Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

海中から見た水面のような鱗雲

保管No.104:2011年 10月 19日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


海中から見た水面のような鱗雲


uroko_kumo.jpg


ダイビング中
水中20m付近から上を見上げると
まさにこんな感じ

ゆらゆらと水面に漂う無数の太陽の光
怖いと思うぐらいその光に吸い込まれる

逆にこうべを垂れるてみる
それもまた吸い込まれそうな闇が広がる

秋の雲
意外に遊べる


p.s.ちなみに歌詞はボブディランの『風に吹かれて』
今回の話になんら関係はないが歌詞としてレイアウト
いつもながらただなんとなく抜粋
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

ハイドラ

保管No.103:2011年 10月 18日 (火)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


ハイドラ


hydra.jpg


ギリシャ神話で9つの頭を持つ怪物で知られるハイドラ
正式名称はヒュドラとも言われている
何となく今日はそんな感じ

降り注ぐ陽光に9つの首が対峙する
心地よい
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

ボコボコの雲

保管No.102:2011年 10月 17日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


ボコボコの雲


bokobokonokumo.jpg


今朝の雲は体内で誘爆したような不可解極まりない雲だった
これだから秋の雲って面白い

テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Go out(外出)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

武甲山の雲海

保管No.101:2011年 10月 16日 (日)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


武甲山の雲海


bukouno_unkai.jpg


昨日秩父に行った時の一枚
超最悪の天気だった
当然、暗いのが苦手な iPhone4 ピンが合いません
もう1つの携帯 Exilim 12.2 も暗いのが苦手
せっかくの遠出もこれではねぇ~ ┓(¯∇¯)┏

今日の調合はちょっと合成エキスを増やしてみよう
ついでにありえない逆光処理も"色濃く"味付け

んーっ品がない穴埋め処理ぽい (^_^;A
携帯は撮るのは楽だけど後処理が大変

冴えない山並みに少しは活気をと思ったけど
結局、元画像の悪さはどう足掻いても解消されないか...
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

キンモクセイが終わる頃

保管No.100:2011年 10月 14日 (金)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


キンモクセイが終わる頃


kinnmokusei.jpg


側で嗅ぐとむせ返るキンモクセイ
ほのかに香る分には心が和む

先週まで勢力を伸ばしていたキンモクセイ
今週に入った途端香りが無くなった
良く見ると木の下には
山吹色の小降りの花が散乱している

キンモクセイが終わる頃
北風がこちらを覗き込み満面の笑みを浮かべる
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

木漏れ日

保管No.99:2011年 10月 13日 (木)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


木漏れ日


komorebi.jpg


ビルが建ち並ぶ公園にも木漏れ日ぐらいはある
夏の照り返しが激しい陽光とは違い秋の陽光は優しさがある

木漏れ日に揺れる影がゆらゆらと雄弁に語りはじめる
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Go out(外出)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

街中を歩く

保管No.98:2011年 10月 12日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


街中を歩く


machinaka.jpg


とてつもなく退屈な街を歩くのが好き

ただの曲がり角
普通の並木道
どおってことない坂道
ありきたりの商店街

最初はつまらない
でも二度三度同じ道を行き来していると
その道の味が染み出て来る

じんわりとぼんやりと
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Go out(外出)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

麻布十番の夕日

保管No.97:2011年 10月 11日 (火)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


麻布十番の夕日


azabujyuban_yuhi.jpg


仕事で訪れた麻布十番
足を止め夕日を眺める

この時季の夕日はつるべ落とし
足早に通り過ぎます
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

魚影の群れと東京タワー

保管No.96:2011年 10月 10日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


魚影の群れと東京タワー


gyoeinomure_to_tokyotower.jpg


秋の鱗雲は群れを成す
空一面集まりそして散らばる

小魚の一団が現れた
でも今日の群れは崩れ気味

レシピに足りていないもの
秋に深みを加えていない
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

たそがれ

保管No.95:2011年 10月 9日 (日)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


たそがれ


It-remembers-a-lot.jpg


思い出が通り抜ける
風と共に 雲と共に
思い出が作られる
たそがれる光と共に
立ち代わる闇と共に
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

工事現場と雲

保管No.94:2011年 10月 8日 (土)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


工事現場と雲


koujigenba_to_kumo.jpg


どうしてここに...
工事現場に連れて来るのかな?
そう言えばここ眺めが良かったけど
ビルが建つんだね
いい場所だったのに残念
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

風渡る

保管No.93:2011年 10月 6日 (木)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


風渡る


kazewataru.jpg


とても清々しく大気が澄んでいる
春の大気もいいけど
この時季の秋の大気も心地よい
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

ふわぁ~しゅわぁ~

保管No.92:2011年 10月 5日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


ふわぁ~しゅわぁ~


stywaaaa.jpg


多分、そんな感じ
それと気持ちいい青があれば完成
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

見えるもの

保管No.91:2011年 10月 3日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


見えるもの

mierumono.jpg


そこに行きたい
そこへ行きたい

見えるもの
全て眩しい
見えないもの
その後の事象

恐れを知らないことは無謀
しかし恐れを感じたら先は無い

やることは単純
でも実際は痛みをも伴う

痛いのは体
いえ痛いのは心

心の闇から見えるもの
眩い光
そこに行きたい
そこへ行きたい
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Poetry (GID)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

