Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Coming out(カム)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

夏と友だち(カミングアウト)

保管No.32:2011年 7月 23日 (土)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


夏と友だち(カミングアウト)

夏は嫌いだ
汗をかくのが嫌だ
汗臭くなるのがとても嫌だ
化粧が落ちるし
日に焼けるので嫌だ
虫も活発なので気持ちが悪い

でも・・ ムクムクと膨れ上がる入道雲
それを見ていると何だか胸が熱くなる
今も鮮明さを失わない
彼らと遊んだ真夏の出来事
私の脳裏を闊歩し忘れたいのに離れようとしない

バイクで無謀とも思える遠出の日帰りツーリングを決行し、
ワインディングを個々に楽しみ過ぎた結果、
帰りは皆行方不明になったあの夏。

とある避暑地でキャンプファイヤーを囲み、
酔ったしょぼつく目で薫製ソー セージを食べながら
くだらない話題で盛り上がったあの日の夜。

スキューバーダイビング免許取得後、グアムで早速実践、
全てが鮮明な青に染まるスポット、
ブルーホールに行き仲間共々感動したあの海。

それらは遠い記憶ででしかなくもう帰る事が出来ない大切な思い出。

思い出は生きている間、永遠に描く事が出来る。

ただ、同じメンバーで過ごす思い出はもう無いようだ。

これは私の意思ではなく、個人の価値観のズレからくるもの
誰が仕組んだものでもなく、自然とそういう流れになったものだ。

親友はどんな悩みも聞いてくれる。
親友は裏切らない。
親友は辛い話を茶化したりはしない。
大なり小なりあるものの今まではそう思っていた。

だけど今回の事で私の親友像は儚くも夢と消えることになってしまった。
それは私自身の驕りであり幻想でしかなかったのかもしれない。
彼らが悪い訳ではない。
だからといって私自身が悪い訳でもない。

それはあるメールの送信から始まった。
GID(性同一性障害)であることをカミングアウトをしたあの日、
私は当然返事が返ってくるものと信じていた。

親友ならこのぐらい大した事無いとそう思っていたからである。
笑ってメールし、ラフ感を演出するも実は中身は真剣だったりする。
でも相手はそうは取らなかったらしい。
私の舞い上がってしまった文書がいけなかったのかもしれない。
ひょっとしたらあの言い回しに嫌悪感を覚えたのか?
あんな所に絵文字なんていれるべきではなかったのか?
本題に入るまではほど良いレスポンスで送受信していたのに
本題に入った途 端、次の日になっても返事が来ない。

脳裏に浮かんだ事・・・嫌われた。

たぶん生理的に受け付けないというのが当てはまるかもしれない。
目には見えないが、ノドから手が出る程助けを求めている自分がいる。
助けを求め、友に打ち明けたメール。
それで助けてもらえるはずだった。
でも・・・ 友がそれを察知することなく話は終演を迎える。
状況は改善どころか逆に落ち込んで行く。

舞い上がらないできちんと順序立てて説明すれば良かったのか?
分からない。
今更電話で話す勇気もない。
目には見えないけど空気が淀んで行くのが分かった。

自分の中で終わったと感じた。

間違いであって欲しい反面、あきらめている自分もいる。
もう一度、メールしてみよう。
期待とあきらめが交差する複雑な文書が出来上がる。
きっと私の中ではどう話せば良いのか分からずにパニクっていたのだと思う。
当然、ど壷にはまっていることを知らない自分。
メールは送信される。

しかし・・・
待ち人は二度と来ることはなかった。

一人、また一人と減って行く楽しかった思い出。
離れて行った仲間もいれば
意志に沿わない言動に離れる自分もいる。

今は思い出したく無い。
とにかくその思い出付近にはいたくない。
安易な同情はいらない。
そう最初は思っていた。

でも・・・今はそんな余裕も無い。

夏は嫌いだ。
今は入道雲を見るのも辛い。
夏は嫌いだ。
悲しい思い出に包まれ過ぎている。

しかし、もう一度好きになりたいとも思ってもいる。
それにはもう少し時間が必要かもしれない。


<当時のコメント>

こんにちは、
お久ぶりでコメントさせて頂きます。^^
Yukiさんも辛い思いをいろいろされているんですねぇ 自分の環境というか世界が一変してしまうと、それはやっぱり 相手の方にとってもYukiさん自身が別の人になってしまった かのように思えてしまうのかもしれませんねぇ・・・
本当の所を知りたいと思っても他人にしてみれば何処まで踏み込ん でいいのか分からないし、そもそも家族とか身近にこの様な経験を している人がいないとなかなかこれを理解するのはたぶんとても難しい事だと思うのです。
理解しようと心を砕いてくれる優しい方やたぶん頭の柔軟な方は 私の周りでもとても貴重な存在です。
それだけに、そうしてくれる友人には本当に感謝してます。 それにいろいろな事情で嫌な思い出で終わってしまう友人というのは 誰にでも一人や二人いるものです( ^ω^ )
私もがんばりますので、Yukiさんもがんばってくださいませ^^
長くなってごめんなさいね^^
ココ 2011年 7月 25日 (月)

Re: こんにちは、
ありがとうココさん
とても嬉しいです。 ボクにとってこの一番辛い体験は今年の初夏の頃でした。 あの時程辛いことはありません。
ただもうこれについては幸いにも打ち止めになりそうです。 もうカムしたい友達はいませんね 疎遠気味の友に言っても意味ないですしね
ココさんも苦労している感じが文書で伝わって来ます。 色々あるんですね
ココさん重ね重ねありがとう また遊びに来てくださいね♪
yuki 2011年 7月 26日 (火)

タイトルなし
なんかデジャヴュww 私も似たような事あったよ。
冬露草 2011年 8月 3日 (水)

Re: タイトルなし
冬露ちゃん こんばんわぁ♪
あらぁそうなんだぁ GIDの人は多かれ少なかれ皆経験してるでしょうねぇ...
yuki 2011年 8月 4日 (木)


 
スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。