Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

温泉無銭

その昔、私が男だった頃
親友と無銭温泉周りを敢行した。

DSC_0360.jpg

それは草津温泉街に点在する
数十軒からなるタダで入れる温泉施設だ。

DSC_0366.jpg

山登りが好きだった若い時分、
親友と山を下り、安宿に泊まったが、
もの足りぬ状況に思い立った遊びだった。

DSC_0410.jpg

あまり人前で裸は見せたくない私だったが
温泉は大が付く程好きだったので
2人が意気投合した所で敢行した次第。

DSC_0412.jpg

でもね、そこはど素人。
入り方も分からない。
とにかく一杯回ろうと躍起になっていたせいか
5軒目辺りで、衣服は濡れ気味、
汗は引くどころか増すばかりの状況に湯冷め気味となる。

DSC_0388.jpg
(白旗乃湯)

最後に立ち寄った温泉は皆が知るところの
湯畑が見渡せる白旗乃湯。
もう十軒近くは回ったかな?
親友は私以上に風呂の入り方を知らない奴で
服を脱ぐなり体を流さず股間に手ぬぐいのままドボン!
あまりの熱さにオー!と図太い声を上げのけ反って湯から飛び出す。
そうかと思えば、勢い良く水道水で温泉に水を入れ始める。
そうやって湯を温くしていた。

それを見ていた地元民らしいじいちゃんが
「こらー!何やっとるんじゃい!」と喝が入る。
「お前ココを何処だと思っている」
「温泉は熱くて当たり前」
「その水道水は湯船を洗う為のもの」
「それに手ぬぐいを湯につけるな!」
「この湯に入れぬのなら出てけ!」
と、凄い剣幕!

私はもう一個ある風呂にジワジワと体を埋める途中、
そんな最中に起きた出来事。
肩まで浸からないところで思わず注目!
親友はその怒鳴りに驚き、
私の方に逃げて来た。

私は・・・他人のフリ (; ^ω^)
だって怖いんだもん。
湯船の入り方は正統派だもん。

「コラ逃げんな!」
「水止めろ!」

じいちゃん怒ってるよ^^;

慌てて水を止める親友。
そしてごめんなさいと謝っている。

その後も小言が堪えぬじいちゃん。

私の側に寄って来る親友。
何で寄る・・・お前は大きい方が良いってそっち行ったくせに

これでは私も同罪みたいじゃない (;゚∀゚)
仕方なく私もじいちゃんに一礼する。

とんだ結末だったね (≧∇≦)

これはね良い事だと思う。
これが伝統かどうかは知らないけど
その土地の常識はきちんと学ぶべき事。

着替え終わり親友のグチが入る。

私は言った。
お前の方が悪いと思うよ
そうだねっと親友。

懐かしい想い出が無銭温泉を回っていて回想する。
もう二度と体験出来ないね



 
スポンサーサイト
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Excellent(Photo)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

紅葉

山は良いですね

DSC_0109.jpg

特に秋の山は私の好きな色で一杯だ

DSC_0126.jpg

赤と緑と黄色のコントラスト

DSC_0210.jpg

最高のシチュエーションです

DSC_0224.jpg

それと空の青がレシピに加われば

DSC_0251.jpg

最高のご馳走ですね



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

凄く嬉しいけど不安もある

いよいよ明日か・・・

DSC_0009_201409240037094ac.jpg

明日と明後日、有休取りました。
温泉に行くのですが、温泉プール付きの温泉宿なのだ。

これは、ひょっとして?