上を向いても

保管No.90:2011年 10月 2日 (日)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


上を向いても

ueomuitemo.jpg

涙が止まらない
上を向いても止まらない

頬に伝うしずくを感じながら
自分の思いも感じている

刻むように
塗り重ねるように

頬に伝う感触は記憶に変換される

くすぐったさを覚える
ふと我に返る

空は涙のしずく色
清々しい陽光
雲は日を浴びてはらみをみせる

風が頬に伝う
感触はいつしか清々しさを記憶にとどめる
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Poetry (GID)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

今はまだ言えない

保管No.89:2011年 10月 2日 (日)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


今はまだ言えない

imawa_madaienai.jpg

本当にそうなのに
本当のことなのに
今はまだ言えない

辛いのは偽りの自分を演じる事
辛いのは偽りの自分を見せる事
辛いのは偽りの自分を感じる事

今はまだ言えない
守るものがあるから



追記:当時、引っ越した先が『携帯写真カテゴリー』だった事もあり
ここでは私の素性、つまりはGIDである事を隠していました。
普通の女性milkとしてここに間借りしていました。
ただ、既にSRS(性別適合手術)を控えている身、
色んなものが頭の中で渦巻いていたのでしょうね
本当の自分を見て欲しい。
でも・・・。
そんな当時の心境が見え隠れしています。
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

Death Anniversary

保管No.88:2011年 10月 1日 (土)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


Death Anniversary


meinichi.jpg


父が他界して3年が経つ

今年も命日が来た

色んなことがあったけど

やっと落ちつきをみせる

今はただ遠くを眺めていたい

それだけでいい


 
テーマ : 心の持ち方  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

Dekai橋

保管No.87:2011年 9月 30日 (金)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


Dekai橋

dekai_hashi.jpg

大きい橋は好きだ

景色に溶け込む人が作り上げた建造物

美しいもの 何だか汚したくなる

そこに嫌みな意味はない

ケガをさせない そうおまじないかな
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

自宅前サンセット

保管No.86:2011年 9月 29日 (木)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


自宅前サンセット

jitakumae_sunset.jpg

自宅前は公園やら駐車場があるので

意外に夕焼けが見られる

電柱と夕焼けって結構ハマる

ALWAYS的要素が強いのかな

電線が夕焼け風景に絡むだけで

ノスタルジアな気分に浸れる


 
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

全て昔のこと

保管No.85:2011年 9月 28日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


全て昔のこと

がむしゃらだったあの頃
お金に余裕がなかったのもその頃
夢を抱えきれない程一杯持っていたのもこの頃

おバカで真っ直ぐな自分がとても懐かしい


 
テーマ : 心の持ち方  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

道端の桜

保管No.84:2011年 9月 27日 (火)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


道端の桜

michibata_sakura.jpg
(これは桜ではありません)

桜の花が咲きこぼつ
そんなシーズンしか注目されない道端の桜

幹の質感も葉の付き方も紅葉の仕方さえも
あまりパッとしない

ソメイヨシノに至っては一代雑種
つまり種子で増えることはない
クローン植物という訳だ
人の手が入らないと絶滅してしまう
悲しみを背負った植物

とは言え一年に一度咲きおおるその姿は
見る者を違う次元へといざなう

花が吹雪く姿は
地球とは別の星にでもいるような錯覚すら覚える
一年分の運をそこに使い果たす
そんな気がしてならない

夏の終わり紅葉を迎える
普段でさえ老婆のような姿に哀愁が加わる

一年に一度の開花の為
道端の桜は静かに冬支度を始める
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

曇り空の散歩道

保管No.83:2011年 9月 26日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


曇り空の散歩道

kumorizora_sanpodou.jpg

ちょっと肌寒い曇り空
誰もいない散歩道を歩くのが好き

もちろん晴れている日の方が
ドラマティックではあるけども
何気ない幸せは曇り空にもちゃんと隠れている

キジ鳩が粛々とした中
周りの情景に溶け込むように鳴いている

コオロギが川岸の雑草辺から
自分はここだと主張しているような
心地よいリズムを奏で始める

ねずみ色の空から極小の雨粒が
静かに舞い降り肌にあたった
明日は晴れるらしい
たぶん明日同じ場所でシャッターを切ると
違う風景がそこにはあるだろう
自然は常に一定ではなく衣替えをする
一日として同じ顔はない
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

だーれもいない

保管No.82:2011年 9月 21日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


だーれもいない



messe_entrance.jpg



だれもいない



messe_entrance_2.jpg



だれもいない



makuhari_messe_01.jpg



だーれもいない



makuhari_01.jpg



静寂と歓喜が交差する
たぶんこの街はそういう街なんだと思う
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Excellent(Photo)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

