Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (8)  

あんま変わってねーじゃんよ

この日は、錦糸町で懐かしい人に会いました。
20年以上会っていなかった事になるのかな
ほんとうに久しぶりですね

IMG_0338_201408311042530d5.jpg

以前の会社でお世話になった先輩。
待ち合せは、アルカキット錦糸町のエントランス付近。
待ち合わせ時間に余裕があったので
会社用にじみ〜〜なOL服いくつか買って、
時間が来たのでアルカの店前に立っていると
見覚えのある顔がニコニコしなが歩いて来るのが分かった。

先輩だぁ
思わず私も笑みがこぼれる。

挨拶も早々に、いざ先輩の紹介に預かるお店に直行します。
高そうな寿司メインの割烹料理屋に入る。
早速ビールで乾杯。

会って早々思ったが、この人全然昔のまんまだ・・・
ちょっとしたシワ、頭の毛は黒々しているし、肌のつやもそのまんま。
歳取っていない!

正直うらやましかったので、その事を言ってみた。
私「○○さん、全然変わらないね」
私「昔のまんまだもんビックリしちゃったよ」
私「正直、恰幅の良いオジさんか、スカしてデザイン物に身を包んだオジさんを想像していたよ」
私「見事に外れて、昔の雰囲気まんまの○○さんでちょっと残念 笑)」
と先輩が、
先輩「何言ってんだよ、おめーだってあんま変わってねーじゃんよ 笑)」
スペース☆ダンディ みたいな口調で答える先輩、これも昔のまんまだ。

まぁ私は十分変わったんだけどね

ただ、先輩と過ごした以前の会社で働いていた時の格好、
実は中性的な格好しかしていませんでした。
今で言う黒ゴス系かな
それの男の子バージョン。
そのハシリですね
実はこの頃の髪型は天パーだからドレッド系のロングヘアー
腰まで伸ばしていたので、むしろ今より長かったw

やっぱ変わってねーのかな 笑)

時間も来たので割り勘でって言ったんですけどね
でもダメだって「俺カードしか持ってないから」って事だけど
確かにバックも何も持たず手ぶらだw
電車もコレだけで新宿から来たっぽい。
気風の良いのは昔から、仕方なく頂戴致しましょう。

お礼を言って店を後に

帰りは押上方面から帰る事に
ここ、スカイツリータワービュー通りだったのか、
すごい、スカイツリーを真っ正面にロングロードだ。

IMG_0348.jpg

信号の先はなんと!
電柱がないじゃないですか・・・

IMG_0354.jpg

こりゃまた景観が素敵です。
しばらく歩くと押上駅到着。
いくつか地下鉄が折り重なっている。
先輩はわざわざ私の目指すラインまで見送ってくれた。
男気溢れた先輩。
最後もカッコ良かった。

また飲みましょうね♡



 
スポンサーサイト
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

Elemental

その昔、バイクで気仙沼までツーリングをした。
その帰り道、東北自動車道での出来事を話そう。

IMG_9037.jpg
(ちなみにこれは関越道、東北道ではございません)

先を急ぐあまり無理をしてパーキングに立ち寄る量を制限したのだが、
それが失敗だと悟ったのは体力の限界を過ぎた辺りだった。
止せばいいのにパーキングを過ぎて、自分の危険な状態に気づいた。

ただでさえバイクでのツーリングは四輪の比では無い程体力を奪うもの。
しかしその当時の私はまだ行けると踏んでいたのか、
パーキングに入らず、本道を突き進んだ。

意識が既に朦朧と化している。
やばい・・失敗した。
気がついたが、後の祭り。
ただでさえ辺りは真っ暗闇、まだ栃木にも入っていない。
東北自動車道は関越や中央と違い該当も少なく真っ暗闇に近い。

マジやばいな・・・
遠近感が取れなくなって来た。

思いっきり歌を歌いはじめる。
何とか意識をつなぎ止める手段。
路肩に停めようにもそんな気にもなれずとにかく次のパーキングをひたすら目指した。

歌も効かなくなって来た頃、一瞬目を閉じてしまった。
わっ!
一瞬で目が覚める。

洒落にならない。
一緒に走っているツレも限界に近いだろうに先に自分が潰れている。

早く、パーキング・・・
とにかく休みたい。

バイクの排気音と風切り音以外何も聞こえない世界。

のはずだった。



??