ハイ、水着も新調しましたよ
と、言うかこの日の為に今年の夏に購入していました。
あぁ泳げるよー ( *´Д⊂ グスン…
泳ぎたかったけど、中途半端な体で泳げなかった。
何年我慢したんだろう。

明日泳げる。
嬉しいよー ( *´Д⊂ グスン…

でもね、不安もあるのさ・・・。
大丈夫だろうか、とても心配。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ



 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

色々考えて

ここで撮影するのはいけないんだって、
何でダメなのかは教えてくれない。
でも警備員はダメですの一点張りさ。

DSC_0055_201409222332061a6.jpg

私はキレイな夕日に飢えている。
夕日は誰のもの?
個人のものではないし
ましてや会社組織のものでも無い訳で
何で撮らしてくれないのよ

DSC_0059.jpg

以前はそんなんで思う様に撮れなかったけど
この日は車の中から撮ってみた。
これなら見つかる心配は無い。

ふと下を見ると怪しげな建物群。
多分犯人はコレなんだろうな
そんなプレハブ小屋撮ったって意味は無い。
国をも動かす国家レベルの秘密基地にも見えない。

悪いけど、興味はありませんよ



 

テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: GID

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

心にぽっかり開いた穴

心にぽっかり開いた穴
塞ぐにはあまりに大き過ぎた。

DSC_0013.jpg

夫婦の営みとはいったい何でしょう。

性同一性障害である私はいつもこの問いブチ当たる。

幸せって何ですか?
この体で女性はどう愛せますか?
どう向き合えば良いのですか?
愛だけじゃダメなんですか?
好きである感情だけではダメなんですか?

ツレは全てを受け入れてくれた。
私はそれに甘えていたのかもしれない。

気が合い、寄り添えばそれで良いのだろうか?

届いた荷物は今まで私ら夫婦には無縁なものでした。
最初は冗談半分で購入したもの
それは今にしてみればあまりにも重かった様に思える。

既に5年以上も時は止まっている。
ヘテロな夫婦であれば終わっているのかもしれない。
私はそれでも良いとさえ思えた。
今日届いた荷物が来るまでは

それはあるビデオ見終わってからのこと
何の気なしに荷物から取り出し、私はおもむろに操作する。

そしてそれは行われた。

あの頃が蘇っているようだ。
私は優しくそして集中する。
あくまで職人に徹していた。
そして、それが終わる頃、
既に何十分も時が進んでいた。

ツレは震える唇で「ありがとう」って言ってくれた。

それを聞いた私は、
思わず涙がこぼれ落ちた。

ごめん。
ごめん。
ごめん。
ごめん。

もっと早く
もっと早く気がついてあげられれば・・・

涙が止めどなく溢れ、
前も見えないし、言葉も出なかった。
しばらくは何も出来なかった。
鼻孔が泣き過ぎて腫れ上がり息が出来ない。
むせる私をツレは快方してくれた。

しばらくは恥ずかしくてツレを見れなかった。

私は何て愚かなんだろう。
今日は嬉しさもあるが、一番に自分を呪う日でもあった。

たぶん無ければ無いで、まったく問題なかったのだと思うモノ。
でも幸せの形は色んな形状を持っている。
1つではないのだ。
私が悟にはあまりに時間が掛かり過ぎた。

何て事はない。
自分の事ばっかじゃないか・・・
情けない。
何が女だ。
女の幸せを分かってあげられないで何が女だ。

呪うは自分、悟も自分。
今度はもう少し勉強しよう。
自分ではなくツレの笑顔の為に親身になって。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ


 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

人ンちの果実

この時季、実りを多く目にしますよね

DSC_0050.jpg

いつも気になるあの家の庭の柑橘系くだものや
あそこの家の柿の実。
あーそれと寺裏の林に栗がなっていると
心が揺れ動きます。

美味そうだな〜
いえ、もちろん人ンちの物、絶対盗んだりしません。

私は玄関前の庭先に桃を植えていた事があって
始めて実った桃、翌朝に全部もぎ取られ、
ついでにその無理が祟り、桃の木が死んでしまった事あったの
もぎ取られる時、枝に不可が掛かり枝事折れたから。

