Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Go out(外出)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

フレンチ・ウィンドウ展 と スカイ アクアリウム2011

保管No.38:2011年 8月 2日 (火)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


フレンチ・ウィンドウ展 と スカイ アクアリウム2011

前にこのブログでも紹介したと思いますが、
実は前回六本木ヒルズを訪れた時に少々心残りになっていたことがありました。
それは美術館巡りです。
こういったモノそれほど嫌いではない自分、
前回ここに来た時フランス現代美術の最前線が観覧出来る
『フレンチ・ウィンドウ展』がやっていたのは知っていたものの
その時は気乗りがせず行きませんでした。

強がって観なくて良いと思っていましたが、何故か心に引っかかるものがあり、
抱き合わせ系の展示施設で他にも楽しめるとあって今回『スカイ アクアリウム2011』と
『展望台』も楽しみましょうと再び六本木ヒルズを訪れました。

早速支度を整え、車で一路六本木に向かいます。
今日は珍しく素足でトレンカ無し、マキシ系のスカートで出発。
んーやっぱ夏は蒸れなくてコレがいいのだけど、さすがに私のゴツイ脚は曝け出せませんよね 笑)
ヒルズに駐車し早速フレンチ・ウィンドウ展へと思っていましたが、
パート ナーのけやき坂通りを見たいということになり"高級"ブランド街に向かいます。
んー正直自分は興味ないけどたまにはこういった空間もいいですよね。

日曜だというのに閑散としてます。
やはり不景気なんですかね~?

さてお腹スキスキです。
お昼まだだった。
でももう4時近くか・・・小ピザでつまむ程度かな?

オープンカフェらしきところがあったのでそこで小休止。
早速飲み物とピザを注文!
が、しかし、メニューにあるのにピザはやってないとのこと・・・
んー何だかなぁ、仕方なく飲み物のみ注文、こんなところで重たい食事は避けたいのが本音。
お腹が鳴っているが夕食まで我慢ですね。

さて、高層階に向かいます。
何から見ますかね~ まずは展望かな・・・

早速中へ おぉ~東京タワーいきなり見えますね~
背はこちらの方が低いけど東京タワーの方が低く感じる。
今日は雲っていてやや視界が鮮明でない。
近場の視界ならOKなので夜景に懸けた方が良さそうです。
ひとまず退散です。

次はスカイ アクアリウム行きます。

TokyoTower_Kumanomi.jpg

まるでアートのような水中世界らしいけど一体どんなものなんでしょう。
うはっ、混んでる・・・魚より子供らの方が一杯いる気がする。
こらそこっ、私のスカートの周りをぐるぐるして遊ばないw
通路で寝転がって通せんぼなんかしちゃいけないw
はいはいっ、順番、順番守ってちゃんと見る見る
って、オイ!『こらーっガキどもーっ!水槽叩かない!』
んー、いけない・・・大人げない 笑)
可愛い悪魔達にほとほと疲れた筆者。笑)

Aquarium.jpg

感想ね~・・・ 落ち着いて見れません。
というか、すごい人で水槽まで行き着けない。
横柄なカップルが場所占領。 それに何か殺気立ってる。笑)

u-pa-ru-pa-.jpg
(ウーパールーパー懐かしい)

そっか! これ魚見るところじゃなく人間観察『スカイ ヒューマニウム』だったのかぁ
でもスカイ アクアリウムかろうじて見れた場所は確かに絵画の世界のようでとても奇麗でした。
人が空いていたら最高のイベントになりそうです。

いよいよ『フレンチ・ウィンドウ展』に入ります。

フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線
「マ ルセル・デュシャン賞」10周年を記念し、
グランプリ受賞作家をはじめ最終選 考作家やデュシャン本人を含む
28名の作品を一挙公開した展示会らしいです。

私が一番見たいのが「アフロのミシュランマン」とサーダン・アフィフの「どくろ」です。
特にサーダン・アフィフの作品は絶対見たい。
空間全部が彼のキャンバス。

中へ入ります。
いきなり、はぁ? うわぁ ふ~む あらら うへぇ ほぉぉ
えーと、○○と芸術は紙一重なのか○○が芸術なのか?
ここまで来ると凄まじいものがあるなぁ
こじつけている?
そう思えてならないものから頭をひねるもこれぞ芸術だと思えるものもある。

いました。
アフロヘアーのミシュランマンブラウン でかい! ふぅ~ん、なるほどね♪
程なくしてサーダン・アフィフの「どくろ」が見えてきました。

おぉ、 不規則に置かれたミラー状の鉄球。
その1個1個の鉄球面の湾曲し反射した中身を見ると何と自分の後ろにドクロが浮かび上がる仕掛け。
でも振り返るとドクロはいない。
目の錯覚を利用したアートなんだけど不規則に置かれた鉄球自身も置かれ方が絶妙にバランスが良く
全てにおいて◎だと思います。
こういうところ(錯覚アート)に着目するのって私的にはありです。
アイデア勝負ですね。

見るもの(量ではないです)は少なかったけど得るものは大きかったと思います。

あたりは結構暗くなってきているようです。

展望台に行きましょう。
さすがに夜景時間、混んでいます。
出来れば椅子に座りながら東京タワーの灯りでも堪能したいけど中々難しそうです。
と思いきや、いきなり真ん前のお客人が立ち去りラッキーにも特等席もらいました。
19:00になり東京タワーに灯りが入ります。
ん~キレイです。
いつも下から上目線だけど同じ目線も良いかもです。

CA3F0147_b.jpg
(携帯じゃ暗がりで反射ガラス面の撮影は無理、化粧を施しありえない絵にします)

男女のカップルのはしゃぎ様、まぁそうだよね
でも私らも一応DNA的には男女カップルなんだけどね 笑)

とにもかくにも雨振らなかったから良かったです。
そろそろ夕食にしましょう。

今日は六本木ヒルズ内は止め、外で探します。

六本木ヒルズからメトロハットを抜け小さな路地に入ると今日目的の店を発見!
スペイン料理の店ですね。

amor_de_grudi.jpg
(店舗は六本木ヒルズからそれほど離れていない)

店名:アモール デ ガウディで夕食にします。
ガウディと銘打っているだけあって店内はアントニオガウディの建造物写真が
あっちこっち飾られていました。

tennai.jpg
(サグラダ・ファミリアなど建造物写真が多数展示)

お薦めのワインとサラダ、ちょっと変わったパエリアを頼みました。

paella.jpg
(あっ、食べてから撮ってるしウチの人 ∇≦))

パスタのパエリアって初めてかもしれない。

店内の雰囲気も店の人も気さくな感じでとても良い雰囲気で肝心の料理の方も
とても美味しかったです。
次この辺来るとしたらやはりミッドタウンの方かな?

それは次回考えましょう。


<当時のコメント>

No title
初めまして。 それ私も行きたかったやつだ・・
冬露草 2011年 8月 2日 (火)

Re: No title
どうもです。 8/28までやってるようですよ。 まだチャンスはありますよ ^ω^)
yuki 2011年 8月 2日 (火)

No title
hahahaha・・・ 仕事だ・・・
冬露草 2011年 8月 2日 (火)

Re: タイトルなし
冬露ちゃん おはようです
そうでしたか...それは残念 ω・`)
yuki 2011年 8月 3日 (水)

 
スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。