何か聞こえる?

お経の様なものが耳をかすめている。

思わず辺りを見回す私。

でも、時速100kmを越している世界で
そんな音が聞こえるはずもないし、聞こえていたらドップラー効果になっているはず。
でもそんなんじゃなかった。

気のせいかな?
きちんと前を見据える。

ここからは私の記憶が飛んでいる。

正気を取り戻す頃には次のパーキングに入っていた。

バイクを停め、その場にへたり込む2人。

そこでツレは心配そうに話しだした。

○○(←私の字)はさぁ何であんなに路肩よりに走っていたの?
ぶつかりそうだったよ
何度も何度も危なかったんだから
一体どうしたの?

そこで私はこう言ったそうだ
「えっ? だって呼ばれたんだもん」

ツレの顔が青ざめたのが分かった。

そう話す、その場に居る、今そう話している自分が信じられないが、
話している間にその記憶が蘇ってきたのが分かった。

ほんと、やばかったんだ・・・。
意識が飛んでいた。
帰巣本能が私をこの場所に運んでくれたのだと悟った。

今日中に家に帰るのは止めにしたのは言うまでもない。

栃木に入り、高速を下り、すぐに宿を探した。
うさんくさいラブホしかなかったが、背に腹は代えられぬ。

入ってベットに直行し、すぐに寝に入った気がする。

今思うとあれは一体何だったのだろうか??

精霊?

いやいや、意識が混濁し、幻聴を聞いたのかもしれない。

しかし、その頃を辿る記憶には確かに人の声である証しがあった。
だから何度も何度も路肩に寄って行ったのだ。
その声は、はっきりと私を読んでいた。

『こっちにおいでよ』って・・・




 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

何も考えたくない

何も考えず
何も行動しない
ただただぼーっとしていたい

IMG_0025_b.jpg

でも実際は何かを考え
指示を出し
結果、それによる責任も伴う

何もかも惚けていたい
雲の様にぷかぷかとふわふわと


 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Comment (0)  

木槿

木槿の花

DSC_0049.jpg

一輪だけしか咲いてなかった。
でもこれで良い。
何て言うか・・・むくげって感じだね

秩父じゃこんな花に500円払って観る場所がある。
最初、タダかと思って行ったけど
入口付近で値段見て思わず折り返した。 笑)

これは実家の近所の花
これ一輪で十分でしょ

 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

実家の庭

苔かと一瞬見間違えるが苔ではない。

DSC_0041.jpg

私の家でももんもんと生えていた植物。
今は知らぬ間になくなっていた。

実家は健在のようだ。
確か黄色い可愛い花を付ける。

名前はセダム・アクレかな?
ベンケイソウの仲間らしい。

って言ってもベンケイソウ自体私は知らない。

この草が黄色い花を咲かせるのだが、
それがたまらなく可愛いのだ。

このままいつまでも愛でていたい。



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Excellent(Photo)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

地蔵会議

地蔵会議

DSC_0065.jpg

少年だったあの頃
狭山湖の近くにある寺で私はある不思議な光景を“耳に”した。

夏場に釣れる魚と言えばハゼ。
ルアーだったら雷魚と相場が決まっていた。
その当時、男の子の遊びはあまり好きではなかったけど、
何故だか釣りだけは大好きだった。

1人で黙々と遊べるから?
何故だか分からないが、とにかく好きだった事は確か。

夕暮れ近く、釣りもさすがに飽きて
友達と2人で帰る事にしたんだ。

道中、競争と洒落込んで
その問題の寺まで自転車で競争した。

ほぼ同着で寺に着くと我々2人はあるお地蔵さんが並ぶ道端に腰を下ろした。
地蔵さんを背にしてぜぇぜぇ言っていたと思う。
2人の息が落ち着いた頃だろうか、かすかに喋り声が聞こえたのが分かった。
最初は寺で誰かが会話しているのだろうと思ったが、
人影はなく、入口かと2人で入口に目をやっても誰もそこには居なかった。

