訳ではありません。
今後は、性別適合手術の為、家族を説得しジェンクリ先生と家族で話し合ってもらい
OKをもらった後、再びジェンクリの先生から推薦状をもらうと言う流れを踏みます。
何度か話し合う必要がある訳です。

長い戦いになりそうですね

実は私、ごくごく普通の結婚をした既婚者なのです。

子供はいません。

パートナーはネイティブであり普通の一般的な女性です。
既にカミングアウトから1年以上が経ち、
まともな夫婦生活でない事で色んな問題を抱えることとなりました。

どうしてこうなった?

結婚する以前、私はごく普通の男性として生活をしていました。
もちろん幼き頃より女でありたい気持ちを常に抱えながらです。
でもそれが奇異的存在に感じていた当時、
無理矢理軌道修正し、男らしく振る舞う様にしていました。

しかし、心の衝動は抑えることが出来ず家で隠れて女装をする日々。
そんな事を何十年と繰り返し、気がつけば結構な歳です。

そんな頃でしょうか、5年以上も付き合っていた彼女と
結婚することになりました。
ここで性指向うんぬん、何故女性と?など疑問が残る問いは
後々の項に話すとして、話を先に進めましょう。

これを切っ掛けに今まで押し入れに合った女物全てを処分し、
この病気(女でありたい気持ち)を本格的に治そうと躍起になります。

当然こんなこと妻には内緒です。
自分が異常と思える事を話せるはずもありませんし、
当時世間では病気ではなく変態(頭がおかしい)と思われていた内容。
相手が納得出来なければ自身の家族にも迷惑が掛かります。

結婚後、そんな病気と思しき気持ちを10年以上も封じ込めていましたが、
それも騙し騙しの繰り返し、それでも妻には知れず何とか来れました。

しかし、それはやって来ました。

ある日の事、父が他界しました。
それもありえない衝撃的な弔われ方をされた事で私の心に大きな傷を残します。

その後、覆いかぶさる不幸の連鎖のごとく鬱症状を患います。
原因は、今だから言える会社でのパワーハラスメントと言うものです。

仕事以外全てに対するやる気の無さと鬱積した気持ちが募り、
いい知れぬ不安ばかりが自身を包みます。
こんな事が1年以上も続き、時に足はフラフラと海岸線を向き
良からぬ願望もしばしば心に過ります。

仕事に熱中している時は掻き消せる感情も仕事が一段落する昼、
仕事が終わってからのそれからは、常にあるのは絶望感と死にたい感情。

既に2年近くが経つ・・・
この絶望感が何処から湧くのかが分からなかった。
と言うのも、この時期になるとパワハラの元凶はなくなっており
さすがに父の遺恨を残した死についても癒えるはず。

ですが、言い知れぬ不安と鬱積した気持ちは消えぬままです。
何故このような感情が芽生えるのか、まったく謎でした。

そんなある日、ふと思えた感情で凄く心が楽になる事を発見しました。
それは何か?
今まで封じ込めていた女性でありたいと思う感情、
この1年、父の死に不謹慎と我慢していた感情の1つですが、
どうもこれが引き金になっていたのは確実のようです。

それからです。
藁をもすがる思いでそれにしがみつきます。

次第に今までの鬱症状がウソの様に解消されるのが分かりました。
解消されたのは、言い知れぬ不安と訳の分からぬ鬱積した感情です。
去って行った事は良しとするべきでしたが、そんな余裕はありません。
逆にこの男の殻から抜け出せぬ憎悪にも似た感情のあり方が
通常の意識で抑制出来ぬ状態に変貌します。

一難は去りえど一難を迎える。

こうしてこの感情を制御する術を失い“重度”とも思える状態で
後に性同一性障害と命名される症例に悩まされる事となります。

そもそもこの感情は通常では制御出来るものではありません。
ですが、私が長い間制御出来たのにはそれなりの理由があります。
それは後の章にでも話しましょう。

まさか、それが新たな苦しみになるとはね・・・

この『感情を抑えられない』行く末ですが、
次に向かったのは、当然妻に矛先が向かいます。

カミングアウト。

当然ですが、お互い凄い喧嘩になったのは言うまでもないでしょう。
毎日発狂するぐらいお互い罵り泣いてそして悩みました。
この項で話すにはあまりに深く永い話になりそうなので
機会があればまた後にお話したいと思います。

性同一性障害とどう向き合うべきか?


