Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: Caffèmocha  

Comment (4)  

雲に何を想像する?

IMG_0299.jpg

秋定番の雲が観れる季節
特に鱗系の雲はキャンバスの上に描かれたアンリ・マティスの絵を想像させる

幼き頃、父は白い紙を私の目の前に差し出しこう言い放つ
「ここに好きな絵を描いてごらん」と
私は鳥の絵を描いてみた
そして父は次にこう言った
「この鳥に繋げて何でも良いから違う何かを描いてみな」と
私は鳥のはねの先から虫の足を想像し、昆虫を描いてみせる
父は「他に繋がる絵は無いかな?」
私は鳥の頭の端を使い違うモチーフを想像する
そしていつしか白い紙は鉛筆の線画に覆われるのだ

そんな他愛も無い遊びを父とした記憶が蘇る

ちーっとも似てはいないが、父はこの遊びを
アンリ・マティス絵だと言う

あの頃、何がアンリ・マティスなのか分からなかった。
でも、今なら分かる気がする

父との記憶の中で大切な想い出の1つだ

私の絵の原点はここから始まったんだろうなーとしみじみ思う

この雲の中にどんな生き物や植物がいるのだろう
私はこう言う雲を観ると今も父の遊びとアンリ・マティスを思い出す



 
スポンサーサイト
テーマ : 人生を豊かに生きる  ジャンル : 心と身体

Comments


うろこ雲がすてきだー!

これまた、お父さま、とってもイイ感じ。
こんな紳士的で先見の眼を持ってる父ならば
私もちょっとは違うものになってたかな?

お父さまが開けて下さった扉にドドーーっと
飛び込んで頑張ってるmilkさんもイイなー。
Re: タイトルなし
chocolat* さん、こんばんは。

やはり秋の醍醐味は鱗です。
でも、これはあまり良い絵ではないですね
もっと綺麗に撮りたかった。

お肌を気にして炎天下の中、カメラを身構えられなくなってきました。
歳って嫌ですね〜^^;

父はそう言った遊びを良く提案していましたね
そう言う場面の父はほんと最高でした。

まぁ今は昔
もう受け継がれる事は無いのだけど
私の想い出として墓まで持って行きますよん
これもまた、最後の土産ですね (≧∇≦)

素敵なお父様との思い出ですね。

私は、父との素敵な思い出が何ひとつ無いのでmilkさんが凄く羨ましいなぁ。
お父さんと一緒に楽しく何かをした・・・そんな思い出があれば・・・なんてよく考えます。友達が「お父さんが大好き」だと言ってるのを聞いて羨ましいなぁといつも思っていました。何か寂しい人みたやね私(笑)

milkさんの絵心は、こんな素敵な思い出が原点なんですね。
Re: タイトルなし
SORAさん、こんばんは。

まぁウチの親は両極過ぎるのが難点でしたから
凄く良いものと凄く悪いものを持っていた人でしたね
必ずしも毎日が素敵な時間な訳ではないですから
嫌な時間の方が大半でしたよ 笑)

子供ってどんなに親が悪党でも
良い側面を大事に保管しているものなんですって。
ちなみに父は悪党ではないですよ
ただの酒乱でした。 笑)

SORAさんのお父さんもSORAさんが知らないだけで
見えないところでSORAさんに愛情を掛けていたのかもしれません。
成熟するまで五体満足に育ったのも親のおかげですし。

親の影響は自分の知らない所で発揮されているもの
SORAさんのセンスの良さも
きっとお父さんの見えない力が働いているかもしれません。
親であるSORAさんが一番良く知っている項目。
私が出しゃばる話でもなかったですね (*´∇`*)






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。