ふと後ろを振り返るとお地蔵さんが並んでおり、
その後ろは林になっていてやはり誰もそこには居なかった。

2人で顔を合わせ首をもたれる様に横にする。
気のせいかな?

前を向き返し、2人で話の続きを楽しむ事にした。
他愛もない話に華が咲いた。

するとまた後ろの方でボソボソ声がするのが分かった。

2人の目が一瞬凍り付く。
「聞こえた?」
「うん、聞こえた」

でも辺りに誰も居ない。

背筋が、ぞぞぞっとするのが分かった。

また後ろを振り返る。
でも誰も居ない。
しかし、今度はボソボソが止まらない。

お地蔵さんの方でしか聞こえないその声。
さすがに私も友達も焦り出す。

試しに真後ろに居たお地蔵さんに耳を当ててみた。

するとそのお地蔵さんから声が聞こえた。
また、その隣お地蔵さんからも違う声がする。

それを聞いた私と友達は、半狂乱気味にわーわーと叫び出す。
確かに会話だった。
会話でしかなかった。
議論している様にも聞こえたが、何を話していたのか今となっては記憶もない。

とにかくそこから2人で一目散に逃げ帰ったのを覚えている。

あれは一体なんだったのだろう・・・
そして何故、お地蔵さんが会話していたのだろう?

今は想い出の一つでしかない。
でもお盆を過ぎるといつもあの光景が頭を過る。

一夏の少年だった日の記憶はあせずに今も残っている。
良いのか悪いのかは分からないけど
お盆らしい記憶だと今でも大切にしている想い出の1つである。



 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: GID

今更なことだけど

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: Excellent(Photo)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

コスモス

この街は以前コスモス畑で有名になり
毎年テレビでも放映されるぐらいの名所でした。

DSC_0083.jpg

しかし、大勢の観光客が押し寄せ
この場所に無断駐車や縦列駐車はもちろん
コスモス畑を踏みにじり
関係のない畑を土足で踏み固め
ゴミの散乱や器物破損など
数え上げたら切りがないほどの被害を
この地にもたらしました。

DSC_0078.jpg


頭を悩ませた地元の人は
この善意で始めたコスモス畑を止める決断をし、
それからは二度とここにコスモスが蒔かれることはありませんでした。

DSC_0077_2014082308263379c.jpg


あれから何年経ったのかな・・・
その外れの一区画に雑草の様にコスモスが咲いている

コスモスは強い種なので
コンクリートの割れ目でも咲く事は知られていたが、
ここの地元の人は一時期一切のコスモスを根絶やしにしました。

仕方ないのかもしれないけど、残念でならない。

でも今、ちょっと離れた場所に雑草でもこうしていられると言う事は、
そろそろほとぼりが覚めたのだと思います。

DSC_0080_2014082308263572c.jpg


観る者が悪いのか
それとも扱う者に先見の目が無かったせいか

もう今更だけど
ここにこうして蘇ったコスモスは
とてもキレイでした。



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Excellent(Photo)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