DECKS東京ビーチ

保管No.81:2011年 9月 20日 (火)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


DECKS東京ビーチ

odaiba.jpg

これは以前、夕日トーナメントに出していた写真です。
さすがにiPhone暗がりは弱いです。
あらが目立ちます。
とは言え、トーナメントの順位は3回戦まで生き残ったので
携帯写真の割には中々どうしてって感じです。
正直、プロが見たら失笑されるものです。 笑)

出していたブログは現在調整中です。
なので、こちらで紹介させてください。


レインボーブリッジと東京タワーが一望出来る最高の場所。
夕日がとても美しいベストスポットです。
節電中でなければ夜景もいい顔みせる場所なのです。
このときは、とても残念照明でした。
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

渡り雲

保管No.80:2011年 9月 19日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


渡り雲

kumowatari.jpg

夏の終わり雲は渡りを始める
夏の雲は秋の雲に役目をゆだね
次なる夏の地に行く為に仲間を集め
集団で彼の地に向かう

あまりに雄大なその光景は
見るものを違う次元に誘う

夏の雲が見えなくなる頃
穏やかで清々しい風が秋の雲に知らせに走る
雲渡りは厳かに終わりを迎える
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Coming out(カム)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

義父にカミングアウト

保管No.79:2012年 3月 19日 (月)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


義父にカミングアウト

cam.jpg

今回で家族にカミングアウト全て完了しました。

前の項でもお話しましたが、パートナーの義母にはカミングアウトしたのですが、
残る難関義父にはまだしていませんでした。

今回それが全て達成されました。

義父自身、実際私のそういう状態を目の当りにしている訳ではありませんので
完璧とまではいきませんが、話だけなら受け入れてもらえたようです。

義兄夫婦、義母に続き義父共にパートナーからのカミングアウトなので
正確には私直ではありません。

そう言えば大晦日義兄から、会って早々肩をポンと軽く叩くも何も言わず、
うんうんと頷いて分ってるから大丈夫という仕草で私を安心させてくれた行為、
とても暖かく心のこもった対応に感謝です。

義父のカミングアウトを知らされたのは会社帰りの車の中、
パートナーが私に「お父さんにカミングアウトしたよ!」って言葉から始まりました。
前々から私の事をバラしていいよって言っていたのでそれが実行された形です。

簡単に言っているようですが、場合によっては家族絶交の危機になり得る話
とても真剣なことです。
もちろん絶交されるのは私だけです。
パートナーにその重荷を背負わせるつもりなど毛頭ありません。
とは言え、散々お世話になったとても良い家族、
私には辛い選択であることにはかわりありません。

でもいい加減、知らせないまま自身の見た目がおかしくなるのは
もっといただけないと感じていて、心苦しい日々を送っていたのも事実。
それに娘(パートナー)を結婚前から相当愛していたことも分っていたので
尚更、早く知らせないとと思っていました。

そしてパートナーの話は続きます。
次の話題に注目しました。

まず私の始まりから今に至るまで義父(義母も側にいました)にお話したそうです。
なんでもこの話を聞く前から私の髪型、しぐさ、着るものが若干変わったことに気がついていたらしく、
何と義父、それは個人の趣味嗜好と認めてくれていたのだそうです。
見抜けなかったことに恥ずかしさを覚えます。

話を聞き終わった義父、今度はその義父の話が始まります。

○○(私の名)君とは今も上手くやっているのだろう?
パートナーは頷きます。
なら何も悩むことはない、いままでどおりにすればいいよ
この話で一番辛い思いをしているのは○○君本人だろ
彼がそれを望んでいるのなら仕方ないと思う。
もちろん、変わらないで事が済めばそれにこしたことはない
でも事はそう簡単なことではないのだろう?
頷くパートナー
なら話は早い、今まで通り彼?彼女を受け入れてやればいいよ
(たぶん細かな点では違う言い回しだけど本筋はこんな感じだと思い舞います。)

それを聞いた私、
既に目から大粒の涙をこぼしています。
運転中のパートナーも涙ぐんでいました。
とっても熱い者を感じました。

あぁ家族っていいなー
この人達が家族でなんと私は幸せ者なのだと感じました。
私からは声がかすれた感じで「ありがとう」「ありがとう」としか言えません。
運転中、パートナーは片方の手で私の手をぎゅっとにぎってくれました。

良かった・・・

家路につき、夜空に目をやり
家族へのカミングアウトが完了した喜びを染入る様に感じます。

これで思い残す事無く旅立てる
私は次の行程を静かに実感することが出来ました。
まだスタートラインに行き着く行程
丁度、肩ならしにストレッチが始まったぐらいでしょう
目の前のスタートラインをじっと見ながら思いにふけっています。

性適合化手術まで約1ヶ月を迎えようとしています。
それまでに何をやるべきか・・・
どう心に働きかけるべきか・・・
正直分りません。

とりあえず今まで通りの行動しか出来ません。
平日は仕事の忙しさで全てを忘れていますしね
ただ、自分の中で決めていた
「家族全員に正直に話し自分らしく生きよう」
その項目はチェックがつきました。

