Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Go out(外出)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

被災地気仙沼へ(その2)

保管No.347:2012年 10月 10日 (水)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


被災地気仙沼へ(その2)


IMG_0274.jpg
(松島のホテルからの朝焼け)

今日は、目的地手前、松島のホテルから気仙沼入りし、
友達に会う事になっている。

朝風呂に入り、さっぱりしたところで軽くお化粧をして朝食をし、
荷物をまとめる頃にはギリギリチェックアウト時間。
温泉良し、食事良し、部屋最高、施設良し。
良いこと尽くしの宿だったけど、
最後にホテルマンの挨拶がとんでもない一言 のせいで
ツレは史上最悪のお冠バージョンにジョブチェンジしました。
その牙は必然的にボクに向くんだな ́_`;)トホホホ

せっかくのいい気分を・・・頼むよホテルの人!

さて、気を取り直して気仙沼に向かいます。
と、その前に、ホテルに隣接している施設、
「藤田喬平ガラス美術館」がある ので ついでなんで見て行きます。


IMG_0286.jpg
(この手の芸術はよく分りません)

IMG_0365.jpg

それよりもとてもキレイにしている庭に感動!

IMG_0338.jpg

では、時間も無いので先を急ぎましょう。
とりあえず海岸線を北上します。

今日はとってもいい天気、青い空に白い雲。
こんな日に友達に会えるなんて最高です。

IMG_7926.jpg

松島を出てからどのくらいたった頃だろう 途中、
ドライブインぽいところによって、お昼を取る事にします。
道の駅って奴なのかな?
自衛隊がここで駐屯した形跡を残す文書もあった。
何となくですが、被災地に向かっている感じが肌に伝わります。

IMG_7931.jpg
(何て言うか・・・豪快な味だったw)

大雑把な作りのどんぶり物を平らげ、再び気仙沼に向かいます。

IMG_0384.jpg

海岸線近くに広がる田や畑などがとても奇麗です。
ここで巨大地震が起きたなんて信じられない程です。

IMG_0404.jpg

ん?

IMG_0425.jpg

海岸線に隣接する山の木が異常に枯れているのを発見!
あぁ松食い虫の被害か、酷いな~コレは・・・

でも何か変だ? ・・・・

何となく状況が見えてきます。

塩害か・・・

次第に言葉が無くなっていく車内。
この意味ありげな水場や岩場って・・・水没?!

IMG_0452.jpg

そう、よく見ると一面、宅地の跡と思える開けた土地が続きます。

IMG_0433.jpg

要所要所に積み上げられた車の山や火災道具の山
それに木材の山等が見え始め、倒壊した家や破壊された橋 えぐられた山、
不気味に崩れたトンネルや地盤沈下した土地など・・・

IMG_7961.jpg

いきなり悲惨な現状が広がります。

IMG_7958.jpg

え!?

まだ、何も片付いていない。
そう感じました。

あまりに酷い惨事に絶句する程です。
携帯でとにかくバシバシと撮りまくりました。
構図なんてどうでもいい、とにかく撮るべきだと何かが働いているようです。
でも、撮っている間、頭の隅でよぎっていたこと、
この惨状を勝手に撮るべきではないようにも思えました。

IMG_7951.jpg

でも、撮らないと
どうやら撮る方が勝っているようです。

そう、自分の考えが甘いのだと感じたのかもしれない。
ちょっと瓦礫でもあれば記念になんてレベルでは無い!
もうそこで何が起きたのかがハッキリ分かる程の息づかいを感じました。

だんだん見るのが辛くなって来るのが分かった。

何というか、
そこに今まで生活していたと思うと正直胸が痛くなってくるよう です。
ここが玄関でそこが居間、そこが浴室で・・・
何百、何千、何万とそんな光景が広がります。

地獄! そう地獄です。

ここはそんな場所なんだ。

IMG_0437.jpg

今更、急に友達の安否を想定以上に気遣うボク。
そっか・・・今じゃないんだよね

海岸線は平和そのもの
でもねよく見ると停泊中のボートが水の真ん中で止まっている。
目を凝らすと、手前の防波堤が海に沈下しているのが分かった。

IMG_0447.jpg

何も平和ではなかった。

先を急ごう!

