Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: GIDの著名人

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

I Am My Own Wife

I Am My Own Wife
 
 
ここに女性が2人で写っている何の変哲も無い写真がある。
                           
nananjsihehs.jpg
                           
一見すると仲の良い女性2人ってだけ、
でもその実情はあまりにも違うもののようだ。
 
2人は夫婦。
しかも女と男のペア。
 
なんだ・・・
ここまでなら何処にでもある普通の話じゃん
って、思うでしょ。
 
普通って、自分に例えて言っているだけだけどね(←十分普通では無いね)
 
でもね、真実はそんなものでは留まらない。
正直、ここまで来ると常識を通り越した人物でしかない。
彼の作品を観ていて違和感も覚える者も多いと思う。
しかし、何だろ・・・気持ちは分かる気もする。
視点を芸術で捉えるならば、最もギーガー的なものを己で体感させている。
そう思うと制作者はきっとハッピーなんだとも感じる。
 
夫であるジェネシス・P・オリッジ(当事者)、
彼?はイギリスのミュージシャンであり前衛芸術家である。
実は彼?、あるプロジェクトの遂行している最中で、
これはその一環なのである。

『同一化プロジェクト』とでも言うのかな?
『We are but one』要は私達(2人)は1人、
プリキュアの決め台詞の様なプロジェクトはつまり、
妻が好き過ぎて自分を整形で妻に改造すると言う前代未聞の芸術なのである。

思うに彼は『自己女性化愛好症』の人なんだと感じる。
彼?自身がGIDだと言っていない以上、そう考えるのが自然。
しかし、『自己女性化愛好症』かは正式発表はない。

性同一性障害と自己女性化愛好症は似ているようで違う。
自己女性化愛好症とは、自身を男として認識した上で、
自身の男の身体である部位を否定する人達を言う。
男の身体を否定する部分否定では性同一性障害と全く変わらないが、
かと言って性同一性障害者は気持ちと身体にそれぞれに
グラデーションがあるので画一化は出来ない。

jaisuehbhxywb.jpg

話を戻そう、悲しい事に妻は2007年に亡くなっている。
だが、彼?の作品は今も尚続けられているらしい。

作品の一部

00oajasunaiamansj.jpg

彼の作品について

私もここまで来るとよく分からない。

理由をつけたかった?故事つけただけの様にも思える。
何となく感じるのは自身を変える上で指針が欲しかったのかもしれない。
その上で自身をキャンバスにした作品を創る、そう考えると自然と何もかも繋がって来る。

ある種のナルシスト指向なのかもしれない。

見る人が観ればグロテスク
見る人が観れば芸術

前衛芸術とは常にそう言うものだから

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ





ちなみに私はツレに化粧を教わったのだけど
化粧の仕方一つで同じ様な顔つきになる。
上記記事とは全くの別物だけど似た者夫婦になる訳だね
きっとそう言う夫婦意外に多いかもしれないね

カテゴリー『GIDの著名人』としましたが、
文中でも言っている通り、彼?はGIDではないと思われる。
が、昨今、自己女性化愛好症の区分けも不明瞭となっている事から
とりあえず、記事として紹介しました。
 

原文
New York ART

スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。