それ以来、庭をいじるの止めました。
だって、花でもそうだけど作る度に根こそぎ盗まれ、
その度に希望を持って次を植えてもやっぱり盗まれる。
もうね、心が折れてしまいました。

自分の街に盗人がいる。
空き巣も多ければ、実り泥棒も一杯いる。

悲しいよ・・・私は。

私、こうみえて庭いじり大好き人間だったんだよ
でもね、所詮住宅地・・・物珍しいのか
すぐに盗む奴がいます。

疲れたね

唯一、裏庭は人が入れないので柿の実が生っています。
でも時既に遅し、育てる意欲はないので、ボーボーです。

とは言え、やっぱり元ガーデナー兼家庭菜園家。
そういった実るもの見ると何か心が揺れ動く。
特に人ンちの庭に実る物って何だか美味そうに見えるだよね

あー、もどかしい。



 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

猫のたまり場

猫のたまり場

DSC_0048.jpg

私の家、小さい庭と手前が駐車場とこじんまりしています。
どう言う訳か何年か前から近所の猫達のたまり場にされている。

俗に言う井戸端会議ですわ

んー、たま〜にバイクのシートがオシッコ臭いのよ・・・
君達かね? クスッ(〃´ー`)。+゚

車で出る際、車の下が井戸端会議場になっており
車に近寄ると3〜4匹ドババ〜ンと飛び出すのだ。

まぁまぁこちらを一斉に振り返りだね
何となく恨み節な訳ですよコレが ¬д¬。)
あのね〜ここは私んちなんよ、
君達ドトラーの憩いの場所では無いのですよ
睨まんでほしいのさ

まぁこれは愛嬌。
大いに許すし、大いに愛せます。

最近、ウチの近所はネコだらけ
隣が公園で何やら夜な夜なここで猫に餌付けする輩がおる。
自分家で飼えないのは分かるが・・・
困ったものだ。

その行為、最高にクールだよ
うん、とっても良い。

だが、自分の家の前でやれ!

あなたの家で飼えぬのなら
あなたの家の前でやってくれ!
やるななんて言わない。
でもやるからには人の迷惑を考えて欲しい。
自分さえ良ければいいのかな?
普通、ダメでしょ

隣のウチはそうしている。
自分の庭でノラ達に餌付けをしているようだ。
私らもそれは認めている。

いいのよこう言う風にするのなら
これが人としての道。

アパートだからダメ?
オイオイ、だからって私の家の前なのか。
そんな訳で私はこのお方を睨みつけておる。

君がココでやらんでも
隣のおじさんはしっかり餌やっておるのよ
君のはただただ自己満足。
可哀想と思ってやっているかもしれないが、
君が不要に餌をあげたせいで猫肥満気味やないかい!

見れば分かるだろ
猫はシャープで良いのだよ
デブ猫はジブリ作品の「耳をすませば」だけで良い。

今日もウチの駐車場に猫達が寄り添う。
季節になれば恋の語らいが始まる。
夜は寝れん。
でもまぁそれもまた我が家の風物詩の一つ。
私も昔と比べ随分と甘くなったものだ。


 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

Image Makers

東京ミッドナイトの 21_21 Design Sight で開かれていた
Image Makers『イメージメーカー展』は最高だった。

IMG_0406.jpg
(展示会のポスター)

私の好きな映画監督デビッド・リンチのデザイン画や
ジャン=ポール・グードの作品が所狭しと並べられていた。

何と、珍しく撮影も可なのでバシバシ写真で撮りまくった。
と言ってもiPhoneなんだけどね
こんな事なら車から愛機の一眼持って来れば良かった・・・
後の祭りとはこう言う事を言うのでしょうね