目に痛い光景は止む事は無かった。
そっか、もうここは気仙沼なんだ。

ほどなくして宿近くに着いた。
宿は震災中心部です。
見ての通り、周りは被災した家屋、瓦礫、宅地跡である。

IMG_7967.jpg

この宿、実は震災当時、被災したホテルなんです。
それを復興し、今現在経営までこぎ着けました。
内装はいたってキレイです。
普通にこギレイなホテルに驚きです。
と言うのも外観は未だに足場を組んでいるところもあるようです。
経営も必死さが伝わります。
ただ、お客さまが快適に過ごすにはまったく問題はありません。
顔には出さない!そんなホテル側の姿勢なのかもしれません。

IMG_7971.jpg

しばらく休んで友達が仕事を終わるのを待ちます。
その間、風呂に入ります。
この時間なら誰もいないとふんで今日も女湯に入りました。
ここはただの湯ですね、窓から被災した街を望めるのだけど何か複雑です。
洗いに専念しよう。

IMG_7972.jpg

いい湯だった。
ちょっとゆっくりして化粧もし直します。

19時を回る頃、友達より電話が入り、
ホテル下に車で到着したよとのこと。
急いでロビーに向かいます。

あぁ何年ぶりだろう、そこに懐かしい顔を発見した。
変わってないな~姉さん!
大好きな声もキレイなままに美しい音色でボクらを迎えます。

ええっ!、わー〇〇ちゃん?!!!(ボクを見て一言め^^;)

やっぱ驚くよね^^;

大丈夫だよ!早く乗りなよ~
おぉさすが姉さん、肝が据わっている。
旦那さんの運転する車に乗り込みます。

旦那さん、仕事がまだあるからと
ヘルニアをおして酒も飲まず付き合ってくれました。

ほんと色々セッティングしてもらい、被災地巡りもさせてもらった。
この場を借り、お礼を言います。

ありがとうございました。

とにかくまずはお腹を満たしに行きます。

IMG_7973.jpg

各街にある復興商店街巡りです。
ほとんどがプレハブ造りでとっても雰囲気があって

失礼とは思いつつも可愛い感じがします。
愛くるしい感じの商店街。

何処も店内狭しとやってはいますが、
凄い活き活きしているのが分かった。
この活気の源はきっと住人の負けないぞパワーなんだと感じた。

あぁいいな~
そうなんだ ボクはこれが見たかったんだよ!

それだけでとっても気分が良くなって行くのが分かった。

色々回ったけど結局最初に行こうとしていた寿司屋に決定!
店内に入ります。
色々風評被害も噂されますが、
店内はお客さんで賑わっていました。

うん、美味かった!
こうやって地元に貢献出来る事は嬉しい限り!

姉さんに聞いたところ
一番嬉しいのは見えない寄付金ではない。
地元に遊びに来て、落としてくれる客!
それが一番嬉しい事とのこと、そっかボクらは来て良かったんだ。
何となく安心しました。

でもね、ここの会計、ガンとして払わせない!
あぁやっぱ田舎の人のもてなしは半端ではなかった。
上記で述べた事実行出来ないじゃん^^;
まぁ仕方ないね他で利用しよう。

次は焼き鳥屋に行きます。
別の街の復興商店街に行き、焼き鳥屋で一杯やります。

IMG_7976.jpg

この間、今までのごく労された経験を聞きました。
それに生々しく、聞いているのが辛くなる程です。
でも、旦那さんがそんな悪い空気を察知すると
笑い話に転化するのが分かりました。