さて、自分を取り戻す旅も佳境に突入しそうです。


<当時のコメント>

お久しぶりです♪
お久しぶりです。
私が気付かない間にいろいろとあったのですね・・・
家族へのカミングアウト、それもパートナーのご家族とあっては、yukiさんの心境も相当なものだっ たと思います。
私の場合は義母はいたのですが義父はいてませんでした。
日記の最後に性別適合手術まであと一ヶ月・・・ ということはGWくらいにいよいよなんですね。
嬉しくもある反面、不安も多々あるだろうと思いますが、是非乗り越えて下さいね。
Mie【みぃ】 2012年 3月 21日 (水)
追伸
私がFC2で書いていたブログ 「みるくれもんてぃ」なのですが、この度アメブロの方に引越しをすることに致しました。
また、新しく作ったブログでは、私に何ができかを真剣に考え、今まで書いてきた記事の中でもGI D関連の記事をまとめなおし、得てきた知識や経験、思う事などを、書いていこうと思います。
また、ブログの引越しに伴い、新たなブログにもyuki様のブログへのリンクを設置させていただきま した。
お手数とは思いますが、現在、yuki様のブログにリンクをして頂いている、私のブログの名称とリン クアドレスの変更をしていただければ大変嬉しく思います。
新しいブログ名 (続)‡みるくれもんてぃ~‡
ブログアドレス http://ameblo.jp/milklemon2009/
今後ともよろしくお願いいたします。
Mie【みぃ】 2012年 3月 21日 (水)

Re: お久しぶりです♪
Mieさん、お久しぶりです。
そうですね~この短期間にここまで来れるとは夢にも思いませんでした。 義父カミングアウトにしても想像していたよりあっけないものでした。 相当身構えていたので箍が外れたのもあるのでしょうがどっと疲れたのは確かです。
はい、GWに掛けて性適合化手術を行うつもりです。 クリニックの話では相当この時期、日本人が集中するとのこと 同じような手術内容の人も何人かいるらしいとの情報も得ました。
Mieさんの言う通り、嬉しい反面、凄い不安も正直あります。 自身のことはもちろん、家族、環境、特に仕事ですね 凄い不安があります。
でも・・・ここまで来たら当たって砕けろですね やれるところまでやってみます。
コメント感謝です。
yuki 2012年 3月 21日 (水)

おめでとうございます。
昨年、アメブロのほうでコメントのやりとりをさせていただいたはづきです。GWも終わって、無事 SRSは済ませられたのかな?
仕事も決まり、私もようやく次の一歩を踏み出すことが出来ました。 カミングアウトはやはり決意するまで時間かかりますよね、でも良い結果が得られて本当に良かった です。私も頑張ります!!。
はづき 2012年 5月 13日 (日)

Re: おめでとうございます。
はづきさん、お久しぶりです。
まずは、ご就職おめでとうございます。 良い方に話が向かっているようですね何よりのコメントに私も嬉しい限りです。
やはり暗い話より明るい話が一番ですものね
私の方も無事、性適合化手術終え 現在リハビリ中です。
会社にも人事を通じ女性として晴れて出社を許されました。 まぁ既にそれらしい恰好で仕事していたので見た目はあまりかわりませんね
お互い、これからですよね
次なる幕はいったいどんなものなのだろう 1つ1つ体験するのってドキドキするけどワクワクもします。
はづきさん一緒に頑張ろうね!
yuki 2012年 5月 14日 (月)
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: 在職トランス

Tags: Crossover  

Comment (0)  

会社での私の位置付け、日常生活はどうなるのか?

保管No.78:2012年 2月 5日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


会社での私の位置付け、日常生活はどうなるのか?

前回も触れましたが、会社で私はどのような位置付けになるのか?
ここで言う位置付けとは、長が付くようなグレードの話では無く性別に関する事。
つまり♀か♂か中性か?と言った性別に関するものを指します。

今までは、会社の人間にも公言している
「中性」で「はっきりさせない」存在をアピールしてきた自身。
これは私の意思、意見ではなく上司からのアドバイスでした。
この中途半端な状態を上司のカム前からなので1年以上続けています。

しかし、私が向かうべきは「女性」として公言し「はっきり皆に認識」させる事、
それが本音です。

その事を上司に言うと上司としては徐々に変わって皆にアピールするべきという意見、
私は隠せないから皆に話した方が良いと言う考えを再三伝えましたが無理なようです。
当然上司の意見なので、仕方なく私はそれに従います。

これは、あくまで私の選択!
上司は良かれとアドバイスしていただいてるだけのこと。

では、具体的に女性寄りにして中性とはどのような表現なのか?
以下に述べるのは私の最近スタイルを紹介します。

髪を伸ばし
爪をきれいに揃え
化粧も日に日に濃くし(と言っても紫外線避けのBB程度です)
着るものをより女性よりに徐々にシフト(幸いにもスーツ族では無いので)
話し方、声のトーンも徐々に変化
胸も成長し最近は隠さずほぼそまま(たれ胸になるのでナベシャツはしません)
加えてお尻も大きくなってきていてコレについては隠しようがありません。
異様な下腹の出っ張り(女性の肉付きなのかな?)だけは恥ずかしいので腹巻きで対処。
そのせいか男物を着ると胸がとても苦しい、パンツも合わない。

