Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

iポットな関係

保管No.27:2011年 7月 15日 (金)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


iポットな関係

皆さん『iポット』って知ってますか?

私はそれ利用しています。
随分前に話題になった一人暮らしの親とのコミュニケーションGoodsです。
どういったものかと言うと・・・

親元で湯沸かしポットを使うと遠くはなれた子供の家の携帯メールに
「今母が ポットを使いました」コールが入る仕組み。
言うなれば「私は生きてますよコール」です。
単刀直入に言うととてもインパクトある内容。

本当ならこんな事せずに一緒に暮らしてあげるべきなんでしょうけどね。
父が他界し一人暮らしも3年目。
寂しい思いで毎日を過ごしていると思います。
でも、田舎暮らしが好きな母には都会の暮らしが似合わないらしく、
前に一緒に暮らさない?の問いに「NO」の返事。

それに私の変貌して行く様を見ていてさすがにショックだったらしく
見る前と見た後での対応が変わってしまいました。
正直どう対処したら良いか悩んでいます。

既に年老いた母、毎日が心配だったこともあり苦肉の策として
『iポット』を 使ってみることにしました。
使用感、最初から上手く行くはず無いと思われていた行動も問題なくクリア出来、
正確にポット使用時間がメールで流れて来ます。
最初はその仕組みに感心するも次第にある事に気がつきます。

対応がとても無機質であること。
ロボットと会話しているみたいな感覚、何だろう凄い物悲しい気持ち は・・・。
母がポットに触れ、生きてますよコールすることって何か矛盾を感じます。
でも今やれることと言えばそんなことぐらいしかなく、お互いの距離感がとても歯がゆい。

私は実家に居る間は女性の性で生活しています。
自宅となんら変わらない状況で接するようにしています。
息子が娘でいるのだから違和感あってあたりまえです。
まだ、慣れていないから仕方ないのでしょうが、
母としてもそういうことから受け入れることが中々出来ないでいるようです。
当然、物事が平行線になるのはあたりまえです。
悲しいですが、仕方ありません。

しかし、今やれることをやってあげたい。
例え全てを受け入れてもらえなくてもいいです。
無事でいてくれるのなら

時に無機質な『iポット』対応も後腐れが無い分、スムーズにいきます。
今はこういう付き合い方も必要なのかもしれません。
地道と言われる程時間があるか分かりませんが、ゆっくり歩むしかないようで す。
いつかは全て受け入れてくれることを切に願って、今日もiポットコールの報告 に目を通します。
スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。