Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 在職トランス

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

形振り構わずトイレに駆け込む

保管No.382:2012年 12月 17日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


形振り構わずトイレに駆け込む


IMG_1486.jpg


最近吹っ切れた事がある。
それは、トイレについてだ。

普通、性同一性障害(GID)とて男の格好をしていれば当然男のトイレに入る。
男の格好で女のトイレに入る事も出来るが、ある意味挑戦だ。
ちなみにユニセ○クス系の服装なら男も女も無い、
普段着なら性差のない同じ物を着ている場合だってある。
外身より中身の問題でもあるし、見た雰囲気(体格や化粧の有無)でもあるのかな?

公共のトイレの規定はよく分からない。
これについては各都道府県、それぞれの規定があるだろうし語るのは避けておこう。

ここで注目すべきは会社のトイレだ!
当然、男時代は男のトイレを使っていた私。
駆け込み以外は個室(箱)を使うが、やはり箱が塞がっている時や駆け込み時は
不自然なので金隠し系を使用していた。

で、フルタイム女性になってからはどっちにしたか?

始めて女性の格好で会社に来た日の事、私は『男子トイレ』を選んだ!
あらかじめ人事とも相談し、同じ階の女子トイレの承諾を得ていたが、
私は男子トイレを選んだ。

分るでしょ、色々大人には事情があるものなの

でもね・・・男子トイレに入って早々、事件は起こる!
これも当然の流れ、この流れは本道。

自身が男子トイレに入る時は誰もいなかったのでそのまま箱に駆け込んだけど
問題は出る時、 用を済ませて手洗いをしていた時の事、
ある男性社員が勢い良くドア開けて入って来た!
ドアを開けるとすぐに洗い場があるのだが、私はまだ手を洗っている。
その自身の後ろ姿を見るなり男性社員は、「あっ!」と発し、立ち去ってしまいました。

たぶん原因は私だね・・・ でも普通は確認したら戻ってくるでしょ、
でもね彼は二度と戻っては来なかった。

とにかく早々に退却した方が懸命と思い、
洗いもそこそこにハンカチで手を拭きながら出入り口に向かう。

そこで遭遇2件目、バツが悪いことに3人のお客さんらしき人達と
今度は向かい合わせ、 つまり鉢合わせになってしまった。

お客様:あれ?、あっ、すいません。
と、一礼、それも3人全員だ。
振り返って出ようとしている。
あちゃ~、一番不味い場面に遭遇。
私 :いえ、ここで良いのですよ(分り易く"素"で喋る)
目を真ん丸にして私をジロジロ見ながら横切って行くお客様。
あまりいい気分とはいえない。

これに懲りた私、ウチの社員ならともかくお客様に迷惑掛かるのはいただけない。
仕方なく、階をまたいで上階又は下階の女性用トイレで用をたすことにした。
これなら知り合いに会う事も少ないし、人にギョッとされることもない。

ただ、用をたすだけなのにトイレに行くのにエレベーターを使う。
運が悪いとエレベーターが混んでいて5分掛けてやっとトイレにという事もある。

しかし、それは良い方で18時半ともなると全エレベーターを止められる。
基本、ウチの会社は残業をしていけない事になっている。
なので18時までに会社を出なくてはいけないのだ。

この業種で18時前に帰るって基本難しい。
毎日の様に残業をするが、19時になると冷暖房は無い、エレベーターは止められる。
夏は暑いし、冬は凍える最悪のパターン。

これについて自身の考えを述べると角も立つので触れるのはよそう。

そしてここからが本題。

とにかく残業後のトイレが大変で 階段を使うのだが、結構な長旅、
帰ってくるだけで15~20分はくだらない。
女は化粧直しがあるからね・・・。

なんで、トイレだけでこんな目に遭うのか・・・泣)

それでも半年間、こんな事をやっている。
我ながら"遠慮"と言う奥ゆかしいものを持っていてバカが付く程感心する。

同僚の女性達には、
「バカじゃないの~勝手に行けばいいじゃん」とか
「そんな奴ら気にするな!」やら
「ほら、一緒に付いてってやるからおいで~」や
「私が言ってやろうか~」など、

姉さん達らしい気持ちの良い一言も多く寄せられ 勇気づけられる一方で、
中々その一歩が踏み出せない私がいた。

そんな生活もとうとう先週終わりを迎えることになった。

それはとてもあっけなかった。

ブリーフィングが2つ重なった時の事、
1つ目が異常に長いブリーフィングになってしまい
2つ目のブリーフィングまでに5分も無かった時があった。
バツが悪い事にオシッコが漏れそうだ。

もうね、考えている余裕なんて無い!
申し訳ないが、仕事優先で同じ階の女子トイレに駆け込んだ!
それこそ形振り構わずに猛進した。
お陰で次のブリーフィングにもきっちり間に合った。

あれから1週間が過ぎた。
今も同じ階の女子トイレで用をたしている。

始めてしまえば、何て事は無い。
まぁ色々あったけど、関係者様達は沈黙を守っている。
今後の動向が怖いけど、今はこれがベストです。





<当時のコメント>

案外、そういうことを一番意識してるのは本人なのかもしれませんね。
周りにとって自然な存在になっちゃえば、周りの人にとっては普通のことなのかも。
トイレが遠いと大変ですよね。
あたしも半年間そうでしたよ☆
めぐみ 2012年 12月 17日 (月)


Re:No title(めぐみさん)
めぐみさん、こんにちは。
>案外、そういうことを一番意識してるのは本人なのかもしれませんね。
>周りにとって自然な存在になっちゃえば、周りの人にとっては普通のことなのかも。
なるほど、そうなのかもしれません。
こういうのって過去の自分と向き合っての行為に繋がるので、
当然、過去に見てくれが男だった事を意識してしまうのかもしれませんね。
周りの人にとっても正直どうでもいいことなんでしょうね
用を足すだけの事に一々周りに気を使う人など
よっぽど混んでいて並んでいるぐらいならありかもしれませんが、
普通は気にも留めませんしね
>あたしも半年間そうでしたよ☆
めぐみさんもやはり気にしてたんですね^^
そんな風に同じ気持ちになる人がいるってとっても安心。
行き着くところは似る物なんですね^^
milk 2012年 12月 17日 (月)


No title
色々と大変なことがあるんですねぇ。
ん~σ(¯、¯=)と想像しながら読ませてもらいました。
時間はかかったけど、これで良いんですよ!
やっぱ、女子トイレを使用するのが正しい選択だし
自分の仕事場の階の女子トイレでOK!
もう遠慮など無用((=゚▽゚)/
SORA 2012年 12月 17日 (月)


Re:No title(SORAさん)
そうなのSORAさん、結構考えてしまうものだよ
こんにちは、SORAさん。
たぶんその逆なら恥ずかしい程度で済む事だけど
昔とて元は男、何かあれば犯罪で不利な立場が多いのも男。
そういう事でネイティブ女性が拒否反応を起こすかもしれない?
と 考えるのは至極当然だと思います。
とにかく、箱に入って用を足してジャーで済ませて手洗いをして程度の事で
一々騒がれたく無いと言うのが私の考え。
結果、こうなってみて今幸せです。
>もう遠慮など無用((=゚▽゚)/
うん、ありがとう^^
milk 2012年 12月 17日 (月)









スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。