Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

コロナビールと太陽の香り

保管No.387:2012年 12月 30日 (日)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


コロナビールと太陽の香り


IMG_2284.jpg


今日は『Monsoon Cafe』でお夕食。
ここ、街の居酒屋のノリで注文すると最後のチェックが凄い金額になっているから
ランチ以外は気合い入れて来るぐらいの勢いが必要かもしれない。
この日もちょっとしたディナーのつもりが度を超した。(^_^;A
まぁ頼み過ぎた自分に非があるのだけどね、普通に頼めば良いだけのこと。
でも、この店内の雰囲気にのせられると意外にお酒もすすんでしまう。

ここに来ると必ず頼むものがある。
Corona Extra、日本名、コロナビールと言われるもの。
今では言わずと知れたメキシコの銘柄ビールである。

これが日本の一般的な酒屋で売り出した当初、
私はむさぼる様に買い漁って飲んでいた。
口当たり、味わいとも正直大した事のないビール。
ただ、あっさりしている点では飲み易さはあったが、
これだけでは不味い方に分がある。
当時、何故この程度のビールにそんなにハマったのか?

まず、これを話すのにビールの特徴を話すべきか・・・

ビールが何故透明でない容器(瓶)に入っているか知っているだろうか?
通常、黒や焦げ茶、紺色や赤茶といった濃色の瓶で売られているビール達。
これ実は、太陽の直射日光を避けるために施された太陽光避けの対処方なのである。

では何故太陽光からビールを守るのか?
これは透明瓶のコロナビールを素で飲んでみれば分る話。
実はある独特の匂いがすることに気がつくはず。

注目すべきはココだ!
(なんだか「もやしもん」の教授、樹慶蔵(イツキケイゾウ)風になってきたな)

飲むと鼻から抜ける何かきな臭いというか、
ビールらしからぬ匂いが鼻に掛かるものがある。
これがいわゆる"太陽臭"と言われるものだ。
この匂いを嫌う人は多く、これを打開する為にあるものが投入された。

そう、ライムである。
コロナと言えばライム!

8分の1程度に櫛形切りしたライムを壜の中に押し込み、
風味を付けて飲む方法。
今では一般化しているが、一時、飲み終わったビール瓶からライムが抜けず
リサイクル不可になった事が問題になったこともある。
『ライムがなければコローナを飲むな』
こんなフレーズが世界を駆け巡ったこともある。

ビールにライムを混ぜる行為。
不思議な事に日本のビールには絶対合わない。
不味くて飲めない。
なぜコロナなら良いのか?

それはコロナビールの「太陽臭」に秘密がある。
このきな臭い独特な乾いたような匂いが、
ライムの爽やかな香りと絶妙にマッチする事を当時の誰かが発見し広まった。
そう感じるからこそ世の中から多大なる支持を受けている。
私も一時、この独特の鼻に抜ける感じにハマった。

当時、酒屋で買っても1本600円前後のコロナビールを
棚にあるだけ買いまくって飲みあさっていた。

そして、当然、飽きた。

時が変わって現在、また普通に飲める様になった。
メキシコ人があえてこの太陽臭を取り込み、味としてしまうあたり
アミーゴ達のこだわりを感じる。




<当時のコメント>

お疲れ様でした
Milkさん、ココを見つけてあなたに 出会えた事、嬉しく思っています。
いっぱい愚痴や暗い話を懲りずに聞いていただき、ありがとうございました。
Milkさんにとっても大変な2012年でしたね。
大変な思いをして、夢を叶えたMilkさんは一言で済ませられないけどすごい!!です。
2013年、お互いもっともっと元気印でHAPPYでいられますように。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えくださいね。
このビール、一度も飲んだ事がありません。
ホントだ!瓶が透明。 機会があれば飲んでみたーーい!
忘年会は朝日を見るまでだったのかな?
chocolat* 2012年 12月 30日 (日)


Re: お疲れ様でした
chocolat*さん、こんばんは。
chocolat*さんが私を見つけてくれた事は 私にとってきっと運命だったのでしょう。
心からそう思います。
ブログの付き合いとは不思議なものですよね
目に止まって自分に合いそうな予感から付き合いが始まる。
しかし、そう思って2、3回コメントを交えると その人の人間性が垣間見えてきます。
そこから永く付き合う人もいれば、 自分とは違う!と感じる人もいて、
そう言う人とは それっきりだったりします。
それがリンクを貼った人であったとしてもです。
小休止して付き合い再開もありましょうが、
私と言う人間を知って疲れ果て立ち去る人もいます。
それはそれでいいのです。
きっと私も彼らの土俵では同じ対応しか取れていないのかもしれません。
その気はありませんが、知らずに邪険な扱いになっていたかもしれません。
私の場合、私の方から何回かコメントをして 返って来ないとか、
あきらかにリコメに 気持ちが感じられない人にはコチラからバイバイします。
と言ってもその方のブログに行かないだけです。
たぶん、この辺って、皆同じだと思うんです。
多かれ少なかれ皆同じ悩みがあると思うのです。
だって人間ですもの、全ての人類に同じ愛はかけられませんから
chocolat*さん、私とchocolat*さんはそう考えると
お互いを理解出来ていると感じます。
私がホルモンの量が足りなくおかしくなった時期も
chocolat*さんは優しく見守ってくれた。
大概の人は嫌がって、逃げて行きます。
そんな哀れな私を常にサルベージしてくれたchocolat*さん。
私はそんなchocolat*さんを誇りに思います。
今までありがとう。
これからも永いお付き合いの程を
milk 2012年 12月 31日 (月)









スポンサーサイト
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。