とは言え、個人で楽しむのは良いが
こういったものって著作権絡みもあるので
ここで1点物として紹介するのは止めておきましょう。

IMG_0414.jpg

分かり辛いがこれはデビッド・リンチ。
あきらかにイレイザーヘッドやエレファントマンを想像させるものがある。
詳しく紹介出来ないのが残念。

デビッド・リンチと言えばツイン・ピークスが有名だけど
私が一番愛している作品はストレイト・ストーリー。
この作品はデビッド・リンチ作品の中で唯一ほのぼのしている。
おっと脱線!
映画とここに展示してある作品とはカテゴリーが違うね
天才で多才とは彼の事を言うのでしょう。
観る物全て引き込まれる作風には感服しました。

IMG_0452_201409182046095e4.jpg

そして今回の目玉は、ジャン=ポール・グードでしょう。
私が学生の頃からの支持者でもある。
彼の作品、私の歳の人なら誰でも観た事があるだろう。
全てに圧倒される。
グーの音も出ない。

今でも斬新だと思えるのは才能なんだと思う。
さすがだよジャン=ポール・グード!
良い勉強になりました。


 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

何か観られているね

IMG_0297.jpg

今日、ある知人がここでしか分からない情報を
抜き出し発言していた。
観ていたんだね・・・

まぁ恥ずべき事はしていないので
別に良い話なのだけど。

ある方のコメント欄から変な解釈をしていたらしく、
気を使って話してくれるのはありがたかった。
けど、それ・・・ハッキリ言って間違ってますから ^_^;A

私、ストレス感じていないので大丈夫よ
それで悪くなっていないから ´・ω・`)

でも、心配してくれてありがとう。

さて天の耳相手はその辺にして

今日の午前中、健康診断行きました。
もの凄く混んでいて参ったよ ー_ー;)
時間が膨大に掛かった。

今回は血圧正常だったね(良かった・・・)
1年前に比べ、1.2kg肥っていた ー_ー;)
まぁそれでも5kg以上肥えていた時から戻したのは
この頃始めたスローランニングのおかげかも

肝心の胃の痛み、胃カメラで診てもらって
その先生から「胃が凄い荒れているねー」
「ポリープあるみたい」とも言われたが、
多分これは、昔からあるポリープだと思うんだよね
結果は10日後以上になりそうだ。
多分問題無いが、気には掛けておこう。

ここで弱みは見せられなくなったね ;゚∀゚)

私のこの胃の痛み、逆流性食道炎からくるもの
この原因を作ったものは何か・・・
実は言わなかったけど犯人は分かっているんだ。

はてはてはて・・・?

健康第一、商売繁盛!
何だか正月ノリの感じですなぁ *´∇`*)

 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

空しい・・・


IMG_0396.jpg

昼休み、身を乗り出して昼顔を撮る。
あまりに茂みの奥に咲いているので、
相当のけ反って撮ってみる。

横を通り過ぎる会社の人達、
クスクス笑っている。

はははっ ;゚∀゚)
私の体勢、まるで『がきデカ』だよ

赤面

ちょっと空しさが過る


 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

21_21 DESIGN SIGHT

今日は、東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで
興味ある展示会があったので観に行きました。

IMG_0462.png

その内容はまた後ほど紹介しましょう。

IMG_0407.png

久しぶりの赤坂ですね
たまの散歩も悪くはありません。

IMG_0399.png

そこらを散策。
今日はあいにくの曇り空ですね
でもこのぐらいが気持ちよいです。

IMG_0476.png

喉が渇いたのでオープンカフェへ
しかし飲んだのはシャンパン。
それも調子こいて2杯上げてしまいました。

ちょっと早いけど毎度毎度のベトナム料理屋でフォーをいただきます。
そこでもビールを一本!