最近では男子トイレで私を見るなり一旦後ずさりする男性社員が出て来ました。
会社外では日常化しつつあるこの光景ある意味当たり前の行事ですが、ここでは慣れていません。
当然それと共に陰口も多くなっていきます。

不本意ですが、中途半端とはそう言うものです。

つい先日は、ブリーフィングルームに向かう通路越しにある他部署の人が数人、
私を笑いながらこちらを覗き込みすれ違い様にこんな感じな事を言いました。
「○○さん、あなた最近大丈夫、見た目結構変わってない?」
私は「大丈夫も何もいつもどおりですよ」と答えましたが、
去り際に「へぇ〜そなんだぁふ〜ん」と言いつつ、
意味ありげに笑みを浮かべ立ち去るのが見えました。

・・・いつものことです。

ある女性からはズバリ「○○さん、女にならないでくださいね~」って 汗)
あからさまにキモがる人は数えたらキリがありません。
そうなんです。
ウチは1000人単位のクライアントビルに間借りするフロアに在籍なので
恐ろしく関係者は多いのです。

つまりはそう言うこと、もう隠せない・・・

いえ、このように見られて陰口言われるのは仕方の無いこと
気にしていません。
いや、気にしていたら仕事出来ませんから
もうあきらめるしか無いのです。
なんてね・・・
そんな事言っていますが、最初はもの凄く辛かったんですよ

誰がどう見てもコレは、理由の無い変人。

もちろん私の意思ではありません。
私としてはどうせそう見られるなら理由のある中でトランスしていきたい。
当然そうなると上司からのアドバイスは私にとって辛い選択肢でしかない。

そんな煮え切らない状態の中、中途半な自分を続けるつもりの無い私は
次の段階、前の項でも言っていたSRSに歩を進めます。

勇気を持って再度上司に相談しに行きました。

上司にその旨を伝え、私の立場も今一度ハッキリさせます。
上司も何やら感じ取っていたようで前の様な反対意見はありません。

重い腰をやっと持ち上げる上司。
初めて人事部に掛け合ってくれました。

数日後、人事部から返事が
丁寧に人事部らしく不快な文書にならない内容で書かれていました。
簡単にまとめると、

・服装規定が無いので女装しても可。
・しかし、他部署の人間の動揺もあるので上司から各部署通達。

おぉ!全然OKじゃないですか

そこでSRS後、帰国してから本格的に女性として出勤する事を
上司に承諾してもらいました。
切りが良いのでそれが一番とも考えます。


もうすぐなのかな?
私が夢にまで見たフルで女性として過ごせる日も
このブログの最終回と考えていたのがこの着地点。
まだ不透明な部分も多いのでどうなるか分りませんが
以前より確実に夢にまで見た事が現実になろうとしています。

やっとスタート地点近く、グラウンドに入ろうとしています。


<当時のコメント>

こんばんは☆
yukiさん、ひさしぶりに拝見させていただきました☆
よかったですね^^
気が付かずに、すみませんでした 一気に読ませていただきました
今以上に笑顔で人生を送れるのではないかと思います
有紀^^ 2012年 2月 13日 (月)

Re: こんばんは☆
有紀さん、おはようございます。
ありがとうございます。
まだ難関はありますが、幼き頃より思い描いていた未来が 近づいて来たように思えます。
>気が付かずに、すみませんでした
いえいえ、もうココでは目立たないように しようと決めていたので気がつかないのは当然だと思います。 なので謝らないでください。
有紀さんのようにより女性らしく生きれたら良いのですが、 多分それは難しいかもしれませんね でも地道に行こうと思います。 (* ́∀`*)
yuki 2012年 2月 14日 (火)
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: SRS (性別適合手術)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

性適合化手術 (SRS) に向けて

保管No.77:2012年 1月 15日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


性適合化手術 (SRS) に向けて

srs_ni_mukete.jpg

今回は長文です。

その日はとても慌ただしかったのですが、
とても充実した一日を過ごしました。

午前中に女性ホルモンの補充、
午後に人に会う用件が2件程入っていました。

その日までに着々と進めていたこと、
そう・・前から"想定"でしか話が進められなかった『SRS』について
やっと"予定"として組める所まで来ました。

長かったなぁ~でも・・まだやれてないからもうちょっと我慢だね

今日は、アテンダント会社のスタッフの方と最終調整の為、
直接会社でお話を伺う事になりました。

学会やらホルモン注射の際には当然色んなGIDの人達はお見受けするも
実際会ってお話をするのは初めてです。
ちょっと緊張、いや凄い緊張 (>_<)

とにかく身支度を済ませ、まずはデポに行きます。
サッサと済ませるつもりが大賑わいで1時間も掛かってしまった。


15時にある方と待ち合せの為、妻と一緒に新宿へ向かいます。
実は前の日に、この方から急にメールがあり都内で用事があるので会わないか?っと
連絡ありました。
その日は15時過ぎにアテンダント会社の方と打ち合わせでしたが、
こちらの用件を後ろにズラしていただき、15時にこの方とお会いすることに・・・

このご夫人は、GIDで私の先輩にあたる方、私の憧れの人です。
とても聡明で何を隠そうとても美人。
私と同じく多くの悩みを持っていながら時に懸命に時にのほほんとして、
色んな側面を持ったとても出来た方です。
緊張しますね〜これはメテオ級ですよ (;゚∀゚)マジで!