鬼雲

各地に大きな災害をもたらした今回の豪雨。

積乱雲が次から次へと同じ場所に連なる現象、
バックビルディング現象と呼ばれているらしい。

自然とは何と惨く恐ろしい存在か
あんな鬼雲が連なって来るなんて
考えただけでも身震いする。

鬼は一鬼で沢山である。

IMG_0279.jpg

本日、実家の秩父で湧いた雲は光明差す大いなる雲
帰郷した際にたまたま出会した。

自然は惨く恐ろしくそして美しさも纏っている。


 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

頸椎症に泣く

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

残暑お見舞いがもたらしたもの

残暑お見舞いがもたらしたもの

DSC_0034.jpg

先日、ふと残暑お見舞いのハガキを書いた。
私としてはとても珍しい事。
それは25年も会っていない先輩に宛てたものだ。

それも2人に
どうせ返信は来ないのだろうと宛てたもの

そこに「たまには酒でも飲みたい」と
Web mail のアドレスを記入してみた。
社交事例みたいだが、酒でも飲みたいは本心である。

出した早々1人の先輩から返事が返って来た。

「飲もうよ」

新宿に住んでいる先輩、
お互いの日程都合がつかず二週間後に会う事になった。

そう言えばこの先輩、イタリアでデザインを勉強するんだ!と
プイッと居なくなって気がつけば新宿に居た。
(。-`ω-) ん〜っ会わなかった空白期間を想像するが
まったく思い浮かばないものだね

とにかく2週間後が愉しみ。
積もる話聞けそうです。



 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

晴れの日に恨み節

晴れの日に恨み節

ある夏の暑い日

澄み渡った青をまとった空に
雲がキレイな弧を描いている

IMG_0157.jpg

でも気分は蒸し風呂度100・・・

時間と共に黒くなる肌に恐怖を覚え木の影に避難
今更遅いがやらないよりまし

IMG_0155.jpg

昔はお日様の下が好きだった
もう若くはない
昔の様にはいかない

せめて晴れてもいいから
湿度ないカラッとさがほしいもの



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

らしさ

らしさ

自分らしさってなんだ
人とは違うで差をつけろ
コンビニの雑誌コーナー
表紙にふとして書いてあった
自分らしさってなんだ
子供の頃は気にもせず
気に入らなければ怒って
好きなものを好きだと言って
ボクらは変わってく
守りたいものが変わってゆく
理解されない宝物から
理解されるための建前へ
大人になるほど
後悔する生き物になる
でもねそれでもね
見えるものがあるんだよ
だからボクはボクらしく
そして君は君らしくって
始めから探す様な
ものではないんだと思うんだ
ボクは君じゃないし
君もボクじゃないから
すれ違う手を繋ぐ
そこには愛だって生まれる
そういうもんさ
自分らしさってなんだろう
変えられない
大切があるから
かわりゆく生活が正しい

ばらかもん OP SUPER BEAVER「らしさ」

深いな・・・

良い曲だよね
この漫画も好きだけど
この曲も最高!
残念なのはまだiTunesじゃ販売されていない。
ずっと待っているんだけどね
てくてくと買いに行くしかないのかな





にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ





 

Category: croquis(デッサン)

Tags: Crossover  

Comment (2)  

久しぶりにクロッキー

何十年ぶりのクロッキー。

とても久しぶり
と言うか、学生時以来かな

今日は新宿周辺のデッサン会に参加。

あまりに久しぶりなんで
最初の数枚は小学生も笑える絵となった。

DSC_0004b.jpg
(これは少々慣れた頃の絵)

この日は2クラス制で2人のモデルさんでした。
最初の方に浴衣の綺麗なお姉さん登場。
後半はガリガリのお兄さん対象。

もうダメダメな感じ。
とても恥ずかしい。
だけど一応記録として残しておこう。

DSC_0009b.jpg
(せっかくの美人もこれでは台無し)

DSC_0008b.jpg
(やっぱり人物は苦手だ・・・でも人物もっと上手くなりたい)

やっぱり何十年も描いていないと
こんなもの・・・いや、これが実力なのかな ( *´Д⊂ グスン…

DSC_0006b.jpg
(このモデルさん手慣れているな)

20人近く集まったけど
自信のある人は黒板に絵を貼付けていた。

もう泣きたくなるぐらいの実力の差に
全米が泣いた。

また来よう。

次は今日より上手くなってやる!



 

テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。