私にとってこの症状、ここまで地獄のような
苦しみを味わうはめになるとはこれっぽっちも思っていませんでした。

ほんとに苦しく自分の醜い体を見る度に泣き崩れる日々。

訳が分からない・・辛い辛い辛い毎日。

街行く女性を見る度にその骨格と容姿に嫉妬し、ため息と目を伏せる日々。

今更とは思いつつも動かずにはいられません。

女性になる為にとにかく色んな事で努力をします。
それが例え、方向性が違うのではと思うことでさえ真剣に取り組みます。

次第に私の体は具合が悪くなり体調不良はもちろん極度の不眠を誘発、
嘔吐も頻繁になり気持ち的にも不安定になっていくのが分りました。

実はパートナーに伏せていましたが、正直、生きる事が辛く感じることもあります。
今現在だましだまし生きているというのが本音ですね。

結局、性同一性障害を発症する以前となんら変わりありません。
いや、むしろ症状はそれよりも悪化しています。

とにかくこの地獄と思える気持ちから抜け出すには
少しでも自分の体を女性側にシフトする必要があるようです。

外面的な悩みはそんな感じでしょうか。

次に内面的なお話したいと思います。

私はどうやら性自認は女性でありながら性指向もやや女性よりといった存在らしい。
この辺が自分でもよく理解で来ていない。

本当にそうなの??

ひょっとしたらAセク、バイセクじゃないか?とも考えられます。
Aセク=Aセクシャル(無性愛者)、バイセク=バイセクシャル(両性愛者)
自分のことでありながら自分がまったくもって分からない。
相当悩んでいます。

と言うのも今までリアルに男性を好きになったことはありませんが、
本人が望まぬ衝動期(自慰行為)に思い描く像は男性だったからです。

なぜその様な矛盾が生じるのか?
私にも全く分からない。

これは自慰行為のみに現れる現象で普通にしている状態では絶対にありえないものです。
実は女性ホルモンを始めたことで自慰行為そのものが低減したようで
当然、こういった思いも薄れる事になります。

そこまで分かっていても、自身の心に眠る深層心理がどういうものなのか分かりません。
「バイセクシャル」で「全性愛」もしくは「非性愛」かもしれない、
「ヘテロセクシャル」で女性でありながら女性への憧れを強く抱く存在で
「全性愛」もしくは「非性愛」かもしれない。
そもそもバイだのヘテロだの◯○愛?、一般の人が見たら何のこっちゃですよね
正直今となってはこの辺はもうどうでも良い事で、追求しようとは思いません。

こんな状態ではありますが、今も昔も私はパートナーを愛していることに変 わりなく、
色々ありましたがパートナーも私を愛してくれています。

それから最大の目標として、このブログを作るあたり私のような性自認と指向が同じで
『似たような経歴者』がいないものなのか?
というところからブログ立ち上げを決意しました。

つまり「もう一人の自分を探す旅」というわけです。

実はこのブログを立ち上げる前に数件私と似た経験者と思われるサイト主に
お声を掛けた経緯があります。
当時、日々の不安から同じような経験の持ち主から色々話を聞きたいと考え、
メールを入れたり掲示板などで呼びかけたりしました。

その結果、数人の方が問いに応えてくれました。

どの方も優しく接してくださり分からない事も多く教えていただきとても感謝したものです。
しかし、深く友達としてお付き合いするまでには至らず
肝心な事が聞けないところで終わりました。

まだまだ悩み苦しむ毎日をおくるのか・・・
長丁場になりそうです。

自身のブログで悩みを打ち明けていけばそのうち運良く
同じ志向、悩みを持った人や共感してくれる方達に会う機会もあるかもしれません。
ひょっとしたら実際会ってお話も出来るかもしれない。

だったら良いのに・・・。

そんな私が作るブログですが、これからも何卒よろしくお願いします。







<当時のコメント>

開設おめでとうございます!
ブログ開設おめでとうございます! ちょくちょく覗きにきますので、よろしくお願いいたします!
taka 2011年 5月 31日 (火)

Re: 開設おめでとうございます!
>takaさん
こんばんはぁ♪ ありがとうございます。 また遊びに来てくださいね (* ́▽`*)ノ))
yuki
yuki 2011年 5月 31日 (火)

 




 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: 愚かなる自分に宛てた手紙  

Comment (0)  

愚かなる自分に宛てた手紙

Caffè mocha おかわり3杯目

いろんなことがありました

何度思い悩み足を止めただろう
でも足を止めて分るのは
つまらない自尊心と空しさだけ

何度求めても絶対手に入らないもの
その為だけに歩みを止める自分

疲弊

空虚

断念

自傷行為に悲鳴を上げる自分がいる

もう止めよう

もっと自由に

もっと普通に

3度目の旅立ちに理由はもういらない
止まりたくないのなら
止まる理由はない

もう一度歩みを始めよう
何度疲弊しようとも先へ進もう

3杯目の珈琲を嗜む為に
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。