時間も無いのでお昼は車で済ませ、早速現地に向かいます。

程なくして、集合場所へ・・・

いらっしゃいました。

(; ^ω^)えーーとぉ

ダメだ・・緊張して話が出ない。
席に付くもシドロモドロです。
しかし、思っていた通りとてもキレイな方でしたね~
買い物袋が淑女らしくよく似合います。
いいですね~ゴツイ私と違って素晴らしいプロポーションです。

何とかシドロモドロでしたが、楽しくお話が出来ました。
GID話と言うよりは世間話ですかね
あっと言う間の1時間ちょいでしたが、素敵な時間を過ごしました。
また、機会が会ったら是非お話したいです。


では、アテンダント会社に向かいます。
場所は20分程あるいた場所に事務所があり、迷いながらも何とか到着。

このアテンダント会社の担当者も実はMTFで当然当事者です。
(。-`ω-) んー女性にしか見えませんよ
何とも羨ましいです。

ん?
あれ?
緊張してません。

そっか・・先に大きい緊張済ませたからだね

早速お話を聞きます。

まず心配している性適合化手術(SRS)についてお話を伺うことに

既に何度か電話でのやりとりも済ませており
手術していただく病院はタイのヤンヒー病院でお世話になることにしています。
問題は私が望むべき手術方法。
つまり、『膣無し』『膣あり陰茎会陰部皮膚翻転法』『膣あり大腸法』の
どのタイプで手術を行うか?

私が望むべきはやはり『膣あり大腸法』、でもそこには大きなハードルがあります。
仕事をしながらでは、会社に理解が無ければ進められないということ、
それはダイレーションが半端ではないからです。

ダイレーションとは、簡単に言うところの開いた穴を塞がない為の行為です。
つまり、人体は傷があると自然に免疫システムが働いて塞ごうとしますよね
性適合化手術で作った穴も人体にとっては傷でしかなく、当然塞ぎに掛かります。
それを塞がない為の行為としてダイレーションと言われている
棒を膣に定期的に入れる作業があります。
例えるなら耳ピアスの穴を塞がない為の作業に似ています。
大きさも作業もまったく次元が違いますけどね

その作業に少なくとも毎日3回、1回につい1~2時間掛かります。
人によってはとても痛みを伴う行為らしいです。
一生続ける行為ですが、1年も過ぎれば回数も減り痛みもありません。
ただ3ヶ月もそんな事していたら会社勤めなどできませんよね
また、歳と体力的にもジェンクリの先生からですが、止めた方が良いという意見も・・

私の場合、家族を養っている以上そこが一番大事なのです。

私のここでの意見?
それは無いと言ったらウソになります。
全てを度外視してでもやりたい方法をとりたいのが本音です。
でもその先にあるもの・・・
まったく未来見えないし、まず妻を無駄に泣かせるだけでしょうね
他にも色々あります。

とは言え悩みます。

だって、切り刻まれるのは私の体です。
痛いのは私ですし、その体で一生共に生きるのです。
恥も悲しみも感動も全てこれからこの体で受け答えします。

この事で何度も妻に迷惑を掛けることしばしば
妻は素直に私の体を心配してるだけなのにね
私は死んでもやる勢いなのでお互いがぶつかるのも仕方ないところ
喧嘩というより最近は泥仕合です。
ほんとドロドロ。

今回その事も含め、アテンダントのお姉さんに『膣無し』にした場合でも
将来気が変わった時など、膣が再生可能なのか?聞いてみました。

ただ、お姉さんの話ではダイレーションをさぼって完璧に塞がってしまった
当事者の治療もあるので可能なのでは?という
明るい意見もありちょっと期待です。

OKだったらいいのにな・・・

*****

<後日談>
答えは病院に聞いてもらいました。
OKでました! ヽ(*´∀`)ノ゚
S字結腸に問題無ければ可能とのこと

(ただお姉さん曰く、あんな行為は二度と経験したくないとのこと (;゚∀゚))

何はともあれホッとしています。

*****

後、肝心なのが感覚です。
これ一番重要ですよね
とは言えホルモンやりはじめてもう触ることまったく無いんですけど・・
でもね感覚が無いとうのはやはり『嫌!』(/ω\*)

これも素直に聞いてみました。
クリトリスにあたる部分など、それだけでオーガスムを感じるらしく
人にもよりますが、感度の良い人はそれだけで相当イケるそうです。

良かった・・・

あぁ当事者の方(アテンダントのお姉さん)に聞けるってとっても幸せです。
そして安心出来ます。
訪ね易いし、何でも聞けるってとてもいいです。

さて術後すぐのお話、
1週間は体は動かせられないし、飲まず喰わずらしく点滴です。
相当やせ細り、筋肉は落ち、気持ちも死ぬ程落ち込むとのこと
噂には聞いていましたが、やはり壮絶ですね
後の1週間は膣ありはダイレーションでまたも壮絶
無しの人はまぁ退院は出来ないものの安静日で
状態を見て良ければ退院です。

怖いけど、怖く無いよ (`・ω・´)
幼き頃から悩み続けてうん十年、夢だと思っていたことが現実になるんだもん
頑張ろう私!