IMG_0481.png

ミッドタウン内のスーパーで缶ビールとチーズ買って
ツレの運転する車の中で飲みまくって
そして爆睡ですよ(*´∇`*)

これで私の連休は終わったんだね (*´Д⊂ グスン…
さよなら連休。
でも最後は良かったよ♪



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (0)  

シオカラトンボ

捕食者が竹柵の先端に止まっている。

DSC_0034.png

彼らが虫を食べる様には見えないが
確かに捕食者である。

幼虫時にボウフラ
成虫でも蚊やその他害虫を食べてくれる頼もしい存在。

唯一、武士に愛された虫

何だか愛嬌があるのは
彼らの習性にも関係あるのかもしれない。



 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

内視鏡(電子スコープ)

あまりの調子悪さに先日耳鼻咽喉科に行った。

IMG_0398.png

胃カメラの予約はこれとは別に2件入れてはいるけど
予約が一杯で来週と10月頭でないと無理。
いい加減喉から胃に掛けて痛みもピークです。
逆流性食道炎なんで範囲が広い。
痛み出して2ヶ月・・・もう限界だよ

で、昨日有休取って耳鼻咽喉科で電子スコープをお願いした。
ここも予約で一杯だったけど知っている先生。
そこは頼み込んで診てもらいました。

先生「んー、ほら診なさいよアンタ」
先生「こんなにピンク色よ」
私 「えっ、それってまずいんですか?」
先生「ん、何言っての健康そのものよ」
私 「あらっ?」(良い結果なのだけど釈然としない)
先生「残念だけどここから先は内科の領分なの」

そっか・・痛いのはその先、
耳鼻咽喉科で見れる範囲ってここまでなのか

仕方ないか・・・。
しかし、納得いかないなぁ
2800円も取られて何も見つけられないとは
でもね、ここまでは健康ってことだし、
それが2800円で済んだのだから
善しとしないでは勿体ない。

来週の胃カメラ(健康診断)まで持つか?
変なのは出ないで欲しいよ

異常は出ないで欲しいが何かしらの解答は欲しい。
何とも釈然としないモヤモヤ感が嫌なのです。


 
テーマ : 医療・病気・治療  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

どこがスーパームーンなの?

スーパームーンって言うから
わざわざカメラ持ってきたと言うのに
なんだろコレは ((( ̄▽ ̄; )

DSC_0026.png

黒い画用紙に白いクレヨンで丸描いたみたいな
何とも単純な○ですね

所詮270mmではこんなものなんだね

DSC_0028.png

携帯よりマシなぐらいか (≧∇≦)
カメラもスーパーじゃないとダメなんだな
 

Category: GID

Comment (2)  

ニューハーフ読本

その昔、私が高校を卒業した辺りだったか、
ある本屋のそれらしい本棚の所にニューハーフの本が置いてあった。

ちょっと覗いてみる。

無線綴じの結構豪華な雑誌だったと思う。
値段が当時で2000円前後だったか、そこそこの値段のものだったかな?
内容はニューハーフとは何ぞや?みたいな何となくニューハーフ読本。
本のタイトルは忘れてしまったが白書系の本だった。

欲しい!

私も変わりたい!

これは買いだと思った。

さて、これをどうやってレジに持って行くか、正直迷いに迷った。
怪しくエロチズムに富んだ雑誌が並ぶ本棚の前を
高校卒業したてのガキんちょが30分以上、右に左にウロウロしていたのだから
店の人は怪しんだに違いない。

心に気合いを入れ、いざレジへ!

勇気を出し、表紙を裏返してレジのデスクに置くも
容易に店の人間にひっくり返されレジ打ちされる。

恥ずかしかった・・・

店の人の顔色さえ見る暇もなく、
私は本を受け取るとその場をすぐに立ち去った。

近所の本屋だからドキドキでしたね

さて中身は?

