Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: MilkEspresso  

Comment (4)  

サイゼリヤ1号店は哀愁の酒場

保管No.399:2013年 1月 14日 (月)
Category:Milk Espresso is Caffè Macchiato ♡


サイゼリヤ1号店は哀愁の酒場


IMG_2625.jpg
(当時も今の様な看板だったか・・・?何となく違う気がする)

昔々と言えるぐらい遠い昔、この店に出入りしていた記憶がある。
ツレとのデートがほとんどだったかな・・・。
1階の狭い出入り口から上に階段を上るとそこは薄暗い店内が広がる。
とても狭いのが印象的なカウンターバーつきの洒落た店内。
今の明るい店内とファミレス風のサイゼリヤな感じは一切無い。

そんな1号店、疾うの昔に閉店している。

当時はきちんと素材から調理していた。
カウンター越しに覗く厨房の風景はとても狭いが正にイタリアン。

出される料理はどれも絶品な旨さ。
最高の出来に舌鼓を打つ。

ピザは、生地に素材を乗せてから作るスタンダートなもので
今の様なほとんどが"チン"レベルのものとは比べ物にならないぐらい美味しかった。

狭い店内だったが、料理も含め当時はお洒落な店と思っていた。
薄暗いアンティーク風の店内は、正にワインを飲み交わす哀愁の酒場である。


IMG_2616.jpg
(写真に写り込んでしまったな・・・まっいっか)

ここ本八幡店とお隣の市川店があった当初は
サイゼリヤは最高のイタリアンレストランだった。

では今はどうなのだろう・・・。
これについては詳しく言う必要は無いだろう。
中学、高校生の味方で主婦と友達。
ランチなら任せろ的な何処の都市にでもあるファミレス。
それが今のサイゼリヤである。

ここの経営方針が良い悪いは別にして、
調理物は、昔と見かけは変わらないが、味が違う気がする。
レシピは同じでも手が加わる内容の違いだけでも味は変化するものだ。
味の好み、人気有る無し拘らず、私も今のサイゼリヤは利用している。

だが、私は昔を知っている。
言っちゃ悪いが、言わせてもらおう。

昔の方が美味かった・・・。

何だってそうなのかもしれないが、確証は上記理由からだ。
私の中で今のサイゼリヤは既に日本のファーストフード的な位置付けでしかない。
多分、経営者側の経営理念もそう大して変わらないだろう。
それに利用価値がある、客足が遠のかない以上、昔に戻る事等皆無だ。

ここは想い出の場所、ここを通ると昔を思い出す。
美味しいイタリア料理を食べさせてくれた粋なレストランがあった場所を。





<当時のコメント>

そうだったんだー。
うちの町にもサイゼリア、ありました。
そう、とうの昔に閉店してしまいました。
Milkさんがおっしゃるファミレス風なサイゼリアでした。
一号店がそんなイイ感じのお店だったら、そんなお店が良かったな。
ココスとかより、メニューが好きなものが多かったので
サイゼリアは私の好きなお店だったんだけど、
Milkさん思い出の一号店の話を聞いたら、
そんなお店がわが町にもあって
欲しかったな。
いや、いや、そんなお店だったからこそ、一号店で留まるべきだったのかも。
哀愁漂う酒場でとびっきりのイタリアン、イイねー。
ロバート・イーズのドキュメンタリー映画、気になりました。
その最後の瞬間を愛する人と一緒にいられるなんて、
最後の最後に一番しあわせを感じたのかも。
chocolat* 2013年 1月 14日 (月)


Re: そうだったんだー。
そう、どこの街にもありますねサイゼリヤは、
こんばんは、chocolat*さん。
当初何店舗か初期の店舗がいくつかあったらしいのですが、
ひょっとしたらchocolat*さんのところはそんな初期の店舗だったのかもしれませんね
よくは分りませんが、昔ながらの経営スタイルだったのかもしれませんね
だとしたら残念ですね~
昔は良かったは年寄りの口癖ですが、 今の方が良いにこしたことはありませんね
これからは他店と同じでは立ち行き不可能。
昔ながらの地道なスタイルも街を選定し取り入れて行くべきと思います。
同じスタイルが軒を並べる昨今、
ちょっと前は虚位的存在はサイゼリヤだったに違いありません。
でも今はサイゼリヤが追われる側。
結局、最後には美味しい物が残るのは世の常。
経営転換に差し掛かるべきかと考えますね
ロバートイーズはドキュメンタリーなだけに真実みたっぷりです。
何処にでもある家庭の一風景。
でもそれがたまらなくいいです。
milk 2013年 1月 14日 (月)