加えて私の場合は、
顔の女性化整形もしたいのでもう1週間入院です。

やりたかったのは
フェイスリフト(上、下)、エラ、アゴ、のど仏、目元で
前もって顔写真を送って、まずはどうするべきか意見を聞きました。
場所はヤンヒー病院なのでそこで出来る範囲です。

まず目元ですが、ヤンヒーでは切開法なので
芸能人のようなわざとらしい目元になりお勧めしないとの事、
これはあきらめましょう。
まぁ今は一応二重ではあるしね何だったら日本でプチ整形しましょ

次にのど仏、私の場合ほとんど見えないので
やる必要無いのでは?との事、確かに無いのに等しいかも・・・
んー全ての結果が見えてから改めて答えを出しましょう。

そして、エラ、アゴ削りですが、これはフェイスリフトと同時には出来ず
また、エラ、アゴを最初にし、半年後にフェイスリフトでないと出来ないらしい
フェイスリフトを第一と考えていた事と気になるエラ張りはフェイスリフトで
自然に解消され、結果アゴも気にする程でもないのでこれも却下かな~

要するに歳と共に増え過ぎたシワとタルミを無くすことがメインとなりそうです。
昔からオバサン顔ってバカにされてたからね~
幸か不幸か結果こういう事になりました。

と言ってもまだ予約の段階、SRS再生術の内容を聞き、決めたいと思います。
だいたい200万ぐらいかな?
妻の旅費も入れたら飛び出すね (ー_ー;)
お金の工面しないとだね、全額なんて今無いよ (´・ω・`)
でも私には時間が無い、今やらねば次いつ出来るか分らないからね

アテンダント会社のお姉さん (^ω^人) アリガト♪
また、多分お世話になると思いますのでよろしくです。

さて、やること色々山積みだ。
これが決まったらジェンクリの先生に国外用の診断書作成してもらわないとだし
確かセカンドオピニオン分も必要だったよね
会社にも正確な日時とかこれからの私の位置付けなども話しておかないとだし
出来れば名前も変えたいな
妻兄はクリアーしたけど妻親をどう納得させるかなど
ホント色々です。

この辺のお話はまたの機会にお話しましょう。

それにしてもやっとここまでこれました・・・やっとです。



<当時のコメント>

SRSに向けて動き出しているのですね。 なんか痛そうだけど、タイはいいところですよ。 楽しんでいる余裕はないでしょうけど。
わたしもタイに行きたいなぁ。 もうしばらく行ってない、っていうか帰ってないって言う感じかな。 タイ、心の故郷です。
「大切な人」!?あれ、誰だろう?って。 そのパートを全部読んでも、 どこかで聞いたようなお話!?なんて思ってました。 あれあれ...。
それってわたしのことのなのねって。
びっくりです。
くすぐったいくらいよく書いていただきまして、 ありがとうございます。
さすがのわたしも、それわたしですって、コメントできませんでした。 で、そっとSecretで...r(^^)
Sさん 2012年 2月 10日 (金)

Re: タイトルなし
Sさん
コメントありがとうございます。
タイってそんなに良い所なんですね~ 行った方に聞くととっても良いと言う方が多いですよね まだ一度も訪れてはいないので分らないですね
そのすぐ下のマレーシアとシンガポールはありますが 当然文化も違うでしょうし どんな風土で人間はどんなだろうって思うと 楽しみも当然湧いて来ます。
ただ、観光してる時間が無いので残念でなりません。 せめて入院が縮まれば言う事無しなんですけど そうはいかないのでしょうね~
yuki 2012年 2月 11日 (土)





 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Crossover  

Comment (0)  

近況報告

保管No.76:2011年 10月 29日 (土)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


近況報告

お久しぶりです。
おかげさまで大分精神状態も落ち着きました。
簡単に言っているようですが、実はこれ自分の中では大きな進歩なのです。
だからこそこうしてここに来れたのだと思います。

また、ここ最近、自分では気がつかなかったのですが
女性ホルモンで自身は変わっている気がします。
部位では無く、全体の雰囲気ですね
素で出歩いて女性に間違われることもしばしば。
(すいません自慢ではないですよ後に続く文章見れば分ります)

本人、家族、友達、上司、同僚など身近な人達には男にしか見えません。
あたりまえですよね
毎日であったり数週間程度ですからね
変化など気づくはずもありません。

しかし、久しぶりに会う知人にはどうでしょう?
どうやらそれとは違う者に見えるようなのです。
中には目を真ん丸にして驚く人もいます。
先日、退職され1年ぶりに会社に来た事務職の子が正にそれでした。
「え〜っ、女の子にしか見えないよぉ」の連発に私より周りがたじたじでした。
これは単に髪型と雰囲気からくる例えであって、
実際はそうでないかもしれません。

間違える人にとって私はどんな感じに見えるのだろう?
知りたいけど聞く勇気がない・・・。
たぶん得体の知れない何かでしかないのかな?