ページをめくってうっとりする。
夢の様な華やかさにまずは圧倒される。
男性から女性になった人達が可憐に舞台で舞っている写真が一杯ある。
それを見た私は宙にも舞う気持ちになった。

写真のページが終わると白黒のページだけになり
何とも気難しい用語が一杯載っている。
医学に関わる内容も書いてある。
そう、その当時は『性転換』と呼ばれるものだ。

私の目は釘付けになったのは言うまでもない。
何日も何日も同じページを読んだ記憶がある。

最後には表紙、裏表紙とも擦り切れたが、
それでも大事に持っていた。
手術の様子も図解で紹介。

私も私もと心が叫び、そして胸が痛む。
そう思っていても、何度も何度も雑誌に目を通す日々。

大学を出て、就職しても大事に大事に持っていた。

でもね、結婚する時に捨てました。
決別だったんでしょうね
それから何十年と月日が経ち、
結果的には、決別出来なかったのが分かる。
今の私の体、雑誌に載っていた当時のお姉さん達と同じだね

そう思うと私の想い出の雑誌、無性に惜しくもなる。

もし会えるのなら、もう一度会いたいな
あの想い出の雑誌に

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ






 
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

行方不明の家守さんへ

DSC_0093.png

先日の昼、ツレが階段脇の小さなガラス戸を開けた際、
そこから大きなヤモリが侵入して来たらしく、
捕まえようと思ったがあまりの素早さに逃がしてしまい
二階の洋服部屋に逃げてしまった。

えーどうすんのよ ´・ω・`)

「千と千尋の神隠し」でもあるまいし、
ヤモリの薫製だなんて見たくもないよん。

家の外で張り付いてる分には可愛いヤツだし、
実際顔が可愛いから嫌いではないのだが、
餌も無い部屋に逃げてもねー。

困った・・・。

家守さんへ、現代家屋において家の中では
虫はいませんぜ
どうか姿を現しておくれ(´・ω・`)


 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Excellent(Photo)

Tags: Caffèmocha  

Comment (2)  

渓谷に仇なす

DSC_0055.jpg

谷間に吹く風が心地よい
腰掛けた大岩の溝からトカゲが顔を出している
臆す事無くトカゲは言う

ここには昔、賢者が3人いたのだと
でも3賢者は仲が悪く
最後には争いになった

雷をまとった賢者が
竜巻をまとった賢者に引きちぎられると
地響きを起こした土の賢者が岩を真っ二つに割り
竜巻をまとった賢者を割れ目に叩き落した

残った土の賢者は高笑いを浮かべる

だが自慢する相手が既に居ない事に気づくと
寂しさのあまり土ぼこりと共に消滅する

後に残されたのは、深くえぐられた渓谷のみ
誰に仇なす事も無く
吹き抜ける風に7色の音色を乗せている

もっと分かり合えたらこの美しい光景が観れたろうに

争う理由を見つけたその日から
賢者は賢者にあらず

トカゲはそう話すと岩陰にそっと隠れた




 
テーマ : 思うことをつれづれに  ジャンル : 心と身体

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

雲に何を想像する?

IMG_0299.jpg

秋定番の雲が観れる季節
特に鱗系の雲はキャンバスの上に描かれたアンリ・マティスの絵を想像させる

幼き頃、父は白い紙を私の目の前に差し出しこう言い放つ
「ここに好きな絵を描いてごらん」と
私は鳥の絵を描いてみた
そして父は次にこう言った
「この鳥に繋げて何でも良いから違う何かを描いてみな」と
私は鳥のはねの先から虫の足を想像し、昆虫を描いてみせる
父は「他に繋がる絵は無いかな?」
私は鳥の頭の端を使い違うモチーフを想像する
そしていつしか白い紙は鉛筆の線画に覆われるのだ

そんな他愛も無い遊びを父とした記憶が蘇る

ちーっとも似てはいないが、父はこの遊びを
アンリ・マティス絵だと言う

あの頃、何がアンリ・マティスなのか分からなかった。
でも、今なら分かる気がする

父との記憶の中で大切な想い出の1つだ

私の絵の原点はここから始まったんだろうなーとしみじみ思う

この雲の中にどんな生き物や植物がいるのだろう
私はこう言う雲を観ると今も父の遊びとアンリ・マティスを思い出す



 
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。