そっか・・・そうなんだ
旦那さんはそれだけ死線を見てきたのだろうね~
もう暗い話はウンザリなんだと悟りました。

いい頃合いで酔いも入り姉さんもツレも気持ちよい感じのようです。
お勘定を済ませ、ザ!被災地に向かいます。

いや、別にいらないかな~と思ったけど
ほとんど強引に旦那さんに連れていかれた感じです。

着いたのは、
巨大船が津波に流され無惨にも陸上げ状態から身動きが取れていない漁船。
そう、マスコミも結構取り上げている場所でもあります。

IMG_0487.jpg

残念な事に夜は携帯のカメラや安物のデジカメでもダメですね 撮れませんでした。 また、明日にでも来ます。
ホテルに送ってもらい、別れをする際、明日帰る前に一度立ち寄る事約束! お土産を渡しじゃっこして別れます。
あぁ今日は一杯のものを見た気がする。 とっても疲れた。
被災地云々語れぬ程、疲れた。
でも、良かった・・・姉さん達が無事で、それにお約束のいい顔も見れ それだけでボクらはとっても満足でした。
自分たちへの約束、また1つ更新出来ました。


<当時のコメント>

No title
松島のホテルからの朝焼けが凄くキレイ。
気仙沼は大変被害の大きかった場所ですね。
私の勤めている会社、気仙沼にもあり膨大な被害にあいました。
たまたま見つけたYOU TUBUでその会社の被災真っ只中の映像を目にして
恐怖で震えました。
やはり、復興はまだまだですね。
ブロ友さんのご実家の方も凄い被害にあわれたところなんですが、
夏にその写真がUPされて様はやはり悲惨で
復興とは程遠いもので見ているだけで胸が痛みました。
復興しないままの姿はいくつもの魂が浮遊しているかのように
見えてしまうのは私だけでしょう か・・・。
日本中から、そして世界中から寄せられた寄付金は?
どういうふうに使われているのでしょう・・。
復興商店街なるものがあるのですね。
こういう光景は心も明るくなります。
そして被災された多くの方が、一生懸命前を向いてらっしゃる姿には
本当に頭が下がる思いで一杯です。
普通に生活している事がどれほど幸せなことなのか、
ついつい忘れてしまいますが、
milkさんの記事を読ませて頂いて改めて気づかされた思いです。
お友達との再会。
良かったですね^^
お友達の驚いた顔が浮かぶようです。
そりゃ~驚くよネ。
こんなに色んな思いが詰まった日記に上手くコメント出来なくてごめんね。
何度も読ませてもらいましたが 言葉がなかなか出なくて
被災地の写真に胸が詰まって上手く書けませんでした。
SORA 2012年 10月 10日 (水)


Re:No title(SORAさん)
SORAさん、こんばんわ
ブロ友さん、大変だったのですね
現地を見たからかもしれませんが、惨状の悲惨さ
骨身にしみる程、分かったような気がします。
もちろん、上辺だけですが、以前にも増して
どんなものだったのかよく分かる様になったと感じます。
ブロ友さんが心身共お元気になられる事をお祈り致します。
寄付金・・・今朝も新聞に載っていましたが、
暴力団員の飲み代に消えた話は載っていました。
この人は暴力団と言えど人間、胸が痛まないのか?
と思った程です。
善意を食い物にしているのがつまり893ですか?
昔は仁義があったと思うのですがね~
素人の出る膜ではないのかな? 忘れましょう!
復興商店街にぎやかでしたよ 気持ちよかった!
ほんと活気があって素敵でした。
みんな楽しさに飢えているようです。
そう、普通以上にはしゃいでるようにもみえました。
SORAさんが言う様に普通が幸せ だから今が普通でない状況!
それを笑いで飛ばしている様にも見えました。
みんな頑張っているのですね
友達と再会! ハイ!やはり驚きますよね
それ以上にご苦労が身体に出ていたので
そちらを心配しました。
ほんと心身共に活気を取り戻して欲しい!
そう願います。
SORAさん上手く書けなくて当然です。
ボクも支離滅裂ですもの^^;
ボクらに出来る事、暖かく見守ってあげることだと思う。
その気持ちを"忘れない事"、これが一番大事です!
milk 2012年 10月 11日 (木)







 

スポンサーサイト
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。