ただ、もうそれも知る必要もないのか...

思うに、今まではパスする事に必死だった自分が恥ずかしい。
しようが、しまいが、自分の心は既に決まっているのに
しかし、ついこの間までの自分は、その程度の事で
そういった事から背を向けて泣いていたような気がします。

ただ、そんな自分も今は落ち着いています。
これが自然になるという事なのだろうか? 分からない。
でも、心に負担が減った今、 充実度は前より増していることは確かです。

話は変わり 先日、パートナーが1人でジェンクリに診察に行きました。
診察と言ってもSRSの紹介状をいただくのに必要な承諾を取る為、
来院した次第です。

お互いが納得しやっとここまで辿り着きました。
いや、説得に折れただけかもしれません。
それは怖くて聞けません。
とにかく行ってくれるとあって私としては一歩前進です。

先生と色々話をしたそうです。
いろんな人がいる
フルタイムで女性として生きる者、
昼だけ男装で夜は女性になる者
週末だけ女性になる者、
取るもの、取らないものと色々です。

そして先生が言われたそうです。
『いいパートナーに恵まれましたね』と
私では無く先生はパートナーに言ったらしいのです。

この言葉の真意が始め理解出来ませんでした。
と言うのもその逆はあってもこういう展開は初耳です。

あ、そういうことかと理解した時、
私は自身の頬を伝うものを感じました。
既にパートナーも..

次回は私の診察です。
それまでに色々調べなくてはいけません。

ただ満足のいく資金はまだまだ先の話なので
SRS話はするには鬼が先に笑いそうです。
そんな訳で中々スタートラインに立てませんね
普段の私生活もそうなんですが、下準備が長いのがタマにキズ。

近況としてこんな感じです。






<当時のコメント>

良かったですね^^
yukiちゃん、こんばんは☆ わたしたちはなかなか理解されない面もありますが、 良かったですね^^
有紀^^ 2011年 10月 30日 (日)

Re: 良かったですね^^
有紀さん、こんばんわ♪
そうですねぇ、やはり当事者でないと その辛さというものは分からないのでしょうね
取りあえず身近な人が理解していただいているだけでも 幸せと思わないと罰が当たりそうです。
有紀さん、ありがとうございました。 ́-ω-`)) ペコリ
yuki 2011年 10月 30日 (日)

こんにちは(^-^)
お久しぶりです♪
突然ブログを止められてたので心配してましたが、こうして再開し、少しずつでも着実に前に進んで いるみたいでとても安心しました
GID当事者の置かれている環境は様々で、人によってはSRSはもとより、ホルモン治療すらでき ない人もいて 「こうすればいいんじやない?」みたいなアドバイスは出来ないけど
どんな形であれ、パートナーと納得のいく話ができていて、治療が進んでいるのなら、あまり深く考 えずに、まずは2人が毎日明るく過ごせるようにしましょ私でよければまたメッセージ下さいね ブロ友申請ありがとうね
Mie【みぃ】 2011年 11月 2日 (水)

Re: こんにちは(^-^)
みぃさん、おはようです。
ありがとうございます。 何か吹っ切れたのだと思うのです。 大分落ち着きました。
今はジェンクリの先生とどういう手術をするべきか 他の部位に関して本当にこれでいいのか?など 話を詰めているところです。
ダメですね~、実際各種整形、手術をやろうと思うと 欲ばかりでて中々先に進めません。 ただ、一生背負っていく問題なので安穏とという訳にもいきませんよね
取りあえず実生活でフル化するのに必要な事をやりたいですね その辺はまた家族と相談してこの場を借りて報告をするかもしれません。
手術や実生活に関して私はまだまだ みぃさんに相談しに行くかもしれませんが、 その時は何卒よろしくお願いします。
プロ友感謝です。
yuki 2011年 11月 2日 (水)





 
テーマ : 心の持ち方  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Crossover  

Comment (0)  

補完終了

保管No.75:2011年 10月 23日 (日)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


補完終了

今までの記事補完終了しました。

家族、友人に迷惑が掛かる記事は削除させてもらいました。
加えて自身の写真も判別可能なものは削除させてもらいました。

疲れた

空しい

やっぱ辛いな

泣き言ばかりだね

さて、どうしたものか...
今日はこの辺で後の事はゆっくり考えましょう。




<追記>
当時の私は強迫観念に捕われていたのでしょうね
馬鹿なことをやったと思っています。
人は人自分は自分なのにね




 
テーマ : 心の持ち方  ジャンル : 心と身体

プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。