No title
うちの街にもサイゼリアありますね。
まさにファミレスですね。
1号店が、そんな本格的なお店だったとは全く知りませんでした。
一度だけ入った事がありますが、 こちらのサイゼリアって、
冷凍食品丸だしでしたよ。
しかも注文してから、テーブルに運ばれるまでの時間が長くて
言うまでも無くそれっきり行ってません^^;
こちらでは学生にも人気なし?
のような気がします・・・。
飲食業だけでなく事業拡大や利益に走ると、
面白みのないものになってしまうようですね。
milkさんにとっては1号店は、若かりし日の素敵な思い出が詰まった場所なんですね。
素敵な思い出 が台無しにならないお店であり続けてほしいもんですね。
SORA 2013年 1月 14日 (月)


Re: No title
あら、それは難儀な店舗に入られたのですね
通常、サイゼリヤの食材は"えっ!"と驚く程早く上がります。
どう考えても調理する前から出来上がっていたろ!
そんな感じの仕上がり。
待たせないのがモットウなのに、何故?
よほど運が悪かったのですね、それは残念でした。
でも、やはり何処の街にもあるものなんですね~
都内、均衡はだらけですね 同じ駅前に南口と北口に1店舗づつなんて当たり前の風景。
正直レパートリーがなくてウンザリもしますが、 忙しい時には重宝もします。
基本、待たせませんから カロリー計算もし易いのでサラダものばかり頼んでますよ
忙しいサラリーマンの味方ですね
だから否定はしつつも きっちり利用もしています。
そこに旨い不味いはありません。
それがここの経営方法。
でも、サイゼリヤもそろそろ プレミアム店舗を出す時期かとも思います。
そのぐらいの役得がないと 1号店を知るものには満足出来ません。 (≧∇≦)
milk 2013年 1月 14日 (月)


サイゼリア
サイゼリアの草分けが市川にあったのですか。
何年ごろでしょう。
多分、私がそのあたりを離れてからだとは思いますが。
思い出したのは、千葉街道沿いに「セブンイレブン」の草分けがあったことです。
友人に聞いたら今はないようですが。
「人形のたえみ(わかりますか?)」のちょっと市川寄りのT字路の所でした。
「7→11」という営業時間は衝撃でしたよ。
「人形のたえみ」のすぐ近くに銭湯があり、そこに通っていました。
遠い昔の物語です。
英さん。 2013年 1月 16日 (水)


Re: サイゼリア
セブンイレブンの草分けの話は全然知りませんでした。
と言うか、人形のたえみ始めて知りました。 (^_^;A
凄いですね~市川って街は・・・。
あのセブンの原点がここにあったって全然知らなかった。
市川発祥の話でもう1つあるのです。
それは、ウィンドサーフィンの発祥が、この市川の江戸川らしいです。
ツレが自慢げに言っておりました。
あの江戸川で当時は風に乗っていたんですね~
今は危なくて出来ませんよねきっと。
milk 2013年 1月 16日 (水)









 


スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色  ジャンル : 写真

Comments

1980~1985市川に住んでました
この頃、市川のサイゼリヤによく行ってました。ワインのキャンティの空き瓶がディスプレイされてて大人の雰囲気のあるお店でした。懐かしい…。あっという間の30数年。近くにかぎの花っておいしい居酒屋さんもありました。
Re: 1980~1985市川に住んでました
はじめまして、てるんるんさん。

随分と以前に書いた記事からのコメント。
ありがとうございます。

私自身とても懐かしく、改めた気持ちで見させていただきました。
タイミングが良く、先日、知り合いとその場所に立ち寄ったばかりです。
なんと奇遇な事か。

てるんるんさんが経験され、体感された事、私も良く分かります。
まさにそんな雰囲気でしたよね
とても懐かしい思い出です。
懐かし
昭和52年から平成2年まで市川広小路に住んでいました。てるんるんさんが言っているのは、市川駅北口にあったお店かなあ。駅東側にあった2階の小さなお店が一号店?昔のミラノ風ドリアは美味しかった。周りまでミートの部分があって。20代の頃の話。
Re: 懐かし
ポニーさん

返事が遅くなってすいません。
古い記事にコメントを付けていただき感謝です。

ポニーさんも当時のこの辺界隈をご存知だったのですね
あの頃はある意味純粋さがあちらこちらにありましたね
今は儲け主義に走ってしまい、気がつけば老舗すら少なくなっている。
無くしたくはないものですね
純粋な味。
そこには懐かしさがありますもの。






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。