Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

オオサンショウウオ

保管No.326:2012年 8月 14日 (火)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


オオサンショウウオ


sansyouuotoaoisora.jpg


その昔・・・
そうボクが小学生だった頃の大昔

秋川渓谷にオオサンショウウオが出没したというホラが出回った。
今にしてみればそんなことありえないのに・・・

それはサマーランド近くの川に出没すると噂がたった。
ここにはトウキョウサンショウウオという
今は絶滅危惧種になっているサン ショウウオがいるが、
オオサンショウウオなどいるはずもない地域。

でもね子供ながらに皆騙されて
巨大なサンショウウオを見に行こうと4人の勇者(バカ)が集まった。

その頃、東京都の武蔵村山市に住んでいて
サマーランドまでは約14~16km程の距離があり、
自転車でも相当の距離だったが後先考えないのが昔の子供。
バカ丸出しだが、昔はこんな距離へでもないと思っていた。

何か似ている・・・スタンド・バイ・ミー。
でも、ボクらの方が早いな 笑)

ガキとはバカが形になったものだ。
だって、サマーランドの近くという情報だけで行ってしまうのだから
まぁ今ならきっと小学生でもググるだろうさw

それだけ昔はのん気だったのさw

さて、散々汗だくになってサマーランド横の秋川に着いてみる。
うん、見つかる訳がなかろう 探しまわれば回る程途方にくれて、
最後は川で水遊び! 泥だらけになっていった。

もうオオサンショウウオなどそっちのけである。

誰が口火を切ったのか?
「サマーランド入ろうぜ!」
皆面白がってその話に興味津々!

なぜならその当時噂されていたのが、
サマーランド横の崖プチからよじ登って柵を簡単に乗り越え
タダで遊べるなんて噂が流れた事があった。

んーあってはならんことだよ。
入場料はきちんと払って入ろう!

でもね、昔のガキんちょは総ビンボーな家庭ばかり
今の子のようにちょっと我慢すれば何でも買えたり入れたりする時代ではない。
だからこんなくだらない噂も流れたのだと思う。

ボクは仲間内でも学年が下でとても崖は登れそうも無く
リーダー格の子とサブの子が2人だけで遊んで来ると言い出した。

いや・・・普通仲間が入れなかったらやめるだろ 汗)

まぁ仕方ないからだまって彼らの行く末を見ていた。
すると館内から不穏な動きあり!
リーダー格の子がもうちょっとで柵に入ろうとした時の事、
中にいたガードマン2人が慌ててこちらに向かって来るではないか!

「コラーお前らー!」怒鳴り声が聞こえた!
リーダーピーンチ! 「逃げろ!」
そう言ったかと思うといきなり柵のこちらに戻るように着地!
一斉にチャリンコのある場所に駆け足なボク達。

なんでボクまで走るんだと思う間もないよ 絶対、
子供ながらに共犯と位置づけられると直感で分かったから
柵の向こうでガードマンがわめいているのが分ったが無視して必死に走る!

程なくしてチャリンコに到着し、
そのまま帰路につくことになった。
追って来ないの分っているのに何故か皆スピードを落とさない。
きっと車で追っかけて来たらなんて思っていたのかもしれないね

ゼーゼー言いながらも皆家近くまで来た。
既に皆意識朦朧。
言葉少なく皆散り散りに自宅に帰る。
体は汗と泥でグチャグチャでカピカピである。
親には言えない。

まぁ普通言えないね

少年だったからこそ味わえた冒険!
きっと少女ならここまでバカはしないだろう。

女の子達がする遊びを誰よりも望んでいた自分ではあるが、
でも、こんなバカげた男の子だからこその特権も捨て難いものがある。

夏の日のほろ苦い想い出
夏空を見るとたまにその頃の自分が懐かしく思う。




<当時のコメント>

少年
こんばんは。
誰もが思いだすような話、
池や川でおぼれそうになったり、
気がついたら道に迷って帰り道が分から
なくなって真っ暗になってから帰って怒られたり。
子供の頃は自分の街から出たら全て冒険、
子供同士の縄張り意識も有って隣町へ一人で出るのもドキ ドキした頃。
覚えているのは大変な思いをした時の事ばかり、
その当時の友達も今は消息すら分からない。
今ではただの懐かしい思い出、
思い出はしまっておいて忘れたころに引き出せばそれで良い。
milkへ 悩んでいる様子は手に取るように分かる、
何もしてやれないけど「ガンバレ」
こういう時は寝るのが一番。
お休み
t2 tahara_t2 2012年 8月 15日 (水)


Re: 少年
tahara_t2さん、こんばんわ
子供とは無邪気でいて冷酷、生意気で馬鹿である。
でもねそれだからこそ可愛いくもおある。
愛くるしい程に憎々しい程に狂おしい。
可愛い子供を見ると心が痛い
自身の道を突き進む。
心が痛い、
破裂しそうに
馬鹿なのは子供ではない
私が一番大バカ者である。
夏はそんな感傷に浸る時季
自分を見つめ直す大切な時季
きっとtahara_t2さんも
そんな大事な想い出が一杯あるのではないでしょうか?
milk 2012年 8月 15日 (水)








スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。