Caffè mocha おかわり3杯目

年相応な女性として普通に生きています。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Logbook(日記)

Tags: Crossover  

Comment (0)  

赤という色

保管No.54:2011年 8月 24日 (水)
Category:Crossoverな日々(GIDでMtFな日記)


赤という色

Red-rose.jpg

昔から赤系が好きだった。
その色に性別は関係無いはずなのに...

特撮のヒーロー戦隊で赤がリーダーだったり
歌舞伎で赤のくまどりは正義を意味したりと
赤は男社会でも重要なポジションになっています。
だから好きなのかって?
いえ、それはありません。

それは赤→"系"←が好きだから
好きなのは赤だけでは無いということです。

ほのかな淡い桃色や
目に痛々しいショッキングピンク
しずるを感じるサーモンピンクなど
私はとにかく赤"系"が好きなのです。

いつから好きになったのか?
気がついたら既に好きだった。
ただそれだけ
これ思うに"らしさ"とは無縁ですよね
んーここでは取りあえず難しい話は止めておきましょう。

過去に購入したバイクも
SRX400、バンデット、XL、RZだけは塗装赤だったけど
皆ボディーは真っ赤か又はワインレッド。

そう言えば大昔、あるアパレル系の会社でデザイナーをやっていた時
あるジーンズメーカー、クライアントのお誘いで社販があり
そこに行ったときの事、男物の無骨なジーンズが嫌で
クライアントに直接、女物の真っ赤なジーンズを
おねだりしたことがあったんです。

まぁその当時会社でもパンクぽい恰好してたので
不思議がられることはなかったですが、
笑いながら体よく断られました。
クライアントの見立てでサイズというより
体格でNOと言っていました。

本当はねその体格だから履きたいと言いたかったけど
言えませんでしたね 笑)

時代は今に移り、現在。
色のこだわりは前にもまして増す事になります。

これパートナーにとってはたまったものではありません。
家の中では色で差別化したいパートナー。
当然です。
そうした方が何かと区別しやすいですからね
当時は、赤系はパートナーで青系は私でした。

今はもうただの『だだっ子』の私 笑)
嫌だ嫌だの一点張り!
箸も赤やピンクにしてもらい
布団カバーも注文付けました。
その他、ありとあらゆる区別化グッズが様変わりします。
全てが女物に変わっていきます。

パートナーには申し訳ないのだけども
今はこんな程度しか主張出来ないでいるので許してください。

そう言えば今度、東京ディズニーシーに行った際に
名物のディズニーペア クマのぬいぐるみダッフィーを購入する予定です。
パートナーのシェリーメイが我が家にいるのですが、
ダッフィーも購入しようということになっています。
パートナーはこの子達を夫婦にしようと画策しています。

私はそこで主張しました。
ダッフィーを女の子にしないならいらない!と

なんという大胆不敵な発言をするのでしょう。
なんという我がままっぷり。
ダッフィーの意思に関係なく彼は彼女にされる計画にあるようだ。

性同一性障害を発祥したダッフィーをミッキーは...
といった話が出来上がるのに時間はそう掛からないはず
まぁ何はともあれ彼の頭に可愛いリボンがきっと乗るに違いありません。

楽しみですね
色はそうだな~赤にでもしますかね
スポンサーサイト
テーマ : GID-性同一性障害  ジャンル : 心と身体

Comments






プロフィール

milk

Author:milk
私はいろんな混ぜ物で造られた飲み物です。パーツはいたって単純、加えるだけではなく減らしたりして今の造形になりました。美味いか不味いかは人それぞれ、まずは一口味わってみてください。
Coffee called MtF

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。