Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画鑑賞(GID)

Tags: MilkEspresso  

Comment (0)  

ロバート・イーズ (GIDドキュメンタリー映画)

保管No.396:2013年 1月 11日 (金)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


ロバート・イーズ (GIDドキュメンタリー映画)


Southern_Comfort.jpg


性同一性障害をテーマとしたドキュメンタリー映画。
女性から男性へとトランスセクシャルしたロバートと言う男の物語。
英語名、Southern Comfort 同じ酒が売っているがこれとは関係無いだろう。
以下、ネタバレ注意。

見終わって感じた事、心の中で鉛の様に重たい物を感じる映画。
アメリカ南部におけるGIDの実態を見た時、
とても言いようの無い拭いきれない壁の様な物を感じた。

アメリカ南部に住むロバート・イーズ氏、
女性として生を受け、成長の過程で自身が男性だと気づかされる。

一度結婚を経て、子供も設けている。
お腹の中で生命の息吹を感じつつも自身の生き方と葛藤をする。
子供は未だにローバートを母と慕う。
子供にしてみれば当然の事、ロバートは静かに受け入れる。

FTM(♀to♂)として、この展開は珍しいと言えるかは謎だが、
封鎖的なアメリカ南部の風習を考えれば、このての展開は、
考えられなくもな い話とも言える。

そんな親子のやりとりを見ているともどかしくも、
一生懸命さが伝わって来る。
姿形は違えど残る物は記憶の断片にある大切な想い出であり
消せる事の出来ない家族愛なのだ。

だが彼にはもう1つ重要な事があった。

彼はガンに侵されていた。

それは皮肉にも彼が唯一残してしまった女性の部分、
卵巣のガンだった。

普通なら子宮を摘出すれば助かる命であるが、何と彼の住むアメリカ南部では
それが出来ないでいた。
そう偏見や風土的な問題であり、宗教観の理とも言えよう。
彼が住むアメリカ南部の病院では何処行っても手術は『NO』。
受け付けてくれるところはなかった。
医者は、ロバートがトランスセクシャルと知るや掌を裏返し嫌煙したと言う。

これがアメリカの現実、民主国家であるアメリカにも隠された一面はある。

FTMとして切実な問題、乳房切除手術。
アメリカ南部でも手術は可能であるがその内容は目を覆うものがある。
正直、日本人の感覚ならありえないこと。
そんないい加減と知っていたら日本人なら絶対受けないとも思うが、
なぜその土地に拘るのだろう?

拘る理由が分らない。

簡単に過去は捨てられないが、
ここまでされるのならそんな土地の過去など捨てても良いと考えるのはごく自然とも思える。
しかし、彼ら(ロバートと仲間達)はその土地から出ようとしない。
そこまでする意味があるのだろうか?

土地との調和を計る一方で矛盾も多く感じられた。
その地に拘る。
たぶん、それこそがこの映画の本質とも思える。

トランスジェンダーの彼女、ローラとの日々は彼に取って夢の生活である。
彼ロバートの唯一の桃源郷であったろう。
彼女との愛の語らいは、正直オノロケ過ぎる程愛に満ちている。

彼女の前では彼ロバートはナイトであり、彼の前ではローラは唯一の姫君である。

正直、化粧を落としたローラは女性と言うよりおっさんにしか見えない。
これは私自身にも言えることだが、骨格で悩むMTF(♂to♀)誰しもそんなもんだ。
そんな彼女をロバートは心底愛している。
それもとびっきりキューとな女性として見てくれている。

私は心から羨ましいと思った。
こんなにも女として愛してもらえるなんてローラは何て幸せ者なんだろうと
ロバートの男気がとっても熱いと感じた。

彼は日に日に衰えて行く1年もの間、彼を追い続けたカメラは
春から夏、そして秋に変わり冬に入った頃には終焉を迎えた。

ロバートとローラが最後に抱き合ったショットがとても印象的だ。

見終わった時、とても言いようの無い重たいものを感じたが、
反面ローラの愛に見守られ看取られたことは最高とも思えた。

ロバートは幸せ者だ。
そう言ってあげたくなる映画・・・ロバート・